加齢での薄毛は育毛できる?

加齢と薄毛の関係

頭皮がさみしくなると、なんとなく老けて見えたりするものですが、年をとると髪が抜けたり、薄くなるのは仕方のないことなのでしょうか。

確かに病気の場合を除き若い学生が育毛に励んでいたり、薄毛を気にしていることは少ないように感じます。

また、漫画やイラストでも、頭髪の薄い中高年男性をよく見かけるような気がします。加齢は薄毛とどう関係しているのでしょうか。

そして、年をとったら育毛しても効果はないのでしょうか。

加齢と薄毛は切り離せない関係

FQ126_L年とともに減っていくパワー、持久力、情熱、そして頭髪。これらはすべて老化によって起こりますが、厳密にいえば、加齢によって起こるのではありません。

加齢によって衰えていくのは自然の原理ですが、これに対抗する手段も我々は持っています。

加齢とともに衰えた新陳代謝は、生活習慣をより良いものにすることで、できるだけ活性化させることができます。

髪に良いものを食べるようにして、健康な頭皮を作るだけで髪の本来持っている力を取り戻すことができます。

今後も年は必然的にとり続けていきます。それは誰にも変えることはできません。

しかし、年をとるにつれて、起こる老化は予防することも遅らせることもできます。

もし、自分では解決できなかったら、医師の指示も仰ぐことができます。

我々は自己管理と医学という強い味方を持っているのです。

頭皮の老化、体の老化

体が年老いていくにつれて、あちこちの器官が老化し、弱っていきます。休むことなく働く機械のように、我々の体も不具合が起こりやすくなるのです。

特に血管は毎日血流の刺激を受けるうえ、現代の食生活によってコレステロールが溜まっていることが考えられます。

コレステロールは血流を阻害し、栄養を運ぶ力を失います。頭皮まで栄養がいかないのもこのせいです。

また、成長ホルモンの出にくくなった体をさらに鞭打って夜更かしや不規則な生活をすることも悪化させる原因です。

老化した体をさらに酷使することは、頭皮にも体自体にも良くないことなのです。

加齢と薄毛の関係性と育毛への希望

年をとったのだからと、自分の薄毛をあきらめてはいませんか?

加齢とともに髪が薄くなってきたとしても、それが直接加齢だけが原因であるということにはならないかもしれません。

加齢と薄毛には、関連はありますが、だからと言って年をとってから育毛しても効果がないというわけではありません。

正しい育毛法で生き生きした髪の毛を取り戻して、中高年時代を楽しくはつらつと生活しましょう。

加齢が原因の薄毛

加齢は確かに、人の体を弱らせたり、新陳代謝を鈍らせて、老化現象を引き起こします。これは誰しも感じることですし、ある程度の老化は仕方がないものです。

だからといって諦めて何もしないのではさらに悪化させることになったり、すべてのやる気をそぐことにもなりかねません。

また、薄毛も加齢の影響を受けているのは事実ですが、これは適切なケアと生活習慣で改善できる範囲はかなり広いのです。

加齢によって薄毛が起こるのは、コレステロールなどの血流の阻害と新陳代謝の遅れなどが考えられます。

血の巡りが悪くなると頭皮への栄養が行きにくくなり毛根にまで届きません。新陳代謝が進まない、また成長ホルモンが出にくくなるため、正しい毛髪の成長サイクル、つまりヘアサイクルが乱れます。

新しい毛髪が育たないため、抜け毛ばかりが増えていくのです。

加齢に負けない育毛

加齢に負けないためには以下のことを注意しながら、育毛することが大切です。

  • 食事の改善
    血流改善のためにコレステロールを減らすメニューにします。肉類を減らし、食物繊維のある野菜を中心にバランスよく食べましょう。
  • 適度な運動
    新陳代謝を促進するため、適度に体を動かします。激しいスポーツは避け、汗をかいたあとはしっかりと汗やホコリを頭皮か取ります。
  • 早寝早起き
    加齢による薄毛が気になりだす時期というのは、仕事で責任も増えていて、忙しくなる頃でもあります。若い時とは違い、忙しさに責任が混じり、難しい人間関係も増えています。
    早くベッドに入れる時はできるだけ早寝するようにしましょう。成長ホルモンを出やすくするためにも効果的です。
年をとってからの育毛

FR133_L年をとってからの育毛は、老化との果てしない戦いでもあります。

アンチエイジングなどという言葉も流行りましたが、毛髪の活性化、育毛もアンチエイジングです。

加齢による体の老化は防ぎきれないことも多々あります。髪の毛も若いころと同じようになる、とは言い切れません。

しかし、ほんの少しの改善によって、より良い状態をキープし続けることはできます。

何が何でも守るということではなく、少し自分に優しくなり、柔軟に予防していきましょう。

また、ストレスをためすぎないようにすることも大切です。

老化は止めることは決してできません。ましてや、若返ることなどありえません。

しかし、それを抑えるための予防策は立てられます。

年をとってからの育毛対策はどれだけ早く始めて、どれだけ続けられるかにかかっています。

そしてやったのとやらないのでは、これから数年後に驚くほどの差が出るものなのです。

加齢による薄毛を予防する

加齢による薄毛の治療は、生活習慣の改善が中心となります。

毛髪を増やす目的でアンチエイジングを続けていたら、髪だけでなく体も元気を取り戻すに違いありません。髪も大切な体の器官です。

もしかしたら薄毛は体が弱っているサインだったのかもしれません。

このサインを見逃すことなく、自分のこれまでの生活を振り返り、何が良くなかったのかを確認して、今からでも始められることを試してみましょう。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

 

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る