最近抜け毛が多い…。どのくらい抜けたら危険信号なのか!?

お風呂場や鏡で自分の姿を見た時など抜け毛が目立つ場所は様々ですが、最近抜け毛が気になり始めた方もいらっしゃるでしょう。もしかしたらそれは「異常脱毛」の可能性があります。「まだ薄毛は実感していなかったが抜け毛の量が多い」と焦ってジェネリックや輸入医薬品を使用する必要はありません。髪の毛には抜けやすい時期がある上に「異常脱毛」かどうかのチェック方法もありますので、まずはそれをお試しください。

「自然脱毛」と「異常脱毛」

人間と同じように髪の毛1本にも寿命があり、成長期(2~6年)、退行期(2週間)、休止期(3~4ヶ月)を繰り返し、生えては抜けてまた生えてのヘアサイクルを持っています。何をしても髪の毛は必ず抜け落ちるため、毎日少しずつ抜け毛が見られるのは正常な証拠です。脱毛には「自然脱毛」と「異常脱毛」の二種類が存在しますが、毎日の抜け毛は前者にあたります。一方「異常脱毛」は一般的に薄毛と呼ばれるものすべてを指し、AGAもこの一種です。

「異常脱毛」のラインは100本から

毎日の抜け毛と言っても、どのくらい抜けたら「異常脱毛」の可能性があるのでしょうか。「自然脱毛」で抜ける髪の毛は一日に生え変わる量であり、平均50~100本と言われています。逆に言えば、100本以上は「異常脱毛」の範囲になるということです。大体150~200本が目安になるでしょう。それでも髪の毛には抜けやすい時期が存在し、季節の変わり目はそれに当たります。特に夏~秋は抜け毛の季節です。夏の間は強い日差しを受けるため、紫外線による頭皮のダメージが大きくなります。さらに、冷房によって頭皮が乾燥したり汗で皮脂が多くなったりする時期です。皮脂は頭皮環境を悪化させてしまうため、さらに髪の毛が抜けやすくなります。夏は髪の毛の敵が多く存在し、頭皮環境は最悪と言って良いでしょう。多い時では200~300本抜けますが、季節が変わり落ち着いてくるとまた元のように戻るので大丈夫です。

「異常脱毛」のチェック方法

髪の毛の本数は数えてみないと分かりませんが、自分に薄毛の可能性があるかどうかを確認する方法があります。毎日行っているように洗面台で髪の毛をブラッシングするだけです。そうして抜けた髪の毛の状態をチェックしてみてください。髪の毛が太い、長い、毛根が丸く膨らんでいる状態であれば、それは正常な状態なので何の心配もありません。髪の毛が細い、短い、毛根が痩せ細っている、形がいびつである場合は、髪の毛に何らかの異常が発生している証拠です。「異常脱毛」の可能性が高いので、危機感を抱いた方が良さそうです。ただし細くて短い髪の毛でも、髪の毛が最後まで成長し切っていない場合があります。そのような髪の毛が増えてきたと感じ始めたら、対策をとる必要があるでしょう。

抜け毛は食生活、喫煙、ストレス、頭皮トラブルが原因となります。特に頭皮環境は抜け毛を防ぐ際に重要となるポイントです。ジェネリック輸入医薬品で対処する前に、スタイリング剤をたくさんつけすぎないようにしてなるべく頭皮を清潔に保ちましょう。もし薄毛が気になり始めたら、まずは今の自分の生活を見直し、さらに薄毛の種類を確認してみてください。薄毛と言えばAGAが有名ですが、円形脱毛症や粃糠(ひこう)性脱毛症など薄毛の症状は他にも存在しています。自分の現状はどうなっているのか、どのような症状なのかを把握しておくことが大事です。また、薄毛は遺伝から発症する場合もあります。両親、祖父母に薄毛の方がいたら要注意です。今はまだ大丈夫でも、将来抜け毛が多くなるかもしれません。その場合はジェネリックや輸入医薬品で早めに対処すれば、進行を食い止められるので悩まずに相談しに行きましょう。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る