内臓疾患と抜け毛の関係

抜け毛に気を取られて内部の疾患を見落とさないで

抜け毛と内臓の病気はあまり関係の無いように感じる人も多いのではないでしょうか。髪の毛のトラブルは遺伝、精神的な物など思いこみもあり、内臓が病気になっているというサインの抜け毛を見逃してしまう可能性があります。

抜け毛と同時に少しでも体調不良を感じたのなら、早急に受診することをおススメします。

内臓の疾患を治療することが育毛促進へとつながる場合もあるのです。

長引く抜け毛には要注意

phm06_0127-s髪の毛を健康に維持するエネルギーは内臓からきています。内臓が健康であることが髪の毛を健康に保つ条件とも言えます。貧血の症状にも抜け毛はありますし、ホルモンバランスが乱れてしまうと抜け毛が起こります。

甲状腺異常も抜け毛が大きなサインとなることがあります。とても怖い悪性腫瘍も抜け毛を感じ始めた時にはすでにかなり進行していると言うこともあります。

病気にかかってしまうと、まず内臓を正常に保つためにかなりのエネルギーを身体全体で作りだします。

爪が割れてしまったり、抜け毛が起こったりしてしまうのは、エネルギーが身体の先まで行き渡らないからなのです。

内臓が元気だからこその健康

内臓に異常が起こると、身体は様々なサインで知らせてくれます。発熱したり、だるさが続いたり耳鳴りがしたり。そしてその中には抜け毛も含まれています。

早急に身体からのサインを受け止めることができれば、すぐに内臓疾患の治療に入ることができます。

抜け毛は身体が元気を取り戻すまでは続くかもしれませんが、その後、時間をかけて育毛される可能性もあります。まずは身体の内側から大切にすることを心掛けてみることが育毛へとつながるのです。

抜け毛の原因は内臓にあることも

phm06_0051-sストレスや紫外線をたくさん浴びることで皮脂の分泌が一時的に過剰になり、毛根が詰まって抜け毛の原因となる場合もあります。そのような場合は時期が来れば自然と抜け毛は治まります。

いつまでたっても抜け毛がおさまらず、体調不良が続く場合、内臓の疾患を疑ってみることが必要です。

抜け毛を伴う内臓の疾患は以下のようなものがあります。

甲状腺の異常
悪性腫瘍
腎臓や肝臓の異常
糖尿病
貧血

どれもとても恐ろしく感じてしまいますが、早期に治療を開始すれば大丈夫なものです。

抜け毛は内臓の疾患を教えてくれる大切なサインとして、軽く思わずに病院を受診してみて下さい。

健康な髪の毛を保つためには長引く抜け毛はもちろん、治っては抜けるということを繰り返す抜け毛も油断をせずに注意深く心に留めておくことが必要です。

内臓疾患と抜け毛の関係

内臓は身体を健康に保つためそれぞれの働きがあります。それらの動きが絶妙なバランスで働いている時、私たちは髪の毛の先から手足の先まで健康でいられるのです。

そのバランスが崩れ、内臓の一部に疾患が出てしまうと、身体はその疾患を治癒させようとしてエネルギーを髪の毛にまで使うことができなくなってしまいます。

これが内臓疾患による抜け毛のメカニズムなのです。

甲状腺などのホルモンバランス

内臓の疾患による抜け毛は少ないものからごっそりと抜け落ちてしまうものまで様々です。甲状腺疾患によるホルモンバランスの崩れが引き起こす抜け毛は大量まではいかなくてもシャンプー時に気がつくほどの量が抜けることがあります。

産後もホルモンのバランスが乱れて抜け毛が起こることがありますが、こちらは時期が来れば自然と治まってきます。ですから、いつまでも続く抜け毛にはやはり注意が必要と言えます。

甲状腺疾患の場合は更年期障害や自律神経失調症などと似たような症状が出ることが多いのですが、いずれも放置しておくと治療が長引いてしまいますので、早期の発見が大切です。

生活習慣を整えることが何事も大切

小さな内臓の疾患もきちんと治療しなければなりません。

内臓を健康に保つためにはバランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動などを心掛け、ストレスをためないよう趣味などを楽しむことが重要です。

こういったことが、結果的には内臓を健康に保ち、髪の毛へとエネルギーを送り込んでくれることになり、抜け毛を防ぐことができるのです。

思春期の過激なダイエットや偏食は生活習慣の乱れを生みだします。抜け毛が気になっていない若い人たちも、正しい生活のリズムを崩さないよう心がけることが将来の抜け毛防止、育毛促進に役立つことでしょう。

内臓が身体の全てを健康に保っている

抜け毛を起こす内臓疾患はたくさんありますが、全てに共通して言えることは内臓にエネルギーがなければ髪の毛まで力が行き渡らず抜け毛の原因となると言うことです。

抜け毛が気になるけれども、ストレスや頭皮の異常など特に異変を感じない場合は、内臓が元気かどうかをしっかりと調べることが必要かもしれません。

内臓の疾患が感知すれば抜け毛は治まり、健康な髪の毛の育毛を期待できるからです。

まずは病院に行って、異常がないかどうかを検査してみましょう。早期の発見が、自分の命を救ってくれることにもつながるかもしれません。

 

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る