女性薄毛の若年化が進む…。対策方法とはいかに??

薄毛は加齢とともに進むもので、若い間は薄毛で悩むことはないと思っていたら、それは大きな間違いです。近頃「まだ20代なのに抜け毛が多い」と感じている女性が増えており、薄毛に悩む若い女性が多くいます。男性の薄毛は「男性型脱毛症(AGA)」と呼びますが、実は女性の薄毛にも症状名があり「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれているのです。今はまだ大丈夫と思っている方でも、近い将来もしかしたらFAGAで困ってしまう可能性があるかもしれません。AGA同様FAGAは輸入医薬品で治療することもできますが、まずは未然に原因、対策方法を知っておきましょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)とは

女性男性型脱毛症(=FemaleAGA)は、女性の薄毛症状を指す言葉で「びまん性脱毛症」と呼ばれることもあります。AGAは頭頂部と髪の毛の生え際が薄くなる特徴がありますが、女性男性型脱毛症(FAGA)は髪の毛が細くなり、全体的に薄くボリュームのない髪の毛になってしまうのが特徴です。女性男性型脱毛症(FAGA)は、髪の毛のカラーリングやスタイリング剤で頭皮を傷めてしまうと発症する可能性がありますが、大きな原因は女性ホルモンの減少です。身体の中には女性ホルモンと男性ホルモンの両方が備わっており、女性ホルモンには髪の毛の発達を促してくれる「エストロゲン」があります。女性ホルモンが少なくなるということは、「エストロゲン」が少なくなること。そのため、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛を進行させてしまうのです。AGAとFAGAは言葉では女性と男性で区別されますが、症状の仕組みはどちらも同じなのです。

薄毛が若年化している原因

女性ホルモンの減少は食生活の乱れや睡眠不足などが原因ですが、特に20代女性が抱えている原因として「ストレス」があります。20代というと、大学生は過剰なダイエットや夜更かしで食生活の質が悪化します。大学を卒業し新社会人になると、慣れない生活サイクルに加えて人間関係の悩みも増えてくるでしょう。このようなことから、若い人ほどストレスを抱えがちになります。ストレスが溜まると女性ホルモンが減り、その結果抜け毛の原因となるという悪循環に陥るのです。

抜け毛抑止の対策

抜け毛対策としてはやはりストレスを溜めないことですが、第一に睡眠をもっと大切にしましょう。22時~2時の間は成長ホルモンが多く分泌する時間帯なので、その時間帯には寝ていることが望ましいです。また、頭皮マッサージを行うのも効果的なので試してみてはいかがでしょう。それでもFAGAが深刻化してきたら医療機関での治療をおすすめします。治療薬としてはタブレット型のミノキシジルやパントガールを使用します。他には育毛メソセラピー(育毛効果のある薬を頭皮に注入する方法)も治療の一つです。もし自分で育毛剤を購入する場合は、なるべく女性専用のものを選ぶようにしましょう。女性は男性の育毛剤に含まれる輸入医薬品を使用できない場合があるため、間違ったものを選んでしまうと頭皮に刺激を与えすぎたり身体に悪影響を及ぼしたりします。そのようなリスクを避けるためには、まず一度専門医に相談するのがベストでしょう。

今や抜け毛の悩みは中年男性のものだけではありません。現代において、薄毛の若年化は深刻な問題となっています。若いうちから輸入医薬品を使用するのが怖いという方や、女性で薄毛に悩んでいるなんて恥ずかしいと思っている方がいるかもしれません。しかし若いからこそ薬を使わなくても、普段の生活を見直すだけで改善されることがあります。まずは、女性ホルモンの減少を食い止める対策を実践するだけでも効果は十分見込めるのです。人それぞれに合った様々な治療方法がありますので、悩んでいる方は何らかの対策をとってみてください。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る