薄毛への不安、意外や意外20代男子がダントツ

美容に関して調査研究を行っている機関が薄毛に関する意識調査2017というものを実施しました。薄毛に関する意識調査2017ではいろいろと興味深いデータが得られています。

薄毛に関する意識調査2017の結果について

まず薄毛対策のためにかけても良いと思えるお金については男性の方が金額が全体的に高めでした。これは多くの方が予想した結果でしょう。しかし、年代別を見てみると以外なことに20代の男性が最も高いという結果が出ました。その次が30代となっています。イメージとしては中高年の男性の方がより多くのお金をかけたいと考えていそうですが実際のアンケートでは異なる結果が得られたのです。ちなみに女性の方ではどの年代についてもあまり結果は変わりませんでした。

さらに薄毛について将来に対する不安に関するアンケートも行われています。こちらでは男性は年々”不安”は減少している傾向があります。20代がとても不安を感じており、年齢とともに年々”不安”は減少していくという結果が得られたのです。一方女性については、20代から50代までが同様に薄毛のことに関して不安視しています。このように男女において違う傾向がみられるのです。

男性は異性を女性は同棲を意識する

まず薄毛について話したいと思うかどうかというアンケートでは男性の20代がトップとなりました。次いで30代も高い結果が得られました。一方女性の場合はどの年代についても、他人と薄毛についてあまり話したくないという消極的な結果が得られました。

また、薄毛について誰からの目線が気になるのかというアンケートを実施しました。こちらによると、女性の場合は同性の目を意識して、男性の場合は異性の目線を重視する傾向にあるという結果が得られました。また、男女ともに一番多い回答は他人の目すべてという結果となりました。

基本的に男性というのは同姓からの目線というのはほとんど気にしていないことが分かります。そのため男性同士で薄毛のことについて悩みを分かち合うことも問題なくできる場合が多いです。一方、女性の場合は異性よりもむしろ同性の目を気にするという傾向があります。そのため、同姓に対して自分の薄毛の悩みを相談することも躊躇してしまうことが多いようです。このように意識調査の結果から面白い傾向があることが分かりました。男性も女性も薄毛を気にすることは共通しているのですが、意識の仕方には違いがあるのです。

薄毛を解決したいならば育毛剤を用いる

男性でも女性でも薄毛を改善させたいならば、育毛剤を使うことをおすすめします。育毛剤にもいろいろな種類があります。安さを重視するならばジェネリックが良いでしょう。ジェネリックは研究開発の費用がかかっていないため安いです。ジェネリックは特許の切れた商品の成分を真似してつくられているからです。そのため成分は安全であり、確かな効果を期待できるのです。育毛剤以外でもさまざまな分野にジェネリックはあり、その有用性は評価されています。

輸入医薬品を用いるという方法もあるでしょう。海外で売られているものを個人輸入によって購入することができるのです。輸入医薬品の中には日本で販売されていないものもあります。また、日本でも売られていたとしても、日本よりも安く販売されているケースもあります。さまざまな点でメリットがあるため、こちらもおすすめします。

育毛剤は慎重に検討してください。自分の悩みや不安にあったものを選びましょう。そうすれば大きな効果を期待できるでしょう。いろいろなタイプの育毛剤が存在しています。それを使うことによって、薄毛の原因を解消することができて、髪の毛が元気に成長してくれるようになるのです。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る