ピルが抜け毛に影響を与えるって本当!?

ピルは抜け毛の量に作用する

phm06_0457-sピルは、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促し、人工的に妊娠しているときと同じ身体の状態を作り出す経口薬です。

つまり、ピルを服用している間は妊娠することがなくなるため、合理的な避妊薬であるということがわかります。

また、pms(生理困難症)などの辛い症状の緩和にも役立つことから、若い年代を中心に、服用する方が増加しているようです。

そのようにとても便利でありがたいピルではありますが、一方で副作用が現れることも少なくはありません。それは、抜け毛の問題です。

ピルを服用すると、プロゲステロンの分泌量が増えます

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えると、私たちの身体の内部ではなにが起こるのでしょうか。プロゲステロンの分泌は、生理と妊娠に大きく関わっています。

プロゲステロンとは女性ホルモンの一種であり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とともに、通常であればバランスよく分泌が行われています。

ところが、妊娠したりピルの服用を行ったりすると、プロゲステロンの分泌が増え、頭髪や体毛が濃くなるという現象が見られることがあります。

これは、プロゲステロンが発毛の作用を持っているからにほかなりません。

抜け毛防止にピルを使用する方も存在します

ことの是非はともかくとして、プロゲステロンの分泌を利用して、抜け毛防止のためにピルを服用している方もいらっしゃるという方もいます。

もちろん、ピルは医師の処方なしで購入できる薬ではありませんので、医師の正しい判断のもとで処方されているには違いありません。

ところが一方で、問題視される声も上がっているようです。というのは、ピルの服用を中止した途端にプロゲステロンの分泌量が極端に減少するため、激しい抜け毛が起こる可能性が否めないということです。

これにより、ピルの服用を中止すること自体に恐怖を覚える方も少なくないのだそうです。

ピルの存在意義と、服用に関する注意点とは

ピルは、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促進させ、人工的に妊娠した状態を維持させることのできる便利な経口薬です。

また、プロゲステロンには発毛作用が認められているため、抜け毛防止として服用している方もいらっしゃるようです。

ピルはこのような作用を持っています

the-pill_2103941

  • 避妊作用
    妊娠中の女性の体内では、プロゲステロンが大量に分泌されることにより、妊娠した状態を維持することができます。
    つまり、ピルを服用している間は実際には妊娠していなくても妊娠時と同様の状態となっているため、妊娠することはなくなります。

    つまり、ピルは優秀な避妊薬であると考えることができます。

  • pms(生理困難症)の緩和
    生理は、女性の心身に様々な影響を与えますが、どうかすると病理的な症状が現われることもあります。
    ピルはそのように辛いpmsの症状を緩和する経口薬としても知られています。
  • 発毛作用
    妊娠すると、口の周りを中心とした顔の産毛やお腹全体の毛がいきなり濃くなることがあります。
    これはプロゲステロンが作用しており、お腹の赤ちゃんのクッション材、あるいは保温のために体毛を濃くしていると考えられています。
ピルの副作用
  • 抜け毛
    ピルの服用を中止すると、ビックリするほどの抜け毛の症状が現れることがあります。これは、急激なプロゲステロンの減少により起こる副作用です。
    すべての方に起こるというものではありませんが、ピルの服用を中止すると、抜け毛という副作用が現れる可能性があるということを知っておきましょう。
  • 体重の増加、イライラ
    ごくまれに、ピルを長期にわたり服用している方の中には、体重の増加やイライラなどが現れる方がいらっしゃいます。
ピルは女性専用の経口薬です
  • ピルは男性には不適合
    もともと女性の身体の内部の状態を調整するホルモン剤ですので、男性は使用することができません。
  • ピルは抜け毛の予防薬となるのか
    一般的に、ピルを服用すると体毛や頭髪が濃くなるという方が多いということは事実です。
    ところが、人工的にプロゲステロンを作り出すことに身体が慣れてしまうと耐性がつき、薬の成分の効果が現れなくなってしまうこともあります。つまり、できる限りピルの常飲は行わないことがベストであるといえます。
  • びまん症脱毛症
    急にピルの服用を中止すると起こりやすくなる、女性特有の脱毛症です。この症状が起こってしまったら、即座にかかりつけの医師に相談しましょう。
    この症状は長期にわたりピルを服用していた方に多く見られる症状ですが、治療方法はありますので心配はしないで下さい。
    神経質になり過ぎるとそれがストレスとなり、さらに抜け毛がひどくなってしまうことがあります。

ピルの服用中止後に抜け毛が気になるようになったら、一にも二にもなく、かかりつけの医師に相談し、適切な治療を受けましょう。

ピルの乱用は危険です

どのような薬物であっても同様ですが、医師の指示から逸脱した薬物の乱用は大変危険です。

特にピルはホルモン治療薬ですので、くれぐれも間違った服用を行わないように注意を払い、あなたの健康を損なうことなく安全に服用することを心がけましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る