若年層薄毛の方必見!

薄毛というと、50代や60代以上の男性がなるものというイメージがあります。しかし最近は20代や30代で薄毛になる若年性脱毛症が多くなっているようです。

若年性脱毛症の原因

20代、30代で薄毛になってしまう原因は様々で、食生活が不安定で栄養が偏っていたり、ストレスによって頭皮環境の悪化が悪化して育毛、発毛が妨げられるようになったというケースもありますが、ブリーチによって頭皮にダメージを受けたことが原因のケースもあるようです。

ブリーチで使用する薬剤は刺激が強く、明るい色や金髪や銀髪にする場合は、強い薬剤を使用します。そして体質にもよりますが、その薬剤によって頭皮にダメージを受けてしまう場合があるのです。

 

年齢はもはや関係ない?

若年性脱毛症は20代、30代ばかりか、10代でなる人もいるようで、おでこの生え際が薄くなってしまうM字タイプ脱毛や、つむじのあたりが薄くなってしまうO字タイプ脱毛など、その症状は様々です。

若年性脱毛症は「若いうちから薄毛になった」と、精神的に大きなダメージを受けがちです。そしてそのことでストレスをためてさらに薄毛を進行させてしまう場合もあるようです。

 

クリニックの利用

薄毛の治療には薄毛治療を行っているクリニックを利用する方法があります。薄毛治療は通常、診療とそして医薬品による治療が行われますが、保険が適用されない自由診療のため、一か月に数千円から数万円の費用がかかります。

しかも薄毛治療は継続的に行う必要があることから、治療は大きくなります。安価なジェネリック医薬品を使うことによって薬代を多少抑えることができますが、それでも長期的な治療の間に治療費は大きくなります。そのためクリニックを利用せず、育毛剤などの医薬品を利用する人も多いようです。

育毛剤など薄毛治療の医薬品は日本製のものより海外のものの方が評価が高いことから、輸入医薬品を使う人も多いようですが、輸入医薬品は個人で医薬品を輸入したり、輸入医薬品を扱っている専門サイトで購入する必要があります。輸入医薬品は日本では禁止されている成分が含まれている場合もあるため、利用にあたっては注意が必要です。

 

医療の現状は

しかしながら、高額な治療費をかけてクリニックで薄毛治療を行っても、効果が高いといわれる輸入医薬品を使用しても、現在の医学では、髪の毛の絶対数を増やすにはいたっておらず、必ず希望通りの結果が得られるものではない状況です。

そのため、日頃から若年性脱毛症にならないよう、頭皮や髪の毛をケアすることが大事といえるでしょう。

 

生活習慣を見直してみることも大切

若年性脱毛症は遺伝が原因のケースもありますが、栄養が偏った食生活を送っていたり、十分な睡眠をとっていなかったりといった生活習慣による頭皮環境の悪化のケースも多々あるため、生活習慣の改善を検討しましょう。若年性脱毛症の対策として、頭皮の汚れを落とすためにシャンプーをよくする人が多いようですが、シャンプーのし過ぎによって雑菌の侵入を防ぐ皮脂を落とし過ぎてしまい、その結果雑菌が侵入して頭皮環境が悪化するといったように、誤った薄毛対策によって薄毛や抜け毛を招いてしまうケースもあるようです。

薄毛対策は、正しい対処法を行うことが大事です。ブリーチやカラーリングやパーマなども体質などによって頭皮環境を悪化させて薄毛や抜け毛を招いてしまうため、注意をしましょう。

 

同じ薄毛でも男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが原因で発症するものです。男性型脱毛症は多くは40代以上の男性に発症するものですが、20代など若いうちから発症する場合もあります。

AGAはストレスや生活習慣の乱れによって頭皮環境が悪化して髪の毛に十分な栄養がいきわたらなくなることによって発症、そして進行します。薄毛対策には規則正しい健康的な生活習慣を身に着け、髪の毛にも栄養素がいきわたるように、バランスのよく十分な栄養を摂ることが大事です。

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る