日々コツコツと!!毎日行う洗髪法について。

薄毛対策には、ジェネリック輸入医薬品を選定したり、食生活の改善、睡眠時間をしっかりと確保するなどの方法がありますが、最初にしっかりと確認しておかなければいけないのが、シャンプーの仕方です。このシャンプーの仕方が間違っていると、評判の良いジェネリック輸入医薬品を使っていても薄毛は治らない所か悪化してしまう可能性が高くなってしまいます。

シャンプーのし過ぎには要注意

日本人は世界中を見渡してもとにかく綺麗好きな民族です。日本以外のほとんどの方が、毎日シャンプーをすることなく二日に一回程度しかシャンプーをしていません。もちろん、どちらが衛生的なのかは一目瞭然ですが、薄毛の方にしてみると悪影響の可能性があります。シャンプーをし過ぎてしまうと皮脂洗いすぎの状況になってしまいます。皮脂洗いすぎの状況なら皮脂が残っているよりは良いだろうと思っている方もいるとは思いますが、皮脂洗いすぎの状況は頭皮や髪に対してそれほど嬉しい状況ではありません。シャンプーをし過ぎると頭皮バランスが崩れてしまい、頭皮の状況が悪化してしまいます。皮脂は過剰な分は悪影響を与えてしまいますが、必要最低限の皮脂がないと、頭皮がダメージを受けやすくなってしまいます。また、皮脂が足りなくなってしまうと頭皮は足りなくなった皮脂を補おうと皮脂を過剰に分泌します。それによって、更に頭皮バランスが崩れてしまい、薄毛を悪化させてしまう事になります。シャンプーのし過ぎは頭皮バランスを崩す事に繋がるのです。

シャンプーのし過ぎは頭皮の栄養不足になりやすい

シャンプーをし過ぎると必要な栄養も洗い流してしまいます。皮脂が不足すると皮脂を補おうと皮脂腺が発達し、大量の皮脂が出るようになります。この皮脂腺の発達には栄養が使われますので、本来なら髪の毛に行くはずの栄養が皮脂腺に奪われている格好になりますので、薄毛を悪化させるのに繋がります。

正しいシャンプーの水温は37~39度

シャンプーをする場合には、しっかりとシャンプーの水温は37~39度に設定してください。何故水温は37~39度にするのかというと、あまり高い温度だと皮脂を必要以上に洗い流してしまいますし、頭皮にもダメージを与えてしまうからです。かといってあまりにぬるいと皮脂がしっかりとおとせませんので水温は37~39度がおすすめになります。水温は37~39度に設定していれば、頭皮にダメージを与えずにしっかりと余分な汚れや皮脂を洗い流す事ができます。

薄毛予防に脱塩素シャワー

一般的な水道水には塩素が多く含まれております。この塩素まみれの水でシャンプーをしてしまうと肌や髪の毛のたんぱく質を酸化させてしまいます。これにより髪の毛や頭皮にダメージが溜まってしまいますので、薄毛予防に脱塩素シャワーヘッドを使うのがおすすめです。敏感肌の方は微量の塩素でもかゆくなってしまう事もあります。塩素の量は住んでいる地域によって異なりますのであまりに塩素が強いような場合には、薄毛予防に脱塩素シャワーヘッドを利用してください。

薄毛用のジェネリック輸入医薬品も簡単に手に入るようになってきており、薄毛の症状を改善する事ができるようになってきております。しかし、ジェネリック輸入医薬品だけではどうしても補いきれない部分があります。その為、日常生活において頭皮のダメージをなるべく軽減するような努力をする事はとても重要になります。シャンプーはもちろん、ドライヤーも頭皮にとっては大きなダメージになります。その為タオルドライをしっかりとし、髪の毛の水分をある程度落としてからドライヤーをすればより頭皮へのダメージを軽減する事ができます。タオルドライをする時には指を立てて行うと髪の毛にダメージを与えないで済みます。また、タオルドライ用の吸水性のよいタオルを使用するなど頭皮へのダメージを軽減する方法は沢山あります。ジェネリック輸入医薬品と合わせて行う事で、より効果を上げる事ができます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る