知ってて損はない!!育毛トリビアまとめ!

育毛に関しては知っていて損のないさまざまなトリビアが存在しています。こちらではそんな育毛トリビアをまとめました。これから育毛をしたい方はぜひとも参考にしてください。

頭皮の硬さは関係あるのか?

育毛する際には頭皮の硬さが気になる方は多いでしょう。一般的には頭皮が硬いとハゲやすいとされています。頭皮が硬いということは血液の流れが悪くなっている可能性があるのです。血液によって髪の毛をつくるための栄養が運ばれています。その血液がきちんと頭皮にまで届かなくなってしまうと髪の毛を生やすための栄養が不足してしまうことになるのです。その結果として薄毛や抜け毛が生じてしまう可能性があります。育毛をする際には頭皮を柔らかくすることが大切なのです。頭皮の硬さは実際にセルフチェックすることが可能です。指を動かしてみて頭皮も一緒に動くようならば健康的な柔らかさとなっています。

細い毛はハゲるのか?

髪の毛に関する俗説として髪の毛が細いとハゲるという説があるのですが、これは本当のところはどうなのでしょうか。生まれつき髪の毛が太い人もいれば、生まれつき髪の毛が細い人もいるのです。髪の毛が細いと髪のボリュームが少なくなってしまうでしょう。そのため将来ハゲてしまうのではないかと心配している人もたくさんいます。しかし、実際のところ細い毛はあまり関係ありません。生まれつき髪の毛が細いならば、それだけでハゲる理由にはならないでしょう。

ただし、もともと髪の毛が太かったのにそれが細くなってきた方は注意しましょう。髪の毛が正常に育っていないからです。このままの状態が続くことによって、将来ハゲてしまう可能性は0ではありません。髪の毛が太く育つ前に抜けてしまうために細い毛が増えている可能性が高いのです。

シャンプーし過ぎはいけないのか

シャンプーし過ぎることによってハゲてしまうのではないかという説があります。これは事実です。もちろんハゲを防止するためにきちんとシャンプーをして頭皮を清潔な状態に保つことは大切です。しかし、1日に1回のシャンプーが本来は正常であり、それを2回や3回もしてしまうと逆にハゲやすくなってしまうでしょう。皮脂というのは頭皮を守るための役割も果たしているのです。そのため本来は一定量の皮脂はあっても問題ないのです。それが頭皮を守る役目を果たしているからです。また、そのシャンプーが頭皮にあっていない可能性もあるでしょう。シャンプーが皮脂を落としすぎてしまうとそれがハゲの原因になってしまうこともあるのです。肌が弱い人は特に注意をするべきでしょう。

ジェネリックや輸入医薬品は危険なのか

育毛剤を買う時にジェネリックや輸入医薬品に注目している方がいるかもしれません。これらは価格が安いためとてもお得なのです。育毛のための費用を節約することができるため、興味を持っている人は多いでしょう。ジェネリックについては危険性はまったくありません。もとの育毛剤とまったく同じ成分によって構成されているからです。そのため、もとの育毛剤の安全性が保証されているならば、当然ジェネリックの方も安全に利用できるのです。輸入医薬品についてはきちんとしたサイトから注文をして、自分が頼んだものを受け取ることができているならば大丈夫でしょう。海外通販を利用するのが怖いという方がいるかもしれませんが、実際には必要以上に恐れることはないのです。多くの方が安全に輸入医薬品を使っています。信頼できる育毛剤を見つけることができたならば、それを使い続ければきっとあなたの頭皮の状態は良くなっていくでしょう。そうすれば、最終的には髪の毛がふさふさになるのです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る