ストレスと頭皮の関係。

現代人でしたら多かれ少なかれ誰もがストレスを抱えております。ストレスは色々な病気を引き起こします。また、最近は特に薄毛に悩んでいる方が増えて来ているのですが、この薄毛にもストレスは影響を起こしております。そこでこちらのページでは、ストレスと薄毛の関係についての情報をご紹介します。

ストレスは頭皮を硬くします

頭皮はリラックスできている状態の場合には、かなり柔らかくなっているのですが、ストレスがたまるとカチカチに硬くなってしまいます。硬くなっているような状態の場合には、頭皮に血液や栄養は行きわたらない事が多く、抜け毛が多くなってしまい薄毛の原因になります。また、頭皮がストレスによって硬くなっている場合には、毛穴も当然硬くなっておりますので、余分な皮脂が詰まりやすい状況になっております。その為、頭皮から強い臭いが出てしまったり、毛根にダメージが蓄積されてしまい、抜け毛が増えてしまい薄毛になってしまいます。

ストレスと老化

人間は年を重ねるにつれて、髪の毛が細くなりハリやコシがばくなってしまいます。同じ本数の髪の毛であっても髪の毛の太さが細いと薄く見えるようになっております。このようになってしまった理由は頭皮の老化にあります。頭皮が老化してしまうと、皮脂の量が急激に少なくなってしまうため髪の毛がパサついたり、ツヤが無くなってしまうなど髪の毛に元気がなくなります。また、頭皮が老化してしまうと髪の色素細胞機能の働きが弱くなってしまいますので白髪が増えてしまいます。頭皮の老化は精神的なストレスなども強く影響しておりますので、注意が必要になります。

香りによるストレスケア

ストレスが溜まってしまうと免疫力が落ちてしまいますので、薄毛になりやすいだけでなく体調を崩しやすくなります。その為、なるべく早い段階でストレスケアが必要になってきます。多くの方がストレスケアに使っているのは香りです。香りは古来から人間を落ち着かせる効果がある上に、非常に手軽ですので取り入れやすいと言えます。ストレスケアにおすすめなのが鎮静作用のあるアロマオイルの香りです。ラベンダーの香りはさわやかなフローラル系の香りがしますのでリラックスには最適です。また、オレンジ・スイートやゼラニウム、イランイラン、カモミール・ローマン、白檀、ネロリ、ローズオットーなどのアロマオイルもストレスケアに最適だと言えます。

慢性的なストレスには要注意

慢性的にストレスを受けるような状態になると、常に血管が収縮されてしまいますので、血行不良に陥りやすくなります。血行不良が起こると必要な血液や栄養が身体のすみずみまで行きわたらなくなってしまいます。特に頭皮や髪の毛などには十分な栄養が行きわたらなくなりますので薄毛の症状が悪化してしまいます。また、ストレスに対処するために、人体では沢山のエネルギーや栄養素を消費することになります。栄養素やエネルギーは振り分ける優先順位があります。最も優先するのが生命維持に必要な脳や臓器です。これらを無くしてしまうと死んでしまいますので削るわけにはいきません。その為、髪の毛や頭皮などに送る栄養は最後に送られる事になります。その為、ストレスを溜めこむとすぐに薄毛になってしまうのです。

薄毛はストレスなどによって大きく進行してしまいます。最近では薄毛に効果のあるジェネリック輸入医薬品なども多く手に入るようになりました。昔よりンもジェネリック輸入医薬品の効果が強い物もありますが、原因がストレスですと、ジェネリック輸入医薬品を使っても効果が見られないケースがあります。しっかりと解決してからジェネリック輸入医薬品を使用するのがおすすめです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る