あなたはシャンプーをどれくらいしてますか?薄毛にまつわる話

薄毛が気になってきた方はどのくらいシャンプーをしているでしょうか。シャンプーをし過ぎてしまうと薄毛に良くないという話を聞いたことのある方は多いでしょう。

シャンプーの頻度と薄毛の関係

実はシャンプーというのは2~3日に1回が良いとされています。2~3日に1回の頻度のシャンプーであれば頭皮にとってちょうど良いのです。もしあなたが2~3日に1回以上している場合は薄毛を進行させている可能性が高いです。特に1日に2回もシャンプーをしている方は要注意です。

そもそもどうして薄毛になってしまうのでしょうか。これは男性ホルモンの活性化が原因となっています。男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンになることによります。髪の毛の根本を包んでいる毛包という部分があり、こちらでどんどんジヒドロテストステロンがつくられてしまうのです。これが毛包内で強く働いてしまい、それが脱毛を促してしまいます。男性ホルモンの活性化が原因によって毛包の部分が影響を受けてしまうのです。

薄毛を改善させるためには

男性ホルモンの活性化が原因によって薄毛になってしまったならば、治療法としては育毛剤を使うという方法が一般的です。これによって血流を改善させることができます。しっかりと髪の毛を生やすための影響が頭皮に行き渡るようになるため、髪の毛をどんどん生やすことができるようになります。個人差があるのですが、確かな効果を期待できる育毛剤があります。

育毛剤としてはジェネリック医薬品が安いです。ジェネリックは特許の切れてしまった薬のことであり、開発費用がかからないためジェネリックは安く買えるのです。成分が同じなため、もとの育毛剤と同等の効果を期待できます。輸入医薬品として個人輸入をして育毛剤を買うという方法もあります。輸入医薬品の方が育毛剤のバリエーションは豊富です。日本よりも安く買えるケースが多いです。輸入医薬品でもジェネリックでも、育毛剤は正しい使い方を守りましょう。そうすればきちんと効果を発揮してくれます。男性を悩ましている薄毛や抜け毛の問題を解決してくれるのです。

シャンプーにも注意する

薄毛を改善させるためにはシャンプーのし過ぎにも気をつけましょう。シャンプーというのは頭皮の脂を取り除く効果があります。これによって頭皮の環境を清潔にしようとしているのですが、頭皮には適度な脂が必要となります。そもそも脂というのは頭皮が乾燥するのを防ぐためにあるものです。適度な脂がないと頭皮が乾燥しやすくなってしまい、逆効果となってしまうでしょう。適度な脂を維持するためには、シャンプーの使用頻度を少なくすることが大切です。

日本人というのは清潔できれい好きな方が多いです。毎日シャワーを浴びてお風呂に入ることが当たり前だという国民性となっています。しかし、頭皮を健康な状態に維持するためには2~3日に1回程度のシャンプーで十分です。それ以上してしまうと頭皮の脂を取り過ぎてしまうでしょう。シャンプーを使わずにただお湯で髪を洗い流すだけでも汚れの大部分を落とすことができます。これだけでも清潔な状態に頭皮を保つことは可能です。シャンプーというのは使い方を誤ってしまうと逆に髪の毛や頭皮に悪影響を与えてしまうことになります。このことをきちんと覚えておきましょう。

シャンプーの頻度を少なくして、なおかつ育毛剤をはじめとした頭皮ケアの商品を利用しましょう。そうすることによって、頭皮の健康を守ることができます。その結果として、髪の毛が薄くなってしまった症状も徐々に改善されていくでしょう。シャンプーの頻度には気をつけてください。日本人に多い問題となっています。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る