乾燥する冬に気になる頭皮のかゆみ、フケ事情

冬になると髪の毛のフケやかゆみが気になってしまう方は多いでしょう。どうしてこのような症状が出てしまうのでしょうか。

フケやかゆみはどうして生じるのか

まずフケというのは頭皮が乾燥してしまい、剥がれ落ちやすくなってしまった結果として実際にフケが生じてしまいます。このタイプのフケのことを乾性フケといいます。原因としては遺伝や体質が問題となることもあるのですが、生活習慣やストレス、洗髪方法などによっても生じることがあります。特に冬というのは空気が乾燥しやすいため、もともとフケが生じやすい方にとっては辛いシーズンとなります。

また、頭皮のかゆみが生じてしまうこともあるでしょう。これも乾燥が原因となっていることが多いです。頭皮というのは皮膚の一部です。乾燥肌でかゆみが生じるという方がいるように頭皮も乾燥すればかゆくなるのです。そのため、しっかりと保湿ケアをして角質層の水分を保持することが大切です。角質層の水分が失われてしまい、乾燥した結果としてかゆみが生じてしまうのです。角質層の水分というのは失われやすいのです。健康的な方ならば水分保持力を保つことができるのですが、いろいろな原因によってそれができなくなります。

冬季は寒いために血行不良となりやすいです。そのため、きちんと頭皮に栄養分が行き渡らないことが多いです。これによってフケやかゆみだけではなくて、抜け毛も起きやすいため注意しましょう。

アミノ酸系シャンプーを使う

フケやかゆみの問題を解決したいならば、普段使っているシャンプーをチェックしてください。洗浄力の強いシャンプーを使っていると必要な皮脂や水分まで落としてしまいます。それが乾燥を酷くしてしまう結果となるのです。洗浄力があまり強くないものとしてアミノ酸系シャンプーがあります。頭皮への刺激が弱いことで知られており、アミノ酸系シャンプーを使うことによって、必要な皮脂を維持することができるでしょう。

また、シャンプーは正しい使い方をしなければいけません。実際に頭皮を洗う際にはやさしい指使いを心がけましょう。力を入れて洗ってしまう方が多いのですがそれはNGです。ゴシゴシと洗ってしまうと角質層を傷つけてしまいます。それによって水分保持力が低下してしまい、頭皮のバリア機能もなくなってしまうのです。さらにかゆみや乾燥が酷くなるでしょう。指のはらを使って優しく丁寧に洗いましょう。また、シャワーの温度はぬるめにしておきましょう。

育毛剤を活用する

育毛剤というのは頭皮環境を整える効果があります。したがって、フケやかゆみなどの問題にも対処することができます。育毛剤の中でもジェネリックはおすすめです。特許が切れている薬の成分をそのまま用いて製造されているものであり、開発費がかからないために安く提供することができるのが特徴です。そんなジェネリックの育毛剤であれば効果と安全性について安心できるでしょう。

また、輸入医薬品を利用するという方法もあります。海外で売られているものを輸入して利用するという方法です。ジェネリックの中には輸入医薬品としてしか購入できないものもたくさんあります。日本で売られていない育毛剤も入手することができるのが輸入医薬品の特徴となっているのです。ネット上で扱っているサイトがたくさんあり、簡単に注文することができます。ただし、本当に信頼できるところから注文しましょう。

育毛剤を使うと血行が改善されるようになり、頭皮のトラブルを防ぐことができます。日常的に利用していれば、たとえ冬季になったとしても頭皮のトラブルが起きてしまうリスクを軽減させることができるでしょう。頭皮の環境をいつまでも良好に整えられるのです。”

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る