アミノ酸とフィンペシアが育毛に効くのはなんで?

フィンペシアと一緒にアミノ酸を摂ろう

f4b72ca9a3fa
薄毛の中でも特に男性ホルモンの作用に起因するAGAに関しては、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

AGAの改善に関しては、もちろん育毛に影響を与えるジヒドロテストステロンへの変換を阻害するためにフィナステリドなどの薬を用いるのは有効といわれますが、ホルモンの働きを抑えたといっても次に髪がきちんと生えるようにする作用自体はフィナステリドにはありません。

そのため、髪を元気な状態で生やすために役立つ成分を別途摂り入れることが、抜け毛を防ぐだけではなく髪を作るためには必要であると言えるのです。
髪を作る成分とはタンパク質が主であり、そのタンパク質を合成するにはそのもととなるアミノ酸の存在が非常に有効となります。

そのアミノ酸の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

アミノ酸はなぜ育毛にいいのか

そもそもアミノ酸とは、数々の形を持つすべてのタンパク質のもととなる基質です。

さまざまなアミノ酸の組み合わせによって、いろいろなパターンのタンパク質が生成されるのです。

私たちの体を作っている多くのタンパク質についても、このアミノ酸がもととなって作られているわけですが、それは、薄毛の方がのどから手が出るほど欲しいと思っている髪に関しても同じなのです。

極端なことを言うと、髪を育てるためにはアミノ酸があれば道は開けると言っても過言ではありません。
さらに、体の組織を作る材料として必須であるアミノ酸は、皮膚の再生や潤いの保持などにも役立ち、その働きは皮膚の一部である頭皮にも適用されるというわけです。

フィンペシアとの相乗効果が見込めるアミノ酸

f64fb60e68da
アミノ酸は、大切な髪の生成に欠かせない栄養素であり、その中には体内で生成できるものと食品などからしか摂取できないものがあります。

体内で生成できるものを非必須アミノ酸、外部から摂取する必要があるものを必須アミノ酸と言いますが、それらのアミノ酸が複合的に組み合わされることによって、髪を作るタンパク質・ケラチンが生成されます。

そのため、特にケラチンを生成するためのアミノ酸は積極的に摂ることがすすめられます。
それだけでも、フィンペシアとの併用で髪を育てるのに有効になるわけですが、さらにそのアミノ酸の中にも男性ホルモンの作用にかかわるものがあるとされています。

つまり、食品から摂取する必要がある必須アミノ酸の中でも、男性ホルモンに関与するアミノ酸をフィンペシアと併用すれば、さらに高い効果が見込めるのです。

育毛サプリとフィンペシア

では、具体的にアミノ酸が持つ作用とフィンペシアの効果にはどのような関係性があるのでしょうか。

アミノ酸とフィンペシアそれぞれの機序を見直し、そこから双方の相性を探っていきます、

フィンペシアの効き方

まずはフィンペシアの機序からその効果を見ていきます。

フィンペシアの主成分とは、フィナステリドと呼ばれるものです。このフィナステリドの機序は、男性ホルモンの仕組みにかかわることです。

体内で生成される男性ホルモンであるテストステロンを、育毛への邪魔となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンへ変換してしまうことからAGAが引き起こされてしまうのです。

この変換にかかわるのが、還元酵素である5α-リダクターⅠ型です。

正確には、フィナステリドはこの5α-リダクターゼを阻害するのが目的の成分なのです。

フィンペシアとの相乗効果が見込めるアミノ酸サプリ

上記のような機序を持つフィナステリドと併用することでさらなる効果を発揮できるサプリとは、育毛に効果があるとされる数多くのものの中で特にこの男性ホルモンの仕組みにかかわるものであるといえます。
さらに、髪の生成を助ける作用を持つことも重要なポイントです。

こうした機能を持ち合わせたアミノ酸を摂取すれば、より高い育毛効果を実感できることにつながるわけです。

アミノ酸と一口に言っても、このような効果を持つものはすべてではありません。
数あるアミノ酸の中でも、フィナステリドの効果に連動すると考えられるものを選ぶのが大切なのです。

相性のよいアミノ酸

では、フィンペシアをはじめとしたフィナステリド製剤と相性のよいアミノ酸とはどのようなものでしょうか。

  • リジン
    外部からの摂取が必要な必須アミノ酸であり、タンパク質の生成や毛母細胞の活性化にかかわっているとされています。
    そのため、髪を作り出すには必要なアミノ酸であるわけです。

    さらに、フィナステリドの働きを助成し、また毛母細胞の活動を活発にすることも知られている有効なサプリ成分です。

  • アルギニン
    アルギニンは、基本的に体内で生成される非必須アミノ酸ですが、不足することも考えられるため、サプリなどで補給することもよくあります。

    このアミノ酸もタンパク質合成に一役買うだけではなく、成長ホルモンの分泌により毛母細胞を活性化させることにもつながり、リジンと併せて摂取することでよりその効果を高めることができるともされています。

  • システイン
    これは、髪の主成分であるケラチンのうち大きな位置を占めるシスチンを合成するのに用いられるアミノ酸です。
    シスチンとは、システインが結合したことによって生成される成分ですから、いわばシスチンの材料になるといってもよいのです。

    育毛の邪魔となるジヒドロテストステロンをフィナステリドで抑えたのち、より健康な髪を順調に育てるためには必要なアミノ酸であるわけです。

アミノ酸アプリを賢く摂ることでフィンペシア効果もアップ

アミノ酸はタンパク質のもととなるものですから、髪の生成にも重要な役割を果たす成分です。
一方、フィンペシアをはじめとしたフィナステリド製剤は、あくまでジヒドロテストステロンの抑制が目的のものです。

その部分を有効に補うのがアミノ酸であり、食品はもちろんのことサプリとしても摂り入れれば髪を生やすための一助になってくれるというわけです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る