なぜ日本の「ハゲ率」がアジアトップなのか

ある調査によるとアジアで日本人が最もハゲ率が高いというデータが得られています。国民としてはげになりやすい日本、それにはどのような原因があるのでしょうか。

日本のハゲ率がアジアトップの理由

さまざまな理由を考えることができるのですが、一番はやはりストレスでしょう。日本はストレス社会といわれることが多いです。社会のルールを守ることを過剰に意識している方が多く、余裕のない生活をしている方がたくさんいます。嫌な仕事をさせられそうになっても、それを断ることができないというタイプの方が多いのです。そのため自殺者も多く、ストレスをどんどん溜め込んでいて、それが髪の毛にも悪い影響を与えています。

また、食の欧米化の問題もあります。日本人の食事の内容はかつてと比べると様変わりしました。もう伝統的な日本食を日常的に食べているという方はほとんどいないでしょう。たとえば豚肉や牛肉の摂取量はこの50年間で9倍にもなっているのです。体内脂肪はかつての2倍に増えています。果物や野菜については欧米よりも摂取量が少なくなっています。そのため、髪の毛のための栄養が不足しているのです。また、運動不足な方が多いのも悪い影響を与えています。これらの原因によって、薄毛だけではなくて、さまざまな病気の原因となっています。食の欧米化は深刻な問題となっています。日本人にとっては日本食が一番良いものであり、食の欧米化はデメリットばかりです。

髪の毛の酷使が原因

他の原因としては、髪の毛の酷使が考えられます。日本人は髪の毛の酷使をしている人が増えています。高校生の頃から髪を染めるような人がいたり、パーマをかける人もいます。若い頃からそのような行為をしてるとどんどん髪の毛は傷んでいき、やがては薄毛や抜け毛になってしまうのです。アジアの中でも特に日本人の中には髪の毛を染める方が多いとされています。頻繁に染めることによって、どんどん毛髪量が減少してしまうという結果となるのです。

あるいは普段使っているシャンプーに問題のあるケースもあるでしょう。髪の毛や頭皮に悪いシャンプーを使い、しかも洗い方も正しくないためにどんどん頭皮の環境を悪くしてしまうのです。あまり頭皮を刺激することがなくて、髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを使うべきでしょう。また、洗う際にもゴシゴシと洗うのではなくて、できるだけ優しく洗うことを心がけるべきです。そうすることによって、頭皮を良好な環境に保つことができるようになります。

育毛剤を使う

このように日本はハゲ率の高い国のため、その問題を解決するために苦労している方は多いでしょう。髪の毛を元気にするために有効な方法として育毛剤があります。育毛剤を使うことによって、髪の毛の問題を解決できるでしょう。

育毛剤にもいろいろあるのですが、費用にこだわっているならばジェネリックをおすすめします。たとえばジェネリックの育毛剤があります。すでに販売されている医薬品の特許が切れたために登場したものがジェネリックです。ジェネリックならば開発費が発生しないために安い価格で販売されているのです。ジェネリックの育毛剤はたくさんあるため調べてみましょう。

輸入医薬品を利用するというケースもあります。海外から輸入した医薬品のことであり、海外の育毛剤を使うことができるのです。その中にはジェネリックのものもあります。輸入医薬品は個人輸入して入手することが容易となっています。輸入医薬品を扱う通販サイトも存在しているためです。ただし、こちらを入手する際には信用できるサイトを利用しましょう。

育毛剤は毎日使い続けましょう。そうすることによって、より効果が出るようになるのです。育毛剤の力によって、元気のなくなった髪の毛を復活させることができるでしょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る