産後につきものの抜け毛対策

産後3ヶ月ごろから始まります

phm20_0023-s分娩後抜毛症と呼ばれる産後の抜け毛は心配する必要は全くありません。

むしろ、ホルモンが正常な働きを始め、妊娠前の身体に戻る準備を始めたと前向きにとらえた方が良いでしょう。

妊娠中、授乳中の女性はプロゲステロンと呼ばれるホルモンが赤ちゃんの成長や母乳の為に分泌されていてその作用で抜け毛が要請されていたのです。

しかし、出産を終え、ホルモンのバランスを本来の働きに戻すため、プロゲステロンの分泌が弱まった時、今まで抜け落ちていなかった髪の毛が一気に抜け毛となっていくのです。

そのことを前もって知っておけば驚きも少しで済みますが、少しも知識がないまま抜け毛が始まってしまうととてもびっくりしてしまいますね。

産後の身体の事を出産前に少しだけ勉強しておくと抜け毛が始まった時に慌てないで済むのでよい対策だと言えるでしょう。

個人差はありますが7ヶ月ごろには抜け毛は治まります

最初はあまりの抜け毛の多さに驚く女性もいるでしょう。そして、いつまで続くのだろうと不安になる人も多いでしょう。

分娩後脱毛症と呼ばれる産後の抜け毛はホルモンバランスが関係しているので前もって抜け毛の対策を取ることができません。

育毛対策もホルモンのバランスが整えば自然と生えてくるものですから特に必要はありません。

ただ、知識として3ヶ月ごろからプロゲステロンが減少するために抜け毛が始まり、7ヶ月ごろにはエストロゲンとのバランスがとれ始めるので抜け毛がおさまり、生理が再開する人が多いと覚えておくと冷静な行動ができるかもしれませんね。

ホルモンのバランスが整えば何もしなくても治まります

分娩後脱毛症はホルモンのバランスが整えば自然と治まり、毛のうな髪の毛が生えてきますから特に心配はいりません。

ただ、仕事をしていてどうしても見た目が大切だと言う人や、産後一年たっても抜け毛がおさまらないと言う人は専用の育毛剤がありますので安心して下さい。

抜け毛の原因がホルモンだとはっきりしているため、特に不安を感じる必要も育毛対策をする必要もありませんよ。あと数カ月もすれば治まるからそれまでの我慢と思ってゆったり構えておきましょう。

あまりに気にし過ぎると今度はそれがストレスとなってしまい、ホルモンのバランスが整うのが遅れてしまう可能性が出てきてしまいます。

産後の抜け毛は分娩後脱毛症と呼ばれる自然な身体の回復

女性にとってはとても嫌な物なのですが、産後の抜け毛は自然の摂理で誰にでも多かれ少なかれ起こることです。

  • 3ヶ月ごろから始まる
  • 7ヶ月ごろにおさまる人が多い
  • 産後一年を過ぎても治まらない時は病院へ

以上の3つの知識があれば対策としては十分です。

何故3ヶ月ごろから始まるの?

妊娠中は高温期に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されています。プロゲステロンには抜け毛を抑制する効果があり、妊娠中の女性はこのホルモンの作用で抜け毛が抑制された状態です。

しかし、産後3ヶ月を過ぎたあたりから女性の身体は妊娠前の状態に戻ろうとし始めます。

その際、プロゲステロンの分泌が抑制され始め、今まで抜けずにいた髪の毛が一気に抜け始めてしまうのです。

何故7ヶ月ごろにおさまるの

プロゲステロンの分泌が減少し始めると、今度はエストロゲンという卵胞ホルモンが分泌され始めます。エストロゲンは髪の毛を育て、発毛させることができます。

両者は急に入れ替わると身体に負担がかかるため、おおよそ4ヶ月ほどかけて分泌量を妊娠前の状態に戻していくのです。プロゲステロンとエストロゲンのバランスがちょうどよくなるのが産後7ヶ月くらいに相当するのです。

エストロゲンは排卵をコントロールするホルモンでもありますので、このころ、生理が再開する女性も多くいます。

分娩後脱毛症の対策はありません

phm20_0048-s出産後の女性のほとんどに平等に起こる現象ですから特に対策はありません。自然の摂理としておおらかに受け止めていくことが最良の方法だとおもわれます。

しかし、いきなり抜け毛が始まるのと知識がある上で抜け毛が始まるのとでは衝撃の度合いは変わってくるでしょう。対策としてはいつごろ始まって、いつ頃おさまるのか、何故抜け毛がおこるのかなどを知っておくと良いでしょう。

覚えにくい場合はお子さんの成長に合わせて覚え得ると分かりやすいかもしれません。

「産後の抜け毛は赤ちゃんの首が据わる頃に始まり、腰が据わる頃に終わる」と覚えてみてはいかがでしょう。

産後の回復も赤ちゃんの成長も個人差があるもの、多少のずれは個性と受け止めて抜け毛さえも面白いと感じることができる育児ができれば最高ですね。

いつかは必ず治まります

女性にとっては抜け毛は嫌な物ですし、抜け落ちる毛と生える毛のバランスが取れずにいるとヘアスタイルが決まらなかったりして少し歯がゆい思いをするかもしれません。

しかし、分娩後脱毛症は産後のホルモンバランスが正常になろうとしている証拠。

出産前のホルモンバランスに戻ろうと身体が頑張っているために起こる抜け毛ですから、しばらくすれば自然に治まります。

突然症状が現れてあたふたしてしまうことが無いよう、知識として蓄えておきましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る