頭皮のUV対策で抜け毛を予防

頭皮の抜け毛を予防するには、育毛剤やAGA治療の薬などを使っている人もいると思いますが、日常生活においても予防することが大事です。その一つが頭皮のUV対策です。UV対策は顔だけではなく、頭皮もしっかりと行うことが薄毛対策につながります。

頭皮へのUV対策の必要性

頭皮は髪の毛で守られているからUV対策をしなくても大丈夫、と思っていませんか?
しかし、髪の毛が頭皮を完全に守ってくれるわけではありません。紫外線の強い5月以降は、頭皮へのUV対策は必要です。

頭皮へのUV対策をしないと、紫外線が毛母細胞を刺激し、ダメージを与えます。紫外線は皮膚を乾燥させますから、新陳代謝も悪くなり、髪の成長に悪影響を与え、抜け毛を増やしてしまいます。頭皮が乾燥すれば、皮脂の分泌が過剰になり細菌なども繁殖しやすくなり、角質も厚くなって毛穴をふさぎます。それも抜け毛や薄毛の原因となるのです。

さらに、頭皮が紫外線の影響を受けると、フケやかゆみの原因にもなります。フケやかゆみが多くなると、シャンプーを洗浄力の強いものに変えたり、力を入れて洗髪をしたりすることもあるでしょう。それがかえって頭皮へのダメージとなり、薄毛や抜け毛の原因になることもあります。頭皮への紫外線対策は、薄毛対策として重要なことなのです。

頭皮へのUV対策の方法

薄毛対策のためには、頭皮のUV対策が必要です。方法の一つは日焼け止めを塗ることです。顔用のものでも大丈夫ですが、髪が白くならないためには白くならないタイプがおススメです。また、髪用の日焼け止めもありますので、それを頭皮に塗ってもいいでしょう。さらに、帽子や日傘などを使うのもベストです。さらに、いつも同じ分け目にしていると、紫外線が常にその部分に当たることで、頭皮へのダメージも大きくなります。ときには髪の分け目を変えるようにしましょう。

頭皮や髪への日焼け止めを使用したら、いつもよりもていねいにシャンプーをすることが大切です。日焼け止めが頭皮についたままだと、毛穴が詰まって薄毛の原因任あります。そうはいっても、洗浄力の強いシャンプーなどを使うと頭皮への負担となることがあるので、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーを使い、頭皮をマッサージするように洗うことが大切です。さらによく洗い流すことも忘れないようにしましょう。

AGA治療薬で薄毛対策

日常生活の中では紫外線対策をしっかりするとともに、AGA治療としては治療薬を使用することが薄毛対策になります。AGA治療は専門のクリニックで行うことが大事ですが、専門のクリニックでは、医療費や治療薬に高額な費用がかかります。クリニックに行く時間も必要になります。

そこでおススメなのが、輸入医薬品です。輸入医薬品は専門のサイトから購入することができます。輸入医薬品といっても、法律に触れることはありませんので、安心して使用しましょう。ただし、中には悪質なサイトもあるので、注意が必要です。輸入医薬品を取り扱うことに慣れていて、評判もよいサイトを選ぶといいでしょう。輸入医薬品はリーズナブルな価格で手に入れることができるのもメリットです。

いくら効果があると言われているAGA治療の薬を使っても、日常生活において頭皮に悪い影響を与える生活をしていては、薄毛対策になりません。頭皮へのUV対策をしっかりすることと、規則正しい生活を心がけましょう。睡眠不足は薄毛や抜け毛の原因になります。早寝早起きを心がけ、十分な睡眠をとることが大事です。暴飲暴食も控え、髪にいいと言われる栄養素を含め、バランスのいい食事をすることも必要です。血行不良を改善するためにも、適度な運動をしたり、シャワーだけではなく湯船に入るようにしましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る