女性の更年期

髪のボリュームが年齢とともに出にくくなってしまったと感じて居る人も少なくないと思います。加齢による薄毛というのは男性だけでなく女性にとっても大きな悩み。いや、むしろ女性の方が深刻な心理的ストレスになってしまう可能性すらあります。このように、女性の更年期による薄毛には、どのような対策を行うべきなのでしょうか。

ドライヤーのあて方で増やすボリューム

まず、重要になってくるのは、シャンプー後などに行われるドライヤーの風のあて方です。ドライヤーの掛け方によって、髪のボリュームを調整することが出来ます。具体的な方法としては、立ち上げるように髪の根元から、頭頂部に向けて下からドライヤーをあてていくとよいでしょう。こうすることによって髪の間に空気が含まれ、いつもよりも髪のボリューム感が増しているように見えるはずです。

食事で女性ホルモンの低下に対する対策

更年期はシニアの女性にとって大きな問題となるうちの一つです。その中でも抜け毛や薄毛は女性ホルモンの働きが低下するため次第に増えていきます。このような事態を防ぐためには一体どうしたら良いのでしょうか。それは、生活習慣を変えることによって育毛物質IGF-1を増やすことに秘密があります。空腹の時間が出来ると、「グレリン」というホルモンが胃から分泌されます。そのグレリンが増えることによってIGF-1が比例して増えていくのです。さらに、低GI食品は血糖値の上昇を抑えるため腹持ちが良く、こちらもIGF-1を増やす働きがあるとされています。代表的な低GI食品はそば粉、玄米、ヨーグルト、大豆などがあるため、低GI食品を使ってIGF-1を増やしたいと考えている人は積極的に摂取してください。食事の習慣を使って薄毛対策をする方法は他にもあります。女性ホルモンの減少を補うためにイソフラボンを取り入れることで、結果的に薄毛の対策にもなりますし、ホルモンバランスを整える働きを持っているミネラルやビタミンをバランスよく摂取することで、女性ホルモンの働きを正常に保ち、髪の毛のケアに役立つことでしょう。そして、何より気をつけるべきなのは、極端な食事制限を必要とするダイエットです。こちらはホルモンバランスを乱し、さらには必要な栄養素を体に取り入れることが出来ていない状態になるため、髪の毛に深刻なダメージを与えることになります。このように食事は女性の髪にとって大きな影響を与えるのです。空腹の時間を作ることで生み出す「グレリン」、血糖値の上昇を抑える「低GI食品」などをうまく利用して薄毛対策に役立ててください。

生活習慣で薄毛を改善予防する

女性ホルモンを減少させる原因には、加齢はもちろんのこと、過剰なストレスや睡眠不足、栄養のバランスの偏り、また運動不足や喫煙などが挙げられます。もしもこのような生活習慣が自分にあてはまるとしたら、まずはそこから改善していくことが薄毛解消の近道になると言えます。しかし、都合上こういった習慣を改善するのが難しいという人は恋愛映画を観ることがオススメです。その理由は、心にときめきを感じると女性ホルモンが活発的に分泌されるため、薄毛対策の役に立てます。忙しくて恋愛をしている暇がないという人でも、心が動くような素敵な映画を観ることで、女性ホルモンの働きを促してください。それでも薄毛が心配だという人は、ジェネリックや輸入医薬品の育毛剤を使用してみるのも良いでしょう。ジェネリックの育毛剤は安いだけでなく、安全性も比較的高いとされていて、あえてジェネリックを使用するという人も少なくありません。また、輸入医薬品は国内では買うことの出来ない製品を使うことが出来るので、新たな効果に期待することができます。輸入医薬品は主にネットでの通販で購入するのが一般的ですが、詐欺などに巻き込まれないように注意しましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る