イライラ、ムカムカしている方必見!

仕事が忙しくなってくるとイライラしてしまいストレスが溜まっている方も多いと思います。忙しくて食事がおざなりになってしまって、コンビニ弁当やカップラーメン、スナック菓子など偏った食生活になってしまったり、睡眠時間が足りていないような状況になっていたりすると思いますが、実はこれらの状況全てが薄毛になってしまう可能性があるのをご存知でしょうか。こちらのページでは、自律神経の乱れなどを中心に薄毛の原因や対処法についての情報をご紹介します。

自律神経が乱れると薄毛に

仕事のストレスだけでなく、奥さんや彼女、友達などとの心の摩擦によってストレスがたまってしまったり、睡眠時間をしっかりと確保できないような場合には、自律神経が乱れる事に繋がります。実は女性の方の大半が、この自律神経が乱れる事によって薄毛になってしまっています。なぜ自律神経が乱れると薄毛になるのかというと、交感神経と副交感神経が上手に切り替えられなくなってしまっている状態が自律神経が乱れるという事なのですが、主に交感神経ばかりが活発に活動します。交感神経ばかりが活発になっている状態は、常に緊張している状態となっており、疲労回復できなかったり、栄養が上手に消化できない状態になってしまいます。栄養が足りない状態になってしまうと、人間の身体の中では、とにかく生命を維持するために必要な事に栄養を使って行き、髪の毛などの生命を維持する際には重要度の低い部分には栄養が来なくなってしまいます。加えて交感神経が活発な時には血管が収縮しておりますので、血液の循環が悪くなります。毛根に栄養が行き渡らない状況が徐々に酷くなっていきますので、早々に対処しないと薄毛になってしまうのです。

頭皮に栄養補給

頭皮に栄養補給させるためには、交感神経の緊張をおさえて、副交感神経を優位に働かせる事が重要になります。副交感神経を優位に働かせるためにはとにかくリラックスできる環境を整える事が重要になります。ぬるま湯にゆったりと使ったり、室内を少し暗く温かみのある電気にしてみたり、アロマオイルを使ってみたりと、とにかくリラックスする事ができる環境を整えておく事が重要になります。また、眠る前にスマートフォンやパソコンの画面を見てしまうと交換神経が緊張してしまいますので、なるべく見ないようにするなどの対処も必要になります。

育毛に必要な栄養素

薄毛対策には育毛に必要な栄養素を積極的に摂取するのも重要になります。例えば髪の毛の材料になるたんぱく質や、足りなくなると抜け毛が急増してしまう亜鉛や銅、パントテン酸も必要になりますし、頭皮の血行を良くする効果のあるビタミンEや、抜け毛を予防する効果が期待できる大豆イソフラボンなどもあります。また、食事だけでなく頭皮に直接栄養を与えるような方法もあります。女性の方には馴染みが薄いかも知れませんが、育毛剤を使用する事によって、頭皮の状況を正常に戻す事ができますので、積極的に育毛剤にチャレンジするのもおすすめです。育毛剤はヘアサイクルを整える効果が期待できるのですが、少なくとも半年以上は使い続ける事によって効果を発揮しますので、即効性は期待できません。

自律神経の乱れによって頭皮の栄養補給が必要になった場合には、体内環境を整えることが重要です。かりに効果のあるジェネリック輸入医薬品を使用していたとしても、体内環境が悪いままでしたら、ジェネリック輸入医薬品の栄養素の大半は頭皮に辿り着く事ができません。ジェネリック輸入医薬品を使用するような場合には、必ず自律神経の乱れを直す事を重要視しつつ、併用してジェネリック輸入医薬品を使うようにする事がとても重要になります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る