守るものは顔だけじゃない!頭皮のUV対策できてますか?

紫外線を浴びた肌は活性酸素を発生させるため、老化の原因になると言われています。そこで、顔や腕だけに日焼け止めやUVケアなどで日焼け対策をする人も多いかもしれません。しかし、頭皮の紫外線対策を怠っている人は多いのではないでしょうか。ここでは、頭皮に与える紫外線の影響をご紹介します。

紫外線が頭皮に与える影響

紫外線は頭皮に老化現象を及ぼしていることをご存知でしょうか。実は、紫外線を浴びることで体内では光老化と呼ばれる現象が起きています。肌の奥まで光が入ることで、年齢に関係なく細胞が壊れてしまいます。

細胞が壊れる原因は活性酸素と言われています。活性酸素は身体をサビさせる原因と考えられるものです。人間が生きている限り発生するものですが、紫外線を大量に吸収してしまうと、身体では処理できないほどの活性酸素が発生してしまいます。

もし、光老化が頭皮で起きてしまうと、赤くなったりヒリヒリしたりと肌からSOSのサインが発生することがあります。これは、日焼けによって肌が傷む現象なのでわかりやすいサインかもしれません。しかし、症状が顕在化しない場合には注意が必要です。

紫外線の影響で髪の毛を作る毛母細胞が、適切にはたらかなくなることがあります。光老化によって抜け毛になるだけでなく、髪の毛自体ができなくなってしまう恐れがあるのです。さらに、毛根が紫外線によってダメージを受けると、白髪の原因になるとも言われています。どのような形でも頭皮の健康を害してしまうことがよくわかるでしょう。

紫外線が毛髪に与える影響

紫外線を受けると、頭皮だけでなく髪の毛にも悪影響が出てしまいます。髪の毛の色が赤茶けた感じになってしまい、見え方によっては白っぽく見えることもあります。これは、不健康な印象を他人に与えるばかりか、老けて見られてしまう原因です。薄毛にならなかったとしても、若々しい健康的な髪の毛ではないでしょう。

なぜ、紫外線によって髪の毛が不健康になってしまうのかというと、その理由はたんぱく質に対する悪影響が考えられます。髪の毛にはシスティンという髪の毛を結合するたんぱく質がありますが、紫外線はこれを傷つけてしまいます。だから、枝毛や切れ毛のように不自然なところで切れてしまうのです。

頭皮の紫外線対策

頭皮の紫外線対策はどのような方法があるでしょうか。

まずは、紫外線から頭皮を守るために帽子をかぶるのがおすすめです。ある程度は紫外線をブロックできるため、頭皮の老化やそれに伴う髪の毛への悪影響を防ぐことができます。

すでに体内に取り込んでしまった紫外線のダメージは、活性酸素を除去する医薬品などを利用するのがおすすめです。しかし、通常は健康保険の適用を受けない医薬品なので、高額になってしまうと考えられます。そこで、ジェネリック医薬品や個人輸入によって輸入医薬品、サプリメントを購入するとリーズナブルです。

薬草やハーブ由来の医薬品やサプリメントは、活性酸素を除去する力が期待できるものが少なくありません。体内に取り込んでしまった紫外線、そこからできてしまった活性酸素を除去できるものを選ぶとよいでしょう。

紫外線対策をして頭皮と髪の毛を守ろう

顔や腕の紫外線対策に取り組む人は多いと思います。しかし、頭皮や髪の毛はUVケアをしない人も多く、日焼けのダメージを受けてしまいがちです。その結果、頭皮を中心に活性酸素が発生して、どんどん身体はサビてしまいます。紫外線対策をすることも大切ですが、同時に身体の中に溜まってしまった活性酸素を追い出すことも重要です。医薬品やサプリメントを上手に使い、頭皮や髪の毛も若々しい状態を保てるようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る