劣化していく薄毛、お金で解決!!how much??

男性が抱える薄毛の悩みの多くはAGA(男性型脱毛症)によるものであることが分かってきています。現在ではAGAを治療するための医薬品も多く登場してきており、医療機関や薄毛治療の専門クリニックを利用することで、薬を処方してもらうことが可能です。

そもそもAGAとは?

女性の場合は加齢によって髪のボリュームが全体的に低くなってしまう傾向にありますが、男性の場合は額から徐々に後退していったり、頭頂部から薄毛化が進行したりと、特定の部位から薄毛になっていくものです。これは男性にしか現われないAGAが原因になっているからという理由があります。そもそもAGAとはどのような病気かというと、血中の男性ホルモン(テストステロン)が毛根部にて分泌されている5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンに変化してしまい、毛髪が生え換わるサイクルを停止させてしまうというものです。皆さんもご存知の通り、男性は男性ホルモンを多く分泌しているのに対し、女性は男性ホルモンが少ないため、AGAは男性にのみ発症するというわけですね。

AGAは治療できる!

まず断言してしまいますが、医薬品を使用、服用することによって治療が可能です。AGA治療薬と呼ばれている薬の主な役割は、薄毛化が進行してしまう原因となるジヒドロテストステロンの生成を阻害するというもので、男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつかないようにしてくれる薬となります。医療機関や薄毛治療の専門クリニックなどに通院して診てもらった後には、AGA治療薬が処方されることになり、服用することによって治療が可能です。

市販品の効果は?

AGA治療の内服薬は市販されているものではありませんが、塗布薬ならば有効成分が配合されている場合もあります。こういった塗布薬は、残念ながら効果が薄いのが現実です。皮膚から直接浸透するのはごくわずかで、内服薬と比較するとどうしても期待できる効果も劣ってしまうことになります。もちろん効果には個人差はありますし、薄毛の治療はその他にも生活習慣にも関係してくることですので一概には言い切れませんが、内服薬と塗布薬とで比較した場合には、内服薬の方が高い効果が期待できると言わざるを得ません。

生活習慣も改善すべき

薬の性能如何に関わらず、生活習慣も薄毛と大きく関係していますので、こちらについても必ず改善していく必要があります。特に重要なのが食生活と睡眠時間で、食べ過ぎて肥満体型の方や、そうでなくても脂質の多く含む食事ばかり取っている人、睡眠時間が少ない方は、長年続いた生活習慣によって薄毛化が進行してしまっているケースが多いため、これらの要因は改善していくようにしましょう。治療薬はあくまで薄毛治療の手助けをしてくれるものであるということをしっかりと覚えておいた上で、薬の服用をしてみてください。

治療薬の値段は?

AGA治療のために必要となる「フィナステリド」が含まれる内服薬は、医療機関や専門クリニックにて医師に処方してもらうことで手に入れることが可能で、処方してもらうためには、診療の代金と薬の代金の両者を支払う必要があります。薬の代金はクリニックによって異なり、安い場所で4000円程度、高いところだと7000円程度の料金に設定されています。さらに診療の代金についても場所によって異なり、初診料が高いところもあれば安いところもありますので、料金で比較したいのであれば、あらかじめ価格を調べておかなければなりません。

この他にもジェネリック医薬品を活用するという手段もあります。ジェネリック医薬品は同じ成分でも価格が安いのが特徴で、海外から個人輸入すると、更に安く治療薬を購入することが可能です。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る