育ってきたあなたの街はどんな街?頭皮と関係があるかも!

都道府県によって頭皮の傾向が異なるというデータがあります。住んでいる場所によって頭皮の状態はどのように変わるのでしょうか。その結果について紹介しましょう。

都道府県別、頭皮のタイプの違い

頭皮環境というのは人それぞれ大きく異なっています。たとえばべたついている方は脂性といえるでしょう。乾燥している場合は乾燥型と分類することが可能です。このような頭皮のタイプが都道府県によって違いがあるのかという調査が行われました。まず肌のタイプとして最も多かったのは脂肌タイプです。こちらは全体の約8割近くとなっていました。皮脂が過剰に分泌されている超脂性肌といえる方は1割、逆に肌の表面が乾燥しやすい乾燥肌タイプも1割程度でした。

この中でも最も多い脂肌タイプの方は関東や東北、四国、九州の北部に多いという結果が得られました。超脂性肌の人は東北と富山、さらに関西地方にいました。そして乾燥肌タイプは石川や島根、山梨といったごく一部の地域に限られています。だいたいの傾向としては南の方、あるいは太平洋側に住んでいる人ほど脂肌タイプが多くて、逆に北の方、あるいは日本海側には脂肌タイプが少ないという傾向があることが分かりました。

このように頭皮の状態というのは地域性が出てくるものだということがこの調査で予想できます。ただし、実際の因果関係についてははっきりとした研究があるわけではありません。

特徴的な都道府県について

まず関東地方で最も脂肌の方が多かったのは栃木県でした。こちらは脂性の人が71%いました。また、全国で最も脂性の人が多かったのは山形県であることが分かりました。こちらには乾燥肌の方がほとんどいないのです。90%の人が脂肌であり、これは全国でナンバーワンの結果となっています。

このような結果がその都道府県の県民性や環境と関係があるのかはまだまだ分かっていないことが多いです。また、自分の出身地に脂肌タイプの人が多かったとしても、必ずしも自分も脂肌であるということにはならないでしょう。どのような都道府県にもいずれかの肌を持っている人が存在しているのです。

都道府県が違うと普段の生活習慣や食習慣、気候などが大きく異なっています。これらが影響したことによって、その都道府県に特定の肌タイプの人が多くなるということが起こるのでしょう。

薄毛を予防するには

それでは薄毛を予防するためにできることは何でしょうか。それはやはり育毛をすることでしょう。髪の毛に必要な栄養を供給して、頭皮の環境を整えることによって、健康的で元気な髪の毛がどんどん生えてくるようになるのです。そのような状態を整えるために育毛剤はとても役に立つでしょう。

育毛剤はとても効果的なのですがお金がかかってしまいます。この費用を抑えるにはジェネリック医薬品や輸入医薬品を用いるという方法があります。ジェネリック医薬品ならば元の医薬品とまったく同じ効果効能を期待することができます。安全性についても問題はないため安心して利用できるでしょう。輸入医薬品ならば国内で買うよりも安く入手できる可能性が高いです。いろいろなメーカーから育毛剤は出ているのです。インターネットを用いることで簡単に注文することが可能です。いろいろなものの中から自分に合ったものを見つけて使うべきでしょう。頭皮の状況によってどのような育毛ケアをするべきなのかは異なります。自分の頭皮に効果のある方法を選ぶべきです。

都道府県ごとに頭皮の状況に違いがあるという発見がありました。自分の住んでいる都道府県ではどのような頭皮タイプの人が多いのかをチェックしてみましょう。そしてこれから育毛をするために役立てましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る