整髪料は使い方を間違えると、薄毛やハゲの原因になるの!?

最近では、以前よりも高性能なシャンプーや整髪料が登場しておりますので、何時でも頭皮を清潔にして、より自然な匂いのする髪の毛を維持する事ができるようになりました。しかし、ここで注意しなければいけないのが、シャンプーの使い方です。シャンプーや整髪料を規定通りに使わない場合には、フケやかゆみの原因になってしまったり、薄毛になってしまいAGA治療を行わなければいけない場合も増えてきます。そこでこちらのページでは、整髪料は使い方を間違えると、薄毛やハゲの原因になる事について真剣に考えて行きます。

なぜ整髪料やシャンプーがフケや抜け毛の原因なるのか

なぜ整髪料やシャンプーがフケや抜け毛の原因なるのかというと、一般的なスーパーやコンビニなどで販売されてる整髪料のほとんどに含まれている合成界面活性剤という成分が頭皮に付着してしまう事によってフケが発生するからです。合成界面活性剤という成分は、とにかく浸透力が強い成分としても知られており頭皮の奥へ奥へと染み込んで行ってしまいます。他にも合成界面活性剤には髪を柔らかくするという効果が認められていますが、髪内部のタンパク質を壊すという副作用もあります。髪のタンパク質が破壊されてしまうと、外部刺激を受けやすい非常にデリケートな状態になってしまいますので、紙が切れやすくなったりしますので、薄毛の原因になってしまいます。

また健康的な髪の毛を生み出すために、薄毛対策としてAGA治療でも受容しされている頭皮のハリや弾力性をもたらすエラスチンという成分がタンパク質からできている事もあり、界面活性剤によるタンパク質の破壊は、現在ある髪だけではなく、これから新しい髪の毛を育て上げる頭皮にとっても悪影響を与える可能性があるのは間違いありません。また、界面活性剤は、乾燥しやすい方や肌の弱い敏感肌の方が使用していると、まれに頭皮が赤く炎症を起こす症状が出る可能性がある成分だという事を覚えておいてください。

整髪料が薄毛の原因になる理由とは

整髪料が薄毛の原因になる理由として覚えておいて欲しいのが、薄毛は整髪料が頭皮の毛穴が詰まってしまう事が大きな要因になっているということです。整髪料は、紙の毛を固める効果のあるワックスやリーゼントの時に使用するポマード、ジェルやヘアクリーム、スプレーやヘアクリームなど、髪の毛にある程度の制約をつけ、思うような形をキープするような効果のある物ばかりです。そのため、AGA治療で最も重要視される頭皮の健康状態を著しく阻害し、毛穴を油分でふさいでしまう副作用があるのです。整髪料によって毛穴がふさがれる状態が定期的になると、皮脂が頭皮へと出て行かない状態になってしまい、抜け毛が増えたり、髪が細くなる原因となります。また、男性の方に多い頭皮にできるニキビも、この毛穴の詰まりが原因によって出来ています。

AGA治療に効果的なジェネリック

最近ではインターネットの影響でAGA治療に効果的なジェネリックなどの輸入医薬品が増えてきました。ジェネリック輸入医薬品は、かなりリーズナブルな料金で入手する事ができますので、AGA治療の強い味方になってくれています。しかし、日本国内には流通していないようなジェネリック輸入医薬品などを個人輸入するような場合には、品質に一定の不安が残るのも否定できません。個人輸入の際には、しっかりと販売元を注意するようにしてください。

整髪料は使い方を間違ってしまうと薄毛やフケの原因になってしまいます。最近ではAGA治療もかなり高度になってきているとはいえ、お金がかかるのも事実です。AGA治療が必要の内容に、しっかりと整髪料の使用する量を意識しながら使用するように心がけてください。”

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る