年齢によるも毛量の減少と対策

投薬以外で毛量対策

phm06_0071-s
40歳から50歳という年齢は働き盛りではありますが、それに対して体の機能が徐々に衰えていく時期でもあります。

事実、この年齢あたりから毛量が減っていく人が多く、目に見えて薄毛化が進んでいく時期でもあります。皆さんの中にも、だいたいこの辺りの年齢の人には薄毛化が進んできている人も多いのではないでしょうか。

年齢と薄毛の関係は以前より研究が進められてきたテーマでもあり、現在ではその改善方法も考案されてきています。

薬の力を借りて改善するという方法もありますが、年齢による諦めから「薬を使うほど気にはしていないが、費用もかけずに薄毛化を改善したい」と感じている方も多いと思います。

そんな方には生活習慣による改善方法をお勧めします。

生活習慣と薄毛の関係

薄毛の原因は個人によって異なりますので、一概にどれが原因だと言うことはできませんが、それでも多くの人に当てはまるのが悪い生活習慣が続いているというケースです。

お酒を飲みすぎしまっていたり、食事の栄養バランスが偏っていたり、その他にも睡眠時間を充分に取れていないケースや運動不足が続いているというケースなどが薄毛の原因になっている可能性が高いです。

逆に言えば、現在薄毛化が進んできている人は薬に頼らずとも、原因になっている生活習慣を改善していけば薄毛化を防ぐことが可能ということです。

薬を服用すると、かなりの確率で効果を得られることにはなりますが、値段が高かったり副作用もあったりと、リスクや弊害が起きてしまう可能性があります。

そのため、可能な限りは投薬による薄毛化進行防止を図るべきではないのです。
薬は最後の手段にとっておいて、まずは生活習慣の改善による薄毛化防止をしていきましょう。

成長ホルモンと薄毛


成長ホルモンと聞くと、体の成長のために必要なホルモンであると捉えられがちです。勿論その効果も持っていますが、もう一つ、壊れた組織の回復という効果があります。

この効果は毛髪においても重要です。
成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されることになりますので、不規則な生活を送り、一定の睡眠時間を確保できていない場合には不足してしまうことになります。

またこのホルモンは加齢につれて減少する傾向があることも分かっています。

若い頃と比較してただでさえ減少しているホルモンを、不規則な生活によって、より減少させてしまうことは、毛髪にもダメージを与えてしまうことにつながりますので、まずは睡眠時間の確保から始めてみることをお勧めします。

すぐにでも実践できる対策方法

生活習慣の改善と言っても、どのような生活が健康的な生活であるかはなかなか把握しづらいと思いますので、まずは次のことから始めてみてください。

またできていると思っていても実は健康的でないというケースもありますので、ご自身の生活習慣と比較してみましょう。

10時から2時までの睡眠

まずは睡眠時間についてですが、ただ闇雲に睡眠時間を確保すれば良いというわけではありません。
睡眠中に髪へ影響を与える成長ホルモンが分泌されることは前記の通りですが、実は、睡眠を取る時間帯によって成長ホルモンの分泌量は変化してきます。

最も分泌されるのは夜10時から深夜2時までの間ということが研究により分かっています。
この時間帯以外の睡眠でも一応ホルモンは分泌されることにはなりますが、その量はこのゴールデンタイムと比較すると微々たるものです。

したがって、深夜まで夜更かしすることは避けて、この時間の間に寝つけるように注意して生活を送る必要があります。

脂っこい食事はNG

食事と毛髪が抜け落ちることについては大いに関係があります。

抜け毛の原因であるテストステロンという物質は、ある程度は必要であるものの、一定以上に増えてしまうと毛を抜けさせるように指示するという悪さを働くことになります。

脂っこい食事ばかりになってしまうと、このテストステロンを多く分泌させてしまうことにつながり、これが原因で薄毛化が促進されてしまうのです。
したがって脂が多分に含まれる食事は避ける必要があるのです。

しかし、脂質も体の維持のためにはいくらかは必要となります。要はバランスがしっかりと取れているかが重要となりますので、その点だけは注意しなければなりません。

また、当然ですが薄毛化を食い止めるためには野菜も必須です。

毎日のシャンプー

毎日のシャンプーは欠かせず行った方が良いです。
毛穴に残った汚れは勿論洗い流さなければなりませんし、溜まっている皮脂も抜け毛の原因となりますのでこれを落とす意味も兼ねてシャンプーは必ず行ってください。

ただし、必要最低限の皮脂まで流してしまうと、それはそれで悪影響が出ることになりますので注意が必要です。

洗いすぎず、洗わなすぎず、適度を目指していきましょう。

それでもダメならジェネリック育毛剤を

生活習慣を改善することで、ある程度薄毛化を食い止めることが可能です。

また、生活習慣さえ良くなっていれば、たとえ薬を服用して薄毛を治そうとした時にも、根本の原因を絶っているため、薬の力を最大限に引き出すことが可能となります。

毛髪は、最低でも6カ月程度経たなければ目に見えてきませんので、まずは生活習慣の改善を半年間続けてみてください。

それでもダメだった時には、安価かつ高い効果を持つジェネリック育毛剤の力を借りてみましょう。
塗るタイプ、飲むタイプと、さまざまな種類がありますから、自分に合ったものの使用を検討してください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る