ハゲーーーーー!は出していこう!!

薄毛の方は、帽子やカツラで隠しがちですが、実はこの帽子やカツラでハゲの部分を隠す事が、余計に薄毛の症状を悪化させてしまう事になっているという噂があるのです。そこでこちらのページでは、ハゲをこれ以上進行させないための基礎知識をご紹介させて頂きます。

帽子が薄毛に悪いと言われてきた根拠

帽子で薄毛を隠すと薄毛の症状が悪化するというのは昔から言われ続けてきた事です。色々な理由が語られてきましたが、大きく分けると3つに分類される事がわかりました。1つ目は、帽子をかぶる事によって頭皮が蒸れる事です。帽子をかぶると空気の循環がおこりませんので、頭皮が蒸れやすく細菌が繁殖してしまい、頭皮環境が悪化してしまうために薄毛が進行してしまうという理由です。2つ目は、髪がつぶれてしまって薄毛に見える事です。帽子をかぶると帽子の重みで髪の毛が寝た状態で癖付けされてしまいます。その為ぺちゃんこに見えてしまうので薄毛に見えやすいといった事があります。また、帽子をかぶると汗もかいてしまいますので、濡れた頭皮が余計に髪の毛のボリュームを落としてしまい、余計に薄毛に見えやすくなっております。3つ目は、帽子が髪の毛や頭皮とこすれて摩擦が起こる事です。帽子をかぶることによって、常に髪の毛や頭皮が帽子とこすれている状態になり、その摩擦で髪の毛が抜けてしまうという理由です。しかし、これらは2017年の7月現在においては、どれも薄毛の理由になりにくい事がわかっております。

帽子が薄毛にならない理由

1つ目の帽子をかぶると蒸れるというのは、確かに頭皮にとってはあまり良い影響を与えないかも知れません。当然細菌なども沢山繁殖しやすくなってしまいますが、そこまで心配するほど薄毛の症状を悪化させるものではありません。2つ目の髪の毛がつぶれるというのも単に見た目だけですので薄毛の原因にはなりません。もっとも薄毛の方が帽子を取った時に薄毛が強調されるので薄毛に見えるといった事が原因となっている可能性はあります。3つ目の帽子の摩擦は、多少はあるかも知れませんがさほど注意する必要はないそうです。帽子を取った時に髪の毛が付いているのは、帽子をかぶっていなくても抜けていた髪の毛ですので心配いりません。

帽子の選び方が重要です

帽子はしっかりと紫外線を防いでくれて脱ぎやすい物を選ぶ必要があります。また、定期的に帽子を着脱する時間を作り、頭皮環境を正常にしてください。通気性の悪い帽子やサイズの小さい帽子は、血行不良が行ってしまったり、汗(アルカリ性)を必要以上に出してしまって、頭皮環境に悪影響を与えてしまう可能性があります。もし、汗(アルカリ性)が大量にでたり、血行不良などになってしまう場合には、帽子の種類があっていない可能性がありますので帽子を選び直してください。

紫外線の影響

年々紫外線の量が増えておりますので、帽子などによって頭皮ガードする必要があります。頭皮のガードが疎かになるとマラセチア菌などによって炎症し、頭皮環境が悪化してしまいます。元々マラセチア菌は、人間が生まれながらに持っている細菌ですが、ダメージなどによって炎症が強くなると薄毛の原因になってしまいます。マラセチア菌による炎症の中には紫外線も含まれますので、慎重な対応が必要になります。

汗(アルカリ性)などが大量に出る場合などは、定期的に帽子を外したり、帽子の材質を変える事で十分に対応できます。血行不良などは、ジェネリック輸入医薬品などと帽子を併用することによって十分にカバーする事ができます。ジェネリック輸入医薬品は非常にリーズナブルなものが増えていますが、体質や薄毛の原因にとっては合わない物もありますので、レビューなどをチェックしてジェネリック輸入医薬品を購入するようにしてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る