抜け毛を防ぐために睡眠不足にならないよう気を付けよう

睡眠不足が起こす体の不調とは

睡眠不足になってしまうと様々な体の不調が出てくるといいます。それは、どのような不調なのでしょうか。特に、抜け毛との関係は気になります。

また、どのように睡眠時間を取ることが体の不調を改善するのでしょうか。

髪の毛が成長するといわれる時間には眠っておこう

GW002_L午後11時~午前2時頃までが、髪の毛が成長するゴールデンタイムといわれます。

それは、この時間帯に髪の毛を育てる副交感神経の働きが活発化することが多いからです。成長ホルモンも多く分泌されるのがこの時間帯であるといわれます。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、レム睡眠は浅い睡眠とされ、ノンレム睡眠は深い睡眠の状態となります。眠っている際は、この2つが交互に繰り返されています。

このサイクルが乱れたり、寝不足になったりすると翌日になっても疲れが溜まった状態になり、胃のむかつきや頭痛、関節痛などの体の不調が出やすくなるのです。もちろん、抜け毛も多くなってしまいます。

快い睡眠を促してくれるものとは

もし、睡眠不足が続いているなら、枕や布団を変えてみたり、サプリメントや快眠グッズなどを利用したりする方法があります。

また、しょうが湯を眠る前に飲むことで、体温が少し上がるのを促し、結果として快い睡眠に入りやすくなるのです。

睡眠不足になると様々な体の不調が出る

睡眠不足が続くと、病気になるリスクが高まったり、吐き気やめまい、頭痛などの体の不調が出たりしやすくなります。

また、うつ病になりやすくなるなど精神的にも不調が出てくることがあります。ニキビが出て肌荒れしやすくなったり、ホルモンのバランスが崩れて太りやすくなったりしてしまうこともあります。

最も危険なのは、睡眠不足のまま車を運転することです。自然と注意力が散漫になり、事故を起こしやすくなりますから、寝不足の時には車の運転を控えた方がいいでしょう。

特に、ここでは睡眠不足による体の不調の中でも、抜け毛との関係にスポットを当てていきたいと思います。

睡眠不足は抜け毛を増やす

いくら育毛剤や育毛シャンプーを日頃使っていても、睡眠時間が十分に取れていないなら効果は薄くなります。

それは、眠っている間に分泌される成長ホルモンが出なくなるからです。そうすると、頭皮の細胞を修復する働きが薄れ、薄毛や抜け毛の原因になります。十分な睡眠をとると体の疲れがしっかり回復しますが、それは睡眠が臓器などの免疫力をアップさせるからです。もちろん、育毛作用も出てきます。

しかし、睡眠不足になれば、まず臓器をメンテナンスすることに体が集中して、髪の毛などのケアは後まわしにされることが多いのです。

それは、体が髪の毛の重要度を低いものと判断するからなのです。

夜10時から夜中の2時までは必ず眠ろう

夜10時~夜中の2時までは、副交感神経が最も活発化する時間帯となります。そして、成長ホルモンが体から多く分泌されるのです。髪の毛の健康を守りたいなら、この時間帯は必ず眠っているようにするのがおすすめです。

もし、昼間は眠っていて夜のこの時間帯は起きているような生活だと、同じ睡眠時間でも育毛効果は大幅に薄れます。

それに、この時間帯は、体が最もリラックスする時間帯であり、精神的なストレスからも解放されやすいといわれます。

横になった姿勢で眠っていることで、起きている時と違い、心臓と頭皮が同じ高さになりますから、血流もとてもよくなるのです。

睡眠時間を削ると髪の毛を育てる時間も削ってしまう

夜に睡眠時間を削ることで、薄毛に近づくと考えましょう。それは、夜に育毛作用を持つ髪の毛のゴールデンタイムに眠らなければ、髪の毛を育てる時間を削ってしまうのと同じだからです。

そう考えれば、やはり夜更かしをやめてしっかりと睡眠時間を取る方がいいことが分かります。

睡眠時間を削ってしまうと、抜け毛が増えるだけでなく様々な体の不調が出てきて、病気や事故が発生しやすくなるので注意が必要です。

睡眠不足はできるだけ改善しよう

GW003_L育毛のゴールデンタイムである夜10時~夜中の2時には必ず眠っておくことをおすすめします。

もし、この時間の睡眠を削ってしまうと抜け毛が多くなり、自然と薄毛になりやすくなるからです。夜12時頃まで起きている人もいますが、抜け毛などの体の不調を防ぎたいなら、やはり夜更かしせずに早めに眠りましょう。

眠れない状態が続くなら、枕や布団を変えてみることや、快眠効果のあるサプリメントなどを摂取するのも一つの方法です。

また、アロマオイルや光目覚まし時計などの快眠グッズを利用するのもいいでしょう。他には、しょうが湯を飲んだり、安眠できる音楽のCDなどを眠る前にかけたりする方法もあります。

睡眠不足の改善には、多くの方法がありますから、試してみれば自分にぴったりの方法が必ずあるはずです。

しかし、どんな方法を試しても眠ることができない場合は、病院に行ってお医者さんに相談してみてください。おそらく、睡眠薬などを処方してくれるはずです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る