hage is beautiful~隠さない時代へ

薄毛がコンプレックスになってしまうと、どうしてもおしゃれから遠のきがちです。しかし、はげていても、おしゃれな髪型に見せることは可能です。美容院なども、おしゃれなカットを行っているところを選ぶと、美容師さんがカッコイイ薄毛に似合う髪形をアドバイスしてくれます。それでは、コンプレックスを解消して、堂々と「魅せるはげ」についてご提案します。

はげに似合う髪形

髪の毛が薄いと、ボリュームを出す髪型をするのは難しいかもしれません。はげに似合う髪形ですが、基本的に「長髪」ではなく、「短髪」です。長髪ではげている部分を隠そうとすると、よりいっそう毛のないところが目立つことになってしまいます。髪の毛が全体的に薄ければ、少しぐらい薄いところがあったとしても、それほど目立たずにすみます。それと、風が吹いたときなど、長髪が風になびいて薄毛のところが露出してしまうことがありそうです。風が吹くたびにビクビクしてしまう生活など、精神衛生上良くありませんから、スポーツ刈りなど堂々と薄毛を活かすことのできる短髪にしてはいかがでしょうか。その人の顔の形に合わせて、サイドを刈りあげ、M字はげなどが目立たなくなる髪形もあるようです。美容師さんにどんな髪型にすれがいいのか相談してみましょう。

コンプレックスを解消

薄毛にコンプレックスを持っていると、思い切った髪型ができないかもしれないので、心の持ち方を考えた方がいいでしょう。もし、日頃から薄毛を自虐的なネタにしているとしたら、少しの勇気が必要です。はげの目立たない髪型にすることもひとつの方法ですけど、髪の毛の薄い部分を気にしないことです。かつらなどをつけてしまうと、今度は「かつらだと周囲にバレてしまうのではないか……」などという、別な心配ごとが発生する可能性もあります。薄毛は背が低いとか、太っているなどというほかのコンプレックスと同じと考えて、やれることをやったら、あとは気にしないことです。

おしゃれな美容院の選び方

街の1000円カットの散髪屋さんが悪いとはいいませんけど、カッコイイ髪型にするには、美容院に行った方がいいでしょう。美容師さんは、多くの薄毛で悩んでいる人を知っていますから、はげに最適な髪型を工夫してもらえます。薄毛に似合う髪型を考える際には、はげを隠さないこともポイントになります。髪の毛の薄い部分を隠そうとすると、どうしても不自然な髪型になりがちです。薄い部分は思い切って薄くカットし、髪の毛の残っている部分を活かすような髪型を考えましょう。それには、美容師さんの絶妙なテクニックが必要になります。カットの上手な美容師のいる、できるだけおしゃれな美容院を選んでください。

ジェネリックの育毛剤

はげていてもおしゃれに見せることはできますが、薄毛は徐々に進行していくのが問題です。薄毛の進行を止めるために、育毛剤を利用しましょう。現代は、ジェネリック(後発医薬品)の安価な輸入医薬品を取り寄せることが可能になっています。塗るタイプの育毛剤と飲むタイプの育毛剤がありますが、ジェネリックの輸入医薬品にはどちらのタイプもそろっています。ただし、輸入医薬品を利用する場合は、外国から取り寄せることになるので、関税などの輸入の条件について確認するようにしてください。

魅せるはげに関するご提案、いかがでしたでしょうか?工夫しだいで短髪にして、清潔感を出すことが可能になります。長髪で、風が吹くたびに髪の毛を気にしたり、はげ隠しで常に帽子をかぶるなどすると、余計に頭皮が蒸れて薄毛が進行することもありますから、思い切ってコンプレックスを解消し、カッコ良く魅せるはげについて考えてみてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る