AGA男女比較

男性だけの症状だと思われがちなAGAですが、女性にもAGAの症状があることをご存知でしょうか。女性のAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれ、FAGAと略されて呼ばれます。FAGAの症状と男性が発症するAGAとの違いは一体どのようなところにあるのでしょうか。

女性の脱毛のタイプとは

女性の脱毛症にはルードヴィヒ分類というタイプ分けがされます。ルードヴィヒ分類はⅠ型からⅤ型までに分類され、それぞれに特徴があります。Ⅰ型は頭頂部が正面から薄くなっている状態で全体に影響を及ぼします。Ⅱ型はそれと比べて脱毛の範囲が広がっている状態です。Ⅲ型はAGA(男性型脱毛症)によく似ています。脱毛の範囲が正面から交代している状態です。Ⅳ型は瘢痕生(はんこんせい)脱毛症と呼ばれ、毛包が破壊されてしまった状態です。この状態になると髪の毛が生えてきません。Ⅴ型は脱毛症の原因が薬剤やホルモンバランスの異常である状態です。FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれる女性のAGAです。身体に過度な負担がかかるダイエットやストレス、老化や経口避妊薬などの様々なことが原因であると言われています。

女性のAGAの特徴があるのか

男性ホルモンの働きかけにより髪に影響を与えるAGA(男性型脱毛症)。それが女性にも関係があるのは不思議だと思われるかもしれません。しかし、女性の体にも男性ホルモンであるテストステロンやジヒドロテストロンは存在しています。男性と同じく、体内で合成された男性ホルモンが髪の毛に影響を与えます。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが取れている状態である場合には髪の毛に悪い影響を与えることはありませんが、加齢によって減少した女性ホルモンによって薄毛は進行していくリスクが上がります。

女性ホルモンの分泌量が減少していくのは早い人で35歳前後だと言われています。女性ホルモンの減少がFAGAの要因であると言われているのは、このようなメカニズムが働くためです。そのため、FAGA(女性男性型脱毛症)は更年期の女性に多い傾向にあると言われています。しかし、過度なダイエットや生活習慣の乱れによる栄養不足、人間関係や仕事などによるストレスの影響とそれによる睡眠障害、貧血などにより10代や20代などの若い世代の女性による貧血も多くみられます。つまり、どの世代にも薄毛の危険性があると言えるでしょう。男性の薄毛も深刻な問題ですが、女性にとって薄毛はより深刻なものであると言えます。ライフスタイルの変化や忙しい現代社会の影響により、脱毛や薄毛の悩みを持つ女性の数は年々増えています。

女性のAGAの特徴としては、髪の毛が細くなることで頭髪が全体的に薄くなることがあげられます。局部的に髪の毛が抜け落ちるような特徴はあまりありません。この点が男性が発症するAGAとの違いといえるでしょう。髪の毛の成長が止まってしまう休止期毛が増えてしまうことで抜け毛が増加します。その後脱毛症には進行してしまう特徴を持っています。よくありがちな前頭部の生え際が後退していくような症状はなく、頭髪全体の髪の毛が抜け落ちていく傾向にあります。AGAと比較してみると、脱毛している部分の境目がはっきりと分からないという点において、男性が発症するAGAとの違いがあると言えます。

FAGA(女性男性型脱毛症)はどうしたら治すのか

主にAGAの治療で使われるプロペシアといった抗アンドロゲン薬はFAGAには使いません。そのため、ミノキシジルを使用し、血行を促進して発毛を促すといった治療が行われます。その他、原因とみられる生活習慣を止めるよう指示がされます。AGAに比べて比較的FAGAは治療がしやすいとされます。しかし、発毛を促進させたいからと言っても女性が使用してはいけない育毛剤も存在します。どのような育毛剤を使えばよいか悩んでいるときはジェネリックを使う選択もあります。ジェネリックは副作用の心配も少ないためジェネリックを使用することをオススメします。また輸入医薬品には日本で手に入らない製品もあります。輸入医薬品はインターネットで購入することが出来ます。ジェネリックと輸入医薬品をFAGAの治療に役立ててみてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る