「はげ」は遺伝で伝わるの?

はげと遺伝

0f84f81816a37a9fd69b59621e880af4_s
遺伝とはげの関係は以前よりテーマとなっていました。

「父親がはげてるから、自分も絶対はげるよ」というような会話は男性ならば誰しもが交わしたことがあるのではないでしょうか。

体質遺伝は様々な病気においても関係性が明らかになってきているもので、糖尿病の遺伝や生活習慣病等も遺伝によって親から子へと受け継がれることになります。この他にも太りやすいか否かについても遺伝が関係してきますし、肌の質についても関連があることが分かってきています。

「はげは遺伝する」という考え方は一般的にも浸透しており、これを考慮する人も多いとは思いますが、真実の程はどうなのでしょうか。

真実は明らかになっていない?

実は、はげと遺伝の関係性は全てが明らかになっているわけではありません。まだまだ研究段階であり、はげが遺伝によって子供へと受け継がれるかどうかは分かっていません。

しかし仮説は遺伝説と遺伝しない説、どちらもいくつも提唱されています。

ただし、どちらも仮説段階に過ぎませんので結論付けるのは早計です。

はげる人とはげない人

abe7f4fa3660420b5773728edc500478_s
頭髪が抜け落ちるか否かは、人の体質と大きく関わっています。そのため髪に悪影響を及ぼすと思われる行為を日常的に行っていたとしても、はげる人とはげない人が出てきます。

これは極論になりますが、どれだけ頭皮環境を清潔に保っていてもはげる人がいれば、どれだけ汚い頭皮環境でもはげない人もいるのです。

そもそも毛が抜け落ちるメカニズムは、男性ホルモンが毛根部にある5αリダクターゼという物質と結び付くことで、悪玉男性ホルモンに変化してしまいます。
このホルモンが毛根部の組織に対して「毛を作るな」という命令を出すことによって薄毛が引き起こされるとされています。

はげる人は悪玉男性ホルモンが出す命令を聞き入れてしまう体質であり、はげない人は命令をあまり聞かない体質であるという仮説が最も有力です。

はげる人は悪玉男性ホルモンに対する抵抗力が弱い人であり、はげない人はその逆であるということです。

現段階では、はげと遺伝の関係性はここまでしか明らかになっておりませんので、一概に「父親がはげていれば子供もはげる」と言うことはできませんが、体質の遺伝により、子供がはげやすいかどうかは判断できることが分かっています。

遺伝によるはげとその対策

親や親せき等がはげている場合は要注意

親や親せきが禿げていない場合には、その体質を受け継いでいる可能性が高いため、子供もはげにくい体質であることが予想されます。
絶対にはげないというわけではありませんので注意しなければなりません。はげにくい体であっても生活習慣によってはげる可能性は充分にあります。

その逆に親やしんせきがはげている場合ははげやすい体質(悪玉男性ホルモンの影響を受けやすい体質)になっている可能性が高いので、日頃の生活に要注意です。

しかし、親がはげているからと言っても、子供が絶対にはげるというわけではありません。
健康的な日常生活を送っていれば、はげない可能性も充分にあるのです。

食生活には特に気を遣うべき

日常生活の中でも特に気を遣うべきなのは食事です。
体を構成する全ての組織が食事によって摂取された栄養によって賄われているので、食事を疎かにしてしまうと髪にも大きく影響を及ぼしてしまいます。

そして、食事にて心がけることは脂を取り過ぎないということです。

脂は必要ではありますが、過剰に摂取してしまうと血液をドロドロに変えてしまいます。

ドロドロ血は血行を悪くする原因であり、血行が悪くなれば髪に届く栄養も減ってしまうため引いては薄毛の原因にもなってしまいます。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは体の成長を促してくれるホルモンですが、その他の働きとして「組織を修復してくれる」効果も持っていますので、髪にとっても重要な成分でもあります。

このホルモンが最も分泌される時間帯は夜10時から深夜2時までの間です。
またリラックスした状態で眠っている時に多く分泌されることになりますので、この時間帯以内は必ず睡眠を取るようにしましょう。

仕事が忙しかったり、家事をしなければならなかったりと、個人によって事情はありますし、睡眠時間を充分に確保できないこともあることでしょうから、少なくともこの時間帯だけは気にしておいた方がよさそうです。

全てが遺伝で決まるわけではない

はげと遺伝との関係性は全く無いと言えば嘘になってしまいますが、それが全てだということは決してありません。はげやすい体質の人もいればはげにくい体質の人もいます。

また、たとえはげにくい体質であったとしても、生活習慣によってははげる可能性も充分にありますので注意しなければなりません。

はげやすい体質の場合には、日頃の生活習慣を正していれば必ずはげるというわけではありませんので、どちらの体質を持っていたとしても、はげないためには日常の生活を健全で健康に過ごさなければならないのです。

また、生活習慣に気を付けていても、既に毛が薄くなりつつある、薄毛が改善されない、といった方はジェネリック育毛剤の使用を検討してみてください。

ジェネリック育毛剤は、育毛に関する有効成分であるフィナステリドやミノキシジルを含む医薬品でありながら、正規版の製品よりも安価に入手することが可能です。

成分は正規版とほぼ同じであるため、同等の効果を期待できる上に、経済的な負担も少ないことが特徴。
基本的に、飲むタイプ、塗るタイプ共に、海外から個人輸入したものを使用することになります。

生活習慣の改善と、こういった医薬品の使用を並行して行うことで、薄毛の改善をさらに効率的に進めることができるはずです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る