産後の抜け毛

女性の方が出産後に抜け毛が急激に増える症状に悩んでいる方は多いことでしょう。この産後に抜け毛が増える症状は一過性のパターンが多く、大抵はそこまで心配しなくても良いというケースがほとんどなのですが、人によっては症状が重くなったり、思ったよりも期間が長くなってしまい、不安になってしまうこともあります。当然、個人差があることですが、産後の脱毛はほぼ必ずと言っていいほどに発症するものです。そこでこちらのページでは、出産後に抜け毛が増える産後脱毛症について詳しく調べてきましたのでご紹介します。

産後脱毛症の原因とは

産後脱毛症の事をご紹介する際に、まずは原因について理解して頂くのが一番わかりやすいと思います。産後脱毛症は、女性ホルモンバランスが崩れてしまうのが主な原因となっております。妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンが通常よりもかなり増えてしまいますので、ホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。通常ですと髪の毛は一定のサイクルで生え変わっているのですが、ホルモンと髪の毛はとても密接な関係をしておりますので、ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンが増えてしまうと髪の毛が抜けにくくなります。これは、髪の毛だけでなく、体毛なども増えてしまい、毛深くなる事もあるようです。そして、出産が終るとプロゲステロンとエストロゲンが通常に戻りますので、プロゲステロンとエストロゲンが増えていた為に抜け落ちなかった毛が一斉に抜け落ちてしまうのです。それによって、産後脱毛症の症状が現れるという事なのです。

産後脱毛症の対処法

産後脱毛症は決して病気ではありませんが、あまりに長く症状が続いてしまうと不安に思われると思います。その為、なるべく産後脱毛症の症状を終わらせるためには、正しい対処法を学ぶべきだと言えます。産後脱毛症の正しい対処法としましては、規則正しい生活をする事によって生活のリズムを整える事、質の良い睡眠を多く取る事、ストレスを溜めない事などが挙げられます。しかし、出産後は色々な環境が変わっておりますし、何よりお子様の夜泣きなどもありますので規則正しい生活や睡眠時間の確保は難しいと言えます。その為、産後直ぐのタイミングは、ご両親などなるべく頼れる方がいる場合には頼る事も必要だと言えます。

産後脱毛症は食事も重要

産後脱毛症の方は、食生活にも気を付けるようにしてください。産後脱毛症には亜鉛や鉄分などのミネラルがとても重要になります。ミネラルは髪を育ててくれる大事な栄養素です。亜鉛や鉄分などのミネラルはわかめやひじき貝類、ホウレン草やレバーなどから摂取する事ができます。豚肉、レバー、大豆、まぐろやカツオなどに多く含まれているビタミンB群なども産後脱毛症にはとても有効な栄養素です。ビタミンB群には、頭皮の環境を正常な状態に整えるだけでなく、髪の毛の主成分であるたんぱく質と一緒になり、髪の毛の生成を促す役割があります。特にたんぱく質の中でも大豆に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしますので、産後脱毛症のようなホルモンバランスが乱れている時などには最適です。髪に艶とコシを与えてくれるカルシウムも重要な栄養素です。特に出産後はカルシウムが不足しがちですので積極的に摂取するようにしてください。

薄毛には、ジェネリック輸入医薬品などがとても効果があります。色々な薄毛に合わせた効果のあるジェネリック輸入医薬品も増えておりますので使い分けて薄毛対策を行えるようになりました。しかし、産後脱毛症の場合には、出産直後のホルモンバランスの乱れが原因となっておりますので、ジェネリック輸入医薬品に頼らずともホルモンバランスを正常に戻す事によって徐々に改善していきます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る