頭皮クサッ! と思われないために。。

しっかりとシャンプーをしているのに頭皮から嫌な臭いがしてしまう。夜も朝もシャンプーをしているのに臭いは少なくなる所か強くなってしまうといった悩みを抱えている方は沢山います。また、頭皮の臭いが強い方は薄毛の悩みを抱えている方も多くなっております。そこでこちらのページでは、頭皮の臭いも原因や薄毛の原因についての情報をご紹介していきます。

頭皮の臭いの原因

頭皮には、かなりの量の皮脂腺が存在します。頭皮の皮脂腺の量は、皮脂分泌の盛んなTゾーンの約2倍にあたる量が頭皮には存在しております。頭皮の皮脂腺から様々な理由で皮脂が過剰に分泌されると、分泌された皮脂は時間が経過すると共に徐々に酸化していきます。酸化した皮脂の成分というものは皮膚常在菌の大好物の餌ですので、酸化した皮脂に大量の皮膚常在菌が集まります。すると、皮膚常在菌によってノネナールという臭気成分が作られてしまいます。このノネナールは、とても嫌がし、腐った脂のような刺激臭がします。皮脂が頭皮の嫌な臭いの原因になっているので対策が必要になります。

活性酸素の増加と臭い

活性酸素の増加も頭皮の臭いに直結します。活性酸素は皮脂の酸化を促進する性質をもった成分です。活性酸素の本来の役割は、雑菌から細胞を守る事なのですが、活性酸素の量が必要以上に発生してしまうと身体に悪影響を及ぼします。活性酸素は、抗ストレスホルモンであるコルチゾールなどが分泌される時や紫外線を過度に浴びた時、アルコールやタバコを摂取した時などに活性酸素が生成されます。このような条件で過度に活性酸素が発生してしまうと皮脂を酸化させ頭皮の臭いを発生させてしまうのです。

頭皮の臭いと老廃物

頭皮の環境が悪くなってしまうと老廃物を多く輩出してしまうようになります。この老廃物も頭皮の臭いの原因とされています。一般的に老廃物はトイレで排出されたり、汗として排出されます。しかし、体内サイクルが乱れてしまって老廃物の量が多くなってしまうと頭皮からも老廃物がでるようになってしまいます。頭皮からでる老廃物には、皮脂や汗などの成分の老廃物が排出されるのですが、この皮脂などは、適量だったら問題ないのですが、過剰に排出されてしまうとかなり嫌な臭いがしますので、頭皮の老廃物を効果的に落とすようなシャンプーは必須です。

頭皮の臭いと薄毛の関係

頭皮の臭いが強い方は薄毛になりやすいという事が昔から言われていますが本当なのか気になったので調べてみました。色々なホームページをチェックした所、頭皮から嫌な臭いがしているような時には頭皮環境が悪化している可能性が高いため、薄毛に繋がりやすいという事みたいでした。頭皮の嫌な臭いは皮脂の過剰分泌なのですが、皮脂が過剰に分泌されていると、毛穴につまりやすく、薄毛の原因になります。また、皮脂が過剰分泌しているような場合には、食生活の乱れや寝不足、ストレスなどが原因の事が多く、これらは全て薄毛の原因と言われておりますので、薄毛の方は頭皮の臭いが強いという事はあながち間違ってはおりません。頭皮の臭いが直接的な原因でなくとも、薄毛の原因となる要素が頭皮の臭いと同じだという事なので早急に対策が必要になります。

頭皮の臭いが強い方は、薄毛用のジェネリック輸入医薬品を使っても効果が「薄いとされております。まずは頭皮の臭いの原因をしっかりと解決した上でジェネリック輸入医薬品を使うと、しっかりとジェネリック輸入医薬品の効果を得る事ができます。不規則な生活であったり、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足など色々な原因があると思われますので、先ずは、しっかりと生活環境を整える対策が必要になります。頭皮の環境を整えないと薄毛を進行させてしまいますので十分に注意してください。”

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る