血行不良による薄毛の育毛対策

髪と血行不良の関係

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s育毛のケアというと、巷でよく見かけるものにブラシのようなもので頭を叩く頭皮マッサージなどがあります。

マッサージというには頭皮の血行を良くしようという意図があるのでしょうが、頭皮の血行と毛髪にはどういった関連があるのでしょうか。

そして、よく見かける叩く頭皮の血行を促すマッサージは効果がどれほどあるのでしょうか。

他に合わせてやった方が良いものも合わせて、血行不良が与える薄毛への影響も考えてみましょう。

頭皮の血管が栄養を運ぶ

髪を育てるためには、また新たな毛髪を生むためには、もちろん栄養分が必要となります。

その栄養分を運ぶのが、血管です。頭皮の血管は場所によっては細くて弱い毛細血管です。毛細血管は強いマッサージで切れることがあり、適切なマッサージの方法で行うことが重要です。

また、強い血管を作り、血流を良くする食生活も大切です。

さまざまな角度からさまざまな方法で血管を労わり、鍛えて健康な血管を作ることが育毛への近道です。

頭皮を内外から活性化

頭皮はほとんどの部分が薄い皮膚で占めており、特に前頭部から頭頂部は血管も細い毛細血管でできています。

毛細血管は血管の内側や血液自体が良い状態でなければ、血栓で詰まったり、ドロドロの血液だったりするとすぐに詰まって使い物にならなくなります。

前頭部と頭頂部から始まる人が多いのはこれのためです。これを解消しなくては育毛治療の効果も半減してしまいます。

薬を飲んでも血管が通行止めでは、頭皮までそれの成分を届けることができません。

 

頭皮を育てる血行

頭皮は髪の毛を育てる大切なベースです。言ってみれば、髪の毛という作物を育てる畑です。

畑なら常に耕し、土を柔らかくして栄養分を幅広く、十分に行き渡らせることができるように整えておくことが必要です。

薄毛で悩み、育毛を考えているのであれば、土壌とも言える頭皮を放っておくことができるでしょうか。

畑とも言うべき頭皮に栄養を送り込むのは、頭全体に張り巡らされている血管です。血管は酸素や栄養分を体のすべての部位にすみずみまで行き渡らせることができます。

しかし、その血管がダメになったら大きな痛手を受けるのも事実です。

血行不良が薄毛を引き起こす

血行不良というのは、血管の中が何らかの理由で細くなるか、血管の血を運ぶ働きそのものが悪くなることによって起こります。

血管が細くなる原因は、血管の中に邪魔なものができるか、血管自体が細くなるかです。血管の中にできる可能性のある血流を邪魔するものはコレステロール、血栓です。

コレステロールは脂肪でできたかたまり、血栓は文字通り血のかたまりでできた栓のようなもの(簡単に言えば)です。

どちらも血液が流れるのを邪魔します。

血管自体が細くなることもあります。血管はたばこのニコチンの影響で収縮することがあります。血管が収縮して細くなれば、その分栄養を働く量も実質的に減ることは誰の目からも明らかです。

こうして血流が悪くなり、頭皮に必要な栄養が行き届かなくなり、髪を育てることができなくなるのです。

血行不良の人の特徴

血管の状態は外から見ることは不可能ですが、頭皮の状態を見ることで血行不良かどうかが分かる場合があります。

よく、熟練の床屋さんでお客さんを相手に「お客さんは大丈夫だね。」などと話題に出すのも、頭皮の状態を見てのことらしいです。

その「診断」の真偽はともかく頭皮の状態というのは血行が大きく関わっているようです。

  • 頭皮の状態
    まず頭皮を自分で押してみましょう。
    頭頂部の辺りを指で揉むように押してみて、気持ちいいと感じる、弾力があるようなら良好です。
    固くなっていたり押すと痛かったり、反対に弾力がなくブヨブヨしているように感じたら、血行不良の可能性が。
    血液がドロドロと固まっていたり血管が詰まっているサインです。言うなれば、頭の「肩こり」の状態です。
  • 生活習慣
    頭皮は一日にしてならず。頭皮を作り上げるのは毎日の生活習慣です。
    食生活が乱れている人、肉、油が大好きで太り気味の人、忙しすぎて睡眠不足、運動不足の人は、頭皮ばかりか体中の血管が悲鳴を上げているかもしれません。
    規則正しい生活習慣が体の代謝を高め、食べ物が血管などの組織を作り、血液を作るのだということを忘れてはなりません。
血行不良を改善する習慣

血行不良の改善には食事などによって健康な血管や血液を作ることの他に、運動やマッサージによって血管の動きをよくしてやることが有効です。

体の内側から、外側から、総合的に改善を試みます。

  • 食生活で改善
    食生活は血行に大きく影響を及ぼすものです。コレステロールや中性脂肪は血管の状態を悪くします。
    肉類を控えて、青魚や野菜、きのこ類、海藻を中心とした食事に切り替えましょう。
    バランスよく食べることが大切です。
    「栄養素」のバランスなどと考えると面倒ですし、楽しくないでしょうから、並んだ食事を見て「色とりどりできれいだな」と思えるかどうかのチェックだけで十分です。
    食材の色の種類が多い食事は計算せずとも、バランスの良い食事となっていることが多いからです。
    食事は楽しむべきものなので、厳密になりすぎる必要はありません。できれば腹八分は守りたいものですが。
  • 運動とマッサージ
    適度な運動は新陳代謝を促進し、新しい細胞を作ろうとする体の動きを高めます。
    ほどよく疲れることで深く良い眠りを誘う効果も期待できそうです。
    マッサージは頭部だけでなく首、肩も合わせて行います。
    強く叩いたり押すのは、細い血管が切れて逆効果です。
    シャンプーの時にやさしく指の腹で頭皮を揉むように洗うだけでも効果的です。
    サウナも血行を促進する効果があります。

血行不良を改善し、十分な栄養を

血液の流れと生活習慣は、薄毛治療にとても重要なことです。

血管が良いだけでも、食事や生活習慣が良いだけでもダメですが、生活習慣の改善を行うことで血行の改善もされるということです。

つまり自分自身の努力次第で良くなる可能性があるのです。血行不良を改善して、良い栄養を充分取り入れられるよう、生活を変えてみましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る