秋冬=抜け毛の季節。その対策はいかに!?

秋や冬というのは抜け毛の季節とされています。この季節を上手く乗り切ることが薄毛を防ぐことになるでしょう。それではどのような対策ができるのか紹介しましょう。

どうして抜け毛が起きるのか

そもそもどうして抜け毛が起きてしまうのか気になる方は多いでしょう。髪の毛が抜けなければ薄毛になる心配はないのにと不満に思っている方がいるかもしれません。ペットを飼っている方はご存知のように毛はどんどん生え変わっています。これは人間の場合も同様なのです。特に秋というのは春と比較して3倍抜け毛が増えるとされています。これは冬に備えるために毛母細胞入れ替えが起きているのが原因です。毛母細胞入れ替えはあくまでも一時的なものです。そのため毛母細胞入れ替えが薄毛に直接むすびつくわけではないため安心しましょう。

しかし、秋にだけ起きるはずの抜け毛が冬になっても続いてしまうというケースがあります。こうなると危険な状態にあると考えた方が良いでしょう。このような状態になってしまうと、どんどん薄毛が進行してしまう可能性があるのです。

夏季の紫外線ダメージが抜け毛につながる

秋から冬にかけての抜け毛がとまらない原因として夏季の紫外線ダメージがあります。夏にはどんどん頭皮に紫外線が当たる状態が続いているため、それによってダメージが蓄積してしまいます。このダメージを放置してしまうと大変なことになります。これが長期的な抜け毛につながってしまうのです。

紫外線というのは毛母細胞を破壊してしまいます。これによって抜け毛が進行してしまうのです。夏季の紫外線ダメージによる影響が出てくるのは秋から冬にかけてです。そのため夏場に頭皮を紫外線で傷めてしまった方は注意しましょう。

たとえば夏場には強い日差しを避けるために帽子をかぶったり、日傘を使うと良いでしょう。きちんとした食生活を送って栄養をバランス良く摂取することは大切です。シャンプーは自分に合ったものを使いましょう。プールや海で遊んだならば、特に頭皮ケアに気をつけましょう。

頭皮の乾燥を防ぐ

夏だけではなくて秋にもしっかりとヘアケアをしましょう。特に頭皮の乾燥を防ぐことは大切です。乾燥してしまうとそれが薄毛の原因となることが多いのです。頭皮というのは皮脂があることによって湿度を保っています。適切な湿度を保つことで乾燥を防げるのです。シャンプーによって皮脂を落としすぎてしまうケースがあるのですが、それは湿度を保つことを妨げてしまうため注意しましょう。

頭皮のマッサージをすると皮脂汚れを落とすことができます。これが頭皮の環境を保つのに役立ちます。血流低下を防ぐことができるのです。血流低下によって栄養が行き渡らなくなると薄毛になってしまいます。トリートメントをして髪の毛にうるおいを与えることも大事でしょう。また、蒸しタオルを使うのもおすすめします。空気が乾燥してくる秋から冬にかけて、髪の毛を守るための役に立つでしょう。

また、育毛剤を使うこともおすすめします。育毛剤の中には頭皮にうるおいを与える成分が含まれているのです。これによって乾燥を防ぐことができるでしょう。血流低下の改善にも役立つのです。美容成分が豊富に含まれているため、その効果は大きいのです。輸入医薬品として育毛剤を購入することができます。輸入医薬品の中にはジェネリック医薬品も多数存在しています。ジェネリックならば安い費用で育毛剤を入手できるでしょう。育毛剤は長く使い続ける必要があります。そのため輸入医薬品としてジェネリックの育毛剤を使うことはおすすめなのです。

秋から冬にかけては薄毛がどんどん進行してしまう可能性があります。この季節に備えるためにしっかりとした準備をしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る