低体温は要注意!体温が低いと薄毛になりやすい!!

人の体温は健康に大きく関係しており、平熱の温度から病気をしやすい人なのかどうかが分かります。簡単に言うと、平熱が低ければ低いほど免疫力も低下することが分かっており、そのため病気にかかりやすい体であると言えます。低体温はこの他にも体へ悪い影響を及ぼすことが分かっており、近年では抜け毛にも関係していることが分かっています。低体温だと代謝活動が悪くなってしまう他、血流が悪いことを意味しており、これらが髪の毛の成長を妨げることにつながってしまいます。代謝の低下は特に重要で、通常のサイクルよりも老廃物の排出が遅れてしまい、体内にたまってしまうため頭皮の環境を悪くしてしまうことにつながります。血流の悪さは毛髪の成長に必要となる栄養を頭皮に届けにくくしてしまうことにつながり、こちらもやはり薄毛化が進行してしまう原因となるため、薄毛化を食い止めよう、もしくは予防しようと思ったらまずは低体温から改善していく必要があると言えます。

原因は食生活と生活習慣

低体温な体になってしまう原因は基本的な生活習慣にあることが分かっています。細かく見ていくと、偏食、運動不足、ストレス、痩せすぎ、冷暖房を頻繁に使用していることなどが原因となります。まずは食生活について言うならば、栄養バランスの悪い食事によって理想通りの熱を体内で作れなくなってしまうため、偏食ではなくバランスの良い食事にしなければなりません。運動不足については筋力が低下することによって筋肉の発熱量が少なくなるため、適度な運動が必要となります。ストレスは血管を委縮させることにつながり、血行が悪くなってしまうため、こちらも適度なストレス解消が必要です。痩せすぎの体型は筋力が低下していることを意味しており、こちらも運動不足と同様にアウトです。冷暖房をよく使用していることも、体温を調節する体の機能が低下してしまい、低体温の原因となるため、使い過ぎには要注意となります。

マッサージで低体温を改善

低体温を改善する方法としては、上記の原因を虱潰しに正していくことが第一となりますが、それに加えてマッサージを行うことによって改善が可能です。入浴時には体温も高まりますので、入浴のタイミングで頭皮をマッサージしたり首のまわりをマッサージしたり、入浴後にストレッチをするのがお勧めです。また冷たい暑いからといって冷たい飲み物や食べ物を頻繁に食べていると低体温の原因となりますので、こういったちょっとした部分にも注意していきたいところです。

治療薬の服用と一緒に行うのがベスト

薄毛化を改善するためには、これらの低体温の改善策と共にAGAの治療薬を服用していくと効果的です。フィナステリドが含まれるAGA治療薬の効果は絶大で、多くのケースにて男性の薄毛化を改善してきており、注目を浴びています。プロペシア最も知られている薬ですが、プロペシアのジェネリック医薬品も登場しており人気を博しています。ジェネリック医薬品は効果や成分ももとの薬と同じで、値段だけが安いのが特徴で、薄毛の専門治療は高いという常識を覆しています。個人で輸入する輸入医薬品として販売されていることもありますが、個人輸入の場合には海賊版が出回っている可能性もあるため注意が必要となります。またAGAの治療薬は全ての薄毛に対して効果を発揮するわけではなく、少数ながら治療薬の効果が発揮されない体質の方もいますので、病院や専門クリニックで診察をしてもらうことをお勧めします。低体温を改善するために生活習慣を見直し、栄養バランスのとれた食生活や適度な運動を生活に取り入れ、その上でAGA治療薬を服用すれば鬼に金棒ですね。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る