朝シャン?夜シャン?? ※間違えたら危険ですよ!

日本人は世界で最も体臭を嫌う民族です。海外では汗を香水でごまかすのが主流となっておりますが、日本人は汗その物を嫌うので性感デオドラントや汗拭きシートなどで極力汗を残さないようにします。また、海外の方に驚かれるのですが、日本人は朝にシャンプーを行う朝シャンをしている方も多く綺麗好きな事でも知られています。しかし、この朝シャンが頭皮にダメージを与えてしまい薄毛の原因になっている可能性があるのです。そこでこちらのページでは、朝シャンによる頭皮のダメージと紫外線の関係性などについての情報をご紹介します。

頭皮の皮脂がキーポイント

朝シャンをすると薄毛になってしまう要因の一つに頭皮にある皮脂を洗浄しすぎてしまうという事があります。頭皮の皮脂は毛穴につまってしまうと薄毛の原因になるために、しっかりと戦場し取り除いてしまおうと考える方も多いとは思いますが、夜も朝もシャンプーをしているような場合には、どうしても必要な皮脂も取りすぎてしまいます。皮脂を取りすぎてしまうと頭皮を守るものが無くなってしまうために、頭皮から過剰に皮脂を分泌しようと促します。これにより、過剰に皮脂が溜まりやすくなってしまったり、酷い臭いがしてしまいます。その為、夜も朝もシャンプーをするというのは薄毛の原因になるのです。

紫外線によるダメージも

最近は、よる遅く帰ってきた時など、朝シャンをして夜はそのまま寝てしまうような方もいます。これでしたら、一日一回ですので皮脂を取りすぎないので安全と思われるかもしれませんが、実は朝にシャンプーする事によって頭皮が紫外線からのダメージを受けやすくなってしまうのです。朝シャンは頭皮の汚れと同時に皮脂も落とします。また、頭皮は庇護膜というもので守られているのですが、これが紫外線の刺激から頭皮を守ってくれる役割を担っております。しかし、シャンプーしたての時間帯は、この庇護膜が無くなってしまうのです。その為、朝シャンをした後で外出すると、頭皮が紫外線からダメージを受けやすくなってしまうのです。

毛穴にも深刻なダメージが

人間の頭皮は、汗をかくと毛穴が開くようになっております。特に夜は知らないうちにかなりの量の汗をかいています。これは頭皮も同じで大量の汗をかいた頭皮にある毛穴は開いている状態になっております。毛穴が開いている状態のままシャンプーをすると、毛穴の奥までシャンプーが浸透してしまいます。そのまましっかりと洗い流せればよいのですが、すすぎ残しがあると毛穴にシャンプーの残りがつまっている状態になってしまいます。毛穴にシャンプーが残ってしまっている状態ですと、抜け毛の原因になってしまいます。

すすぎに時間をかける事ができない

朝シャンをする方の多くが、これから学校や会社に行くような方々です。朝は戦場という言葉もあるように、起きてから出社するまではとにかく時間がありません。その為、しっかりとシャンプーで汚れを洗い流す事も、シャンプーをした後の頭皮にシャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ事も時間が無くって出来ないような可能性が高くなってしまいます。手を洗ってすすぎ残しがあるとかゆくなる事があると思いますが、頭皮も同じでシャンプーが残っているとかゆくなって買い手しまい、その結果、フケなどが出るなど頭皮の状態が悪くなってしまいます。

ジェネリック輸入医薬品などで薄毛ケアをされている方は、シャンプーも薄毛用のを使用しているかも知れません。しかし、せっかく高級な薄毛用のシャンプーでも朝シャンですと効果は半減どころかマイナスになってしまう可能性があります。ジェネリック輸入医薬品はあくまで正常な頭皮に効果がありますので、朝シャンなどで頭皮に余計なダメージを与えてしまうとジェネリック輸入医薬品でも対応する事が出来なくなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る