産後に起こる抜け毛と頭痛について

妊娠初期・産後に起こりやすい頭痛とは

phm06_0100-s出産後に現れる代表的な症状として、抜け毛があげられます。そして、それに次いでよく耳にするのが「頭痛」です。

妊娠・出産は、女性にとってはまさに命がけの大イベントであり、どうしても辛さはつきものです。

そこへ加えて頭痛が起こってしまったのでは、たまったものではありません。妊娠中に起こる頭痛の原因ははっきりとは解明されていません。

ですが、一説によるとホルモンバランスと因果関係があるのではないかといわれています。

そして産後の頭痛。これは、妊娠・出産で開く骨盤が歪んでしまい、腰椎、頸椎、胸椎のすべてに歪みが生じてしまうことが原因なのではないかと考えられています。

妊娠中・産後の頭痛は予防できるのでしょうか

まず、妊娠中の頭痛に関してははっきりとした理由がわかっていないため、対処方法を探し出すのもひと苦労です。

妊娠中には嗅覚異常や味覚異常など、信じられないことが起こるものですが、辛い頭痛だけはなんとかしたいものですよね。

そのようなときには、つい頭痛薬に手を出したくなりますが、自己判断は危険です。市販薬に手を出す前に、産婦人科に相談し、必要があれば安全性の高い頭痛薬を処方してもらいましょう。

妊娠中・産後では、頭痛の解決方法が異なります

妊娠中はとにかくリラックスして過ごすことが大切ですが、頭痛ばかりはどうにもなりません。ひとまずかかりつけの医師に相談し、然るべき処置を行いましょう。

そして、産後。産後の頭痛の多くは、骨盤の歪み、出産・育児のストレスからくる疲れが挙げられています。これを解決するためには、まず骨盤の位置の矯正を行うとよいでしょう。

とはいえ、自己流ではダメです。というのは、産後の身体は思いのほか弱っており、自己流で間違った体操やマッサージを行うことは非常に危険だからです。

骨盤の歪みは、整体やカイロプラクティックでの矯正が最も安全です。赤ちゃんをご家族に預けて一人で整体などに行くことは、気晴らしにもなりますのでおススメです。

抜け毛に次いで多い、妊娠中・産後の悩みは頭痛です

産後に起こる症状として、抜け毛が挙げられますが、それに次いで多いものが頭痛です。これらの原因について、詳しく見ていきましょう。

産後の抜け毛

妊娠中にはなんともなかったのに、出産後からいきなり抜け毛が気になり始めることがあります。

これは、妊娠中に大量に分泌されていたプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が極端に弱まることが原因となっています。

したがって、ホルモンバランスの崩れが改善されれば、自然と気にならなくなることが多いものです。つまり、焦って育毛を行う必要はないということですね。

妊娠初期の頭痛

GW139_L

  • とにかくリラックスすること
  • 必要があれば、婦人科で薬を処方してもらい、用法・用量きちんと守った上で服用すること

妊娠初期の頭痛の原因には、抜け毛と同様にホルモンバランスの乱れが関係しているという説もありますが、はっきりと究明されていません。

したがって、「こうすれば予防できる・治る」という方法もわかっていません。とはいえ、いかなる場合でも頭痛は辛いものです。

我慢できないような痛みなのであれば、市販の頭痛薬ではなく、かかりつけの産婦人科医に相談し、適切な処置を行いましょう。

産後の頭痛

出産は、思いのほか体力の消耗が激しいものであり、すぐには開腹することができません。

普通分娩であればおよそ1週間、帝王切開であればおよそ2週間の入院期間が必要となりますが、その間にも赤ちゃんのお世話に追われ、おちおち眠っている場合でもないでしょう。

ですが、授乳の時間以外は自由時間ですから、無理にでも横になり、身体を休めることが大切です。

産後に起こりやすくなる頭痛の原因には、次のようなものがあります。

骨盤の歪み

妊娠中には、ゆっくりと骨盤が開き、赤ちゃんが産道を通過しやすいように身体が変化して行きます。この段階ではおもに腰痛が悩みのタネとなることでしょう。

そして産後には頭痛がやってきます。妊娠中にゆっくりと開いた骨盤は、赤ちゃんが産道を通過する時点で一気に開き、これが骨盤の歪みを招きます。

すると、腰椎、頸椎、胸椎にも歪みが生じ、これが頭痛を作り出す原因ではないかと考えられています。産後は体力を消耗しきった状態です。

退院し、少し落ち着いた頃に整体やカイロプラクティックに通い、ゆっくりと骨盤の歪みの矯正を行ってみてはいかがでしょうか。

出産・育児からくるストレスによる疲れ

出産は女性にとっての大イベントですから、身体は大きなストレスを受け、さらに育児を行うストレスが生じます。このようなストレスや疲れは、お母さん一人でなんとかできるものではありません。

できる限りご家族の協力を得て、少しでも身体を休めながら育児を行いましょう。

また、産後にはホルモンのバランスが崩れ、抜け毛が起こりやすくなりますが、出産・育児によるストレスも抜け毛を誘発します。

産後には、とにかく無理をしないこと。育毛を考えるにしても、ワンテンポ置く心の余裕が必要です。

妊娠中と産後はとにかく無理をしないこと

妊娠・出産は、女性の心と身体にさまざまな変化をもたらします。

だからこそ、ご家族の協力を得て、ゆったりと過ごして下さい。辛い頭痛が起こってしまったのであれば、すぐにかかりつけの産婦人科医に相談し、一人で悩まないことが肝心です。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る