甲状腺疾患による抜け毛

大きな病気の発見にもなるかもしれない抜け毛

シャンプーのときやブラッシングの時に少し抜け毛が増えたと感じることはありませんか。そんな時は抜け毛の量も重要ですが、どれくらいの期間抜け続けるのかということにも注目してみて下さい。

甲状腺の機能が低下している人はホルモンの分泌が大きく乱れている可能性が高く、抜け毛以外にも身体からのサインがたくさん出ています。

それらのサインと照らし合わせて長期間抜け毛が継続して起こるようならば医療機関への相談をおススメします。

薬を内服することで改善されます

phm06_0439-s抜け毛の原因が紫外線などからくる乾燥や生理的な物などではなく、甲状腺によるホルモンバランスの乱れと判明すれば、甲状腺の機能を元に戻る薬を内服すると自然と抜け毛は治まってきます。

もちろんその間には頭皮の健康の為と、ホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が起こる毛穴の炎症などの外的なケアが必要となってきますが、医師の指示の元行うと精神的にも安心できます。

決して治らない抜け毛ではありませんので、市販の育毛剤を、無知のまま使用することはせず、しっかりとした処方箋にしたがって育毛と甲状腺の治療を行うことが大切です。

甲状腺の機能低下の原因ははっきりとしていません

甲状腺は内分泌器官です。成長ホルモンや若さを保つホルモン、女性らしさを引き出すホルモンなどを分泌する非常に重要な身体の一部です。

身体を作りだすホルモンをつかさどる部分の機能が低下してしまうということは、精神的にも肉体的にもかなりのサインが出ているはずです。

何故、甲状腺の機能が低下してしまうのかは原因がはっきりとしていないことが多く、未然に防ぐことは化難しいと言われています。

その多くはストレスや疲労が原因と思われますが、生活リズムが狂うなど、些細なことで誰にでも起こりうる病気なのです。

そのため、甲状腺と抜け毛との因果関係もはっきり解明されていない部分もありますが、甲状腺から分泌されるホルモンには細胞に直接働きかけるものが多く、新陳代謝にも影響を及ぼします。

薬を服用し、甲状腺の正常な働きを取り戻すことで新陳代謝が活発になり、健康な髪の毛を育てる育毛サイクルが整ってくるのです。

身体からのサインを見逃さない

phm06_0100-s甲状腺からは非常にたくさんのホルモンが分泌されており、それらは成長をつかさどるものであったり、新陳代謝を活発にしたり、女性らしさを保つものであったりとたくさんの役割を持っています。

それらのホルモンが全てバランスよく分泌しできている状態が健康な身体を維持できる最適な環境ですが、ストレスや生活習慣の乱れ、疲労や睡眠不足など些細なことでバランスが崩れやすいのも特徴的です。

特に女性は月経など女性特有の身体の特徴がありますので、ホルモンのバランスは崩れやすく、更年期障害なども甲状腺からのホルモン分泌が重要なカギとなるのです。

ホルモンバランスが崩れている時には以下のような身体からのサインが出ているはずですので、無理をせず速やかに医療機関で相談をすることが必要です。

めまい
耳鳴り
抜け毛
不定愁訴
吐き気
気分の落ち込み
細胞や免疫力をつかさどる甲状腺

上記のように甲状腺は非常に繊細です。

免疫力をつかさどり細胞レベルの身体の働きを支配していますので、少しでもつ腸が出てしまうと身体全体に大きな負担がかかることになります。

ホルモン剤を使用しての治療は長期化することがありますので信頼できる医師の元、適切な処置を受けることが重要となってくるのです。

甲状腺の異常により起こる様々な病気

甲状腺の不調により起こる病気は様々ですが、甲状腺の機能が低下する、甲状腺機能低下症では、気分の落ち込みや何となくだるいなど不定愁訴を訴えたり、生理不順を訴える人が多いようです。

細胞の働きが低下することで新陳代謝が悪くなり、しっかりとしたサイクルでの育毛が難しい為、抜け毛や薄毛に悩む人がいるようです。

このような場合は甲状腺の治療をすることで新陳代謝が活発になり、正常な髪の毛の生え換わりサイクルを取り戻すことで育毛効果が期待できます。

また、反対に、甲状腺の働きが活発になり過ぎて過剰にホルモンが分泌されてしまうこともあります。

バセドウ病などが代表的な病気ですが、こちらもしっかりとした治療法がありますので、薬を服用することで抜け毛も自然におさまる可能性があります。

生活リズムを整え甲状腺の病気をしっかりと治療しましょう

甲状腺による抜け毛や育毛の治療は甲状腺の治療を進めることで解決することがほとんどです。焦らずにしっかりと治療をし、自然な育毛サイクルを取り戻すことを心掛けましょう。

ストレスをためず、生活リズムを崩さないことが大切です。

また、甲状腺疾患にかからないようにすることも大切です。

原因がはっきりしないため、誰でもなりうることのある甲状腺疾患ですが、もしもかかってしまった時には基礎体力も多少なりとも治療に影響してくるでしょうから、日頃から暴飲暴食を酒、早寝早起きを心掛け、適度な運動をしておくこともおススメです。

趣味や旅行などストレスをうまく発散し、適度な体力を身につけておくことが病気にならない秘訣なのかもしれません。

甲状腺の働きを理解し、適切な処置を受けましょう

甲状腺の疾患による抜け毛や脱毛はホルモンのバランスが整い、新陳代謝が正常になれば自然と治まることがほとんどです。

髪の毛が抜けてしまったりすることは大きなストレスに感じる方も多く、時には辛い思いをすることもあるかもしれませんが、焦らずじっくりと治療に取りかかることで、特別な育毛の治療は必要なくなるかもしれません。

自分の甲状腺の数値をしっかりと把握し、少しでも身体の不調を感じたら医師に相談すると、早いうちから対策を取ることができ、結果的に早く育毛の効果を実感できます。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る