産後9ヶ月の抜け毛の改善方法

ビックリ!産後に増える抜け毛

女性にとって出産は人生の一大イベントです。出産は、女性の体に想像もしなかった変化を与えることが珍しくありません。

出産後に見られる抜け毛もそのひとつです。出産後9ヶ月以上経っても抜け毛が減らないと悩む方も多いようです。

一体なぜ、出産によって抜け毛は増えてしまうのでしょうか。

出産後の抜け毛は一時的なもの

出産後に見られる抜け毛は実は一時的なものです。ですので、あまり悩む必要はありません。出産後の抜け毛にはホルモンバランスが大きく関わっており、ホルモンバランスさえ整えば抜け毛もしだいに解消されていくでしょう。

そこで大切になるのが、その後の生活習慣をどのようにするのかです。ここでさらに抜け毛を増やさないことが重要です。

出産後の抜け毛は女性ホルモンのしわざ!?

phm20_0037-s出産後に抜け毛が気になり始めるのは一般的に産後約3ヶ月目であるといわれています。出産後の抜け毛の最も大きい原因は女性ホルモンにあります。

女性ホルモンには『プロゲストロン(黄体ホルモン)』と『エストロゲン(卵胞ホルモン)』の2つがあり、妊娠をしていないときにはこの2つが2週間ごとに優位な働きを繰り返します。

しかし、妊娠中の場合はプロゲステロンだけが優位に働いています。

出産が済むと再び元に戻りますが、急激にエストロゲンが増加するため体はそれについていけず、ホルモンバランスの乱れとなって肉体にさまざまな支障をきたします。抜け毛もその中のひとつなのです。

さらに、毛髪を発達させる役割を持つエストロゲンの増加によって。妊娠中に抜けるはずであった毛髪が一度に抜けてしまうとも考えられます。産後のホルモンバランスの乱れはある程度は避けられません。

ただ、出産後の生活習慣によってそれを最小限に食い止めることはできます。

出産後の生活習慣でホルモンバランスの崩れを最小限に

産後9ヶ月を経過しても抜け毛が多くて悩む人と、ある程度のところで解消される人との違いは、その生活習慣にあります。

ホルモンバランスの崩れは自然なことであり、避けることはできませんが、生活習慣には気をつけたい事柄がいくつかあります。

産後ストレス

出産後は生活が一変します。1日の中心は赤ちゃんとなり、出産前の生活リズムとはまったく異なります。

さらに、赤ちゃんの夜泣きや授乳など慣れないことによる心身の疲れ、睡眠不足などが母親に多大なストレスとなってしまいます。ましてや初めての出産であれば育児に対する不安がつきまとい精神的に大きなストレスを抱えることになります。

ストレスを受けると視床下部がそれに対応して、それまでに行われていた女性ホルモンの分泌を後回しにしようという働きが生まれます。

これによりエストロゲンは減少、やがて育毛に遅れが出ます。

骨盤に生まれるゆがみ

出産によって広がりゆるんだ骨盤がそのままで固まってしまうと、ゆがみを生じてしまうことがあります。

骨盤のゆがみは子宮を圧迫し血流を悪化させ、卵巣に栄養が十分に行き渡りません。ひどい場合にはエストロゲンが半減してしまうこともあります。

産後ダイエット

出産後に増えてしまった体重を減らそうと無理なダイエットをすることで抜け毛を引き起こすことがあります。

無理なダイエットは以下の事を引き起こします。

  • 視床下部の栄養失調
  • あらゆるホルモン分泌量の低下
  • エストロゲン分泌の減少による毛髪の発達への悪影響

エストロゲンの減少は毛髪の発達だけでなく、体のさまざまな不調の原因を引き起こします。

産後抜け毛対策

ちょっとした毎日の生活への配慮で出産後の抜け毛を減らすことが可能です。

規則正しい生活

22時から2時までの間は副交感神経が優位となり細胞から老廃物が出て栄養が入ってくる時間です。毛母細胞も例外ではありません。

赤ちゃんメインの生活ではありますが、授乳の時間を工夫してこの時間にできるだけ睡眠をとるのが理想です。

イソフラボンの摂取

産後は育児に夢中できちんとした食事を摂れないことが多いですが、せめて大豆製品を積極的に食べるようにしてください。

大豆製品に多く含まれるイソフラボンの働きはエストロゲンと似ていて抜け毛改善や育毛効果が期待できます。

ストレスを解消する

GW064_L育児の不安による精神的ストレス、そして睡眠不足や疲れによる身体的ストレスの両方を排除すると抜け毛は改善されるでしょう。

育児の悩みなどを話せるお母さん仲間や友人などとの時間を設けるのはオススメです。

また出産後はあまりに自分の時間がとれないためにシャンプー、トリートメント、頭皮ケアなどがおろそかになりがちです。ヨガやマッサージなど自分のための時間もできるだけ確保しましょう。

生活習慣の改善で出産後の抜け毛は減らせる

産後に髪の毛の量が減ったからといって悲観的になる必要はありません。

女性ホルモンのバランスが元通りになればやがて抜け毛も減ります。

赤ちゃんのお世話で大変になってしまう時期ではありますが、それでも産後の生活習慣に注意を払うことによって抜け毛を最小限に食い止めることができるでしょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る