正しい薄毛マッサージとはいかに?!

頭皮は、髪の毛を丈夫に育てるための土台です。頭皮が硬かったり、血管がつまって血行不良に陥れば、髪の毛は育ちにくくなります。頭皮にはいくつかのツボが集まっていますが、このツボを押しながらマッサージを行うことで、頭皮の血行を良くしてやわらかくすることができるでしょう。正しい薄毛マッサージのやり方をご紹介します。

毛母細胞を活性化!

毛母細胞とは、毛乳頭の周辺にある髪の毛のもととなる細胞ですが、この毛母細胞を活性化させることで、丈夫な髪の毛を育てることができます。毛細血管によって運ばれた栄養素が毛母細胞に届くことで細胞分裂を繰り返し、髪の毛は成長します。血管がつまったり、血行不良に陥ることが脱毛の原因となります。

薄毛に効果的な頭皮のツボとは?

頭皮のツボを刺激することによって毛細血管が太くなれば、血行促進されます。薄毛に効果的な頭皮のツボですが、頭頂部にある「百会(ひゃくえ)」、百会のすぐそばにある「通天(つうてん)」、耳のすぐ上の生えぎわあたりにある「角孫(かくそん)」というツボは、抜け毛に効果があります。これらの薄毛に効果的なツボを押しながら、頭皮マッサージを行うことで血行促進になるでしょう。

薄毛マッサージのやり方

頭皮マッサージは、薄毛が気になる部分を指の腹でもむように、ゆっくりと時間をかけて行うようにしてください。薄毛マッサージは、お風呂に入る前に行うとより効果的です。耳のすぐ上の生えぎわあたりにある「角孫」というツボから、頭頂部にある「百会」というツボに向けて、グルグルと円を描くようにマッサージを行います。また、首の後ろの生えぎわに「天柱(てんちゅう)」というツボがありますが、このツボから頭頂部にある「百会」へと、グルグルと円を描くようにしてマッサージします。頭皮マッサージにより血行促進されると、毛母細胞に必要な栄養が太くなった血管からスムーズに届けられるでしょう。この指で円を描くようにして頭皮をもみほぐす方法以外に、頭皮をつかむように指先に力を入れてツボ周辺を指圧してから、はずみをつけで指を離す指圧方法もあります。いろいろまぜて薄毛マッサージを行うとよいでしょう。

育毛剤を利用

頭皮マッサージを行う際に育毛剤を利用すると、さらに効果的です。育毛剤には、毛母細胞を活性化させる成分や血行促進に効果的な成分などが配合されています。なお、育毛剤をご利用になる際には、少し時間をおいて育毛剤を頭皮に十分にしみ込ませてからマッサージを行うようにしてください。育毛剤の種類によって配合される成分は異なりますが、ニオイや使い心地の良さなども、育毛剤を購入する際のポイントになるでしょう。育毛剤を使った薄毛マッサージは血行促進になるだけでなく、良いニオイをかぐことで気持ちをリラックスさせて、ストレス解消にもつながります。

ジェネリックの育毛剤

ジェネリック(後発医薬品)の育毛剤が、輸入医薬品として販売されています。輸入医薬品を入手するには、個人輸入という手間はかかりますが、通常の育毛剤の10分の1ほどの価格で購入できるというメリットがあります。ジェネリックの輸入医薬品を専門に販売している通販がありますから、国内通販のように利用することができます。育毛剤は長期間利用し続けないと効果を出すのが難しいため、コストパフォーマンスが良いことも重要です。

薄毛マッサージで効果は期待できるものの、薄毛マッサージだけで髪の毛が増えるわけではありません。薄毛マッサージは、髪の毛により栄養が行きわたりやすくさせるために行うものなので、しっかり髪の毛に良い食事をすることと、ぐっすり眠ることなども心がけることで薄毛にプラスとなるでしょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    ページ上部へ戻る