みんな結構気にしてる??20代の半数が月1万円以上を薄毛対策に捧げている!

以前は薄毛と言ったら30代後半の中年男性が悩む問題だったのですが、最近では20代の方でも薄毛に悩んでいる方が増えて来ています。そのため、20代の半数が月1万円以上を薄毛対策に捧げているというネット調査などもあり、薄毛は成人男性の方でしたら誰もが悩む問題になっております。

薄毛の意識調査

毎年行われている薄毛のネット調査は、その時代の薄毛の意識を反映させた物になっております。薄毛の意識調査によると、薄毛を気にしている相手は男性と女性によって異なっており、男性は職場の異性の目が気になっており、女性は同じ女性の友達が気になっております。薄毛は男性の方が女性よりも早く気になりだしてがいますが、女性の方でも薄毛を気にしている方が増えている傾向にあります。薄毛は日本人でしたら誰もが悩む可能性のある症状だという事がわかります。

クラシエ薬品とは

薄毛対策に興味のある方の注意を集めているのがクラシエ薬品です。このクラシエ薬品は、アイスやお菓子、入浴剤、ボディソープ、健康食品、フェイスケア、デオドラントクリームなどわたし達の生活に密接に関係している様々な物を作っているクラシエホールディングスの中の薬品事業を担っている所になります。医療用漢方製剤に関しての信頼が高く、最近では薄毛対策などにも積極的な対応を見せています。

クラシエ薬品が行った薄毛や抜け毛に関するインターネット調査

クラシエ薬品は2016年に薄毛や抜け毛に対するアンケートを実施しました。そのアンケートによると成人男性の2人に1人以上が薄毛や抜け毛が気になっているというアンケート結果がでました。30代にもなるとAGA治療に興味がある方の割合が増え始め、その数は20代のおよそ二倍近くになるデータもあります。AGA治療は働き盛りの男性の方でしたら是非とも知っておきたい内容になるのです。

AGA治療にはジェネリックや輸入医薬品を使う傾向が

AGA治療にはジェネリックや輸入医薬品を使う傾向が増えて来ています。これまでのAGA治療に必要なお薬は、どうしても効果な物が多く、経済的な負担になっておりました。特に30代以上の結婚して家庭を持っている男性によっては、AGA治療にかける事ができる予算という物は限られてしまいます。20代の独身男性よりも30代、40代と年を重ねる事によって家庭がありますので、自分のAGA治療にかける事が出来る予算が減っていきます。予算が減っていくのに反してAGAの進行は進んでしまいますので、必要な治療費は高くなる傾向にあります。

AGA治療は即効性はありません

基本的にAGA治療を行う場合には、効果が出るまでの期間がある事を知っておく必要があります。そのため、最初はどんなAGA治療薬をしようしてもすぐに効果を実感することはできません。それはジェネリックであっても輸入医薬品であっても同じ事です。また、AGAの進行を遅らせるためには若い頃から積極的にAGA治療を行う事が重要になります。そのため、40代になって初めてAGA治療を行う方と、20代からAGA治療を行う方は、最終的な髪の毛の量が全然違ってくるのです。

最近では、AGA治療薬もかなりリーズナブルな物が登場しております。以前はあまりに高くて使用する事ができなかったAGA治療薬も次々とジェネリックが登場しておりますので金銭的な負担が少なくなっております。特にフィナステリド・デュタステリドはかなり高品質のジェネリックが登場しているので安心して使用する事が出来ます。中には輸入医薬品としてでしか使用できないAGA治療薬などもありますが、多くの薄毛対策に効果的な治療薬をリーズナブルな価格で購入できますので、薄毛対策に興味がある方は、なるべく早く治療をはじめる事が重要になります。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る