育毛はいつから?薄毛が気になる年齢

薄毛はいつから始まるの?

imasia_12022994_L

薄毛の心配は、だれでも持っているもので、特に男性で親が薄毛であったりするとその心配はさらにつのります。

しかし、薄毛の始まる時期、気になりだすタイミングというのは、人それぞれのようです。

若いころ、それこそ20歳前から薄くなる人もいますし、中高年といった年齢に差し掛かったころに薄くなってくる場合もあります。
さらに全く薄毛の可能性すら感じず、生涯をすごす人もいます。

では、一体どうしてこのような差が起こるのでしょうか。実は薄毛の始まる年齢と薄毛の原因はたいへん深く結びついています。

この薄毛の始まる時期の違いを知ることは、薄毛予防や育毛のためにも行かせるヒントとなるでしょう。

自分の頭皮の運命を恨むのではなく、前向きに自分の薄毛の状態を分析してみましょう。

薄毛の始まる年齢は原因によって違う

薄毛のメカニズムによって、始まる年齢は違ってきます。薄毛のタイプによって、その原因となるものが違い、またその治療法も違ってきます。

薄毛の原因を知ることで、その原因の除去することができるようになりますし、原因を知るために始まった時期や年齢が大きくかかわることになります。

若いうちから薄毛が気になっていた人と、中高年から薄毛になった人では、原因も治療法も違うのです。

10代から始まる薄毛

薄毛はなにも成人男性の専売特許ではありません。

女性の薄毛も増えてきており、また10代の若者たちも薄毛になる可能性はあります。

AGAは男性によく起こりやすい薄毛の原因として取り上げられますが、これは男性ホルモンが関係しているため、思春期を過ぎたころからと一般的に言われています。

それ以前に始まったものは、原因が他にあるといえます。そのためにも、年齢を鑑みた薄毛対策が必要とされるのです。

AGAのメカニズムと年齢

imasia_7112805_M

AGAをはじめとする薄毛や抜け毛のメカニズムというのは、年齢に非常に深い関係を持っています。

それというのも、人は年齢とともに体に変化が起こるからです。

それを一般的には成長、老化などといいますが、その変化と薄毛の密接な関係を知ることが下人追求の第一歩です。

AGAはいつから始まるの?

AGAの症状は主に30代くらいから増え始めます。

早い人では20代から気にし始めるのですが、抜け毛が本格的に気になりだすのが、この頃です。

男性ホルモンは思春期を過ぎれば、活発になりますし、徐々に影響を受け始めているものの初期の段階で気づくにはよほどの自己チェックが必要です。

ましてや20代前半は公私ともに忙しくなる頃で、髪に気を取られている場合ではないという状態が続きます。

仕事や恋愛、仲間との遊びが楽しく、忙しい日が続きます。実はそんな毎日も薄毛を悪化させる原因となっています。

20代薄毛には以下の原因も考えられます。

  • 飲酒のし過ぎ
    お酒は適度に飲むことはリラックス効果や血行促進を促します。
    しかし、飲みすぎると、髪を作る成分をアルコールの分解に使われて髪に回ってこなくなります。また、お酒の席によくあるたばこも悪影響となります。
  • 仕事のストレス、過労
    ストレスも溜まりすぎると血行が悪くなるなどの影響があります。若いから無茶しがちですが、そんな生活を続けていると気づいた時には髪だけでなく体も不健康に近づいているのです。
若いころから薄毛予防

幼いころに起こる脱毛症は主に生活習慣によりますので、まずは、家族での生活の改善を目指します。

思春期を過ぎたころからはAGAの可能性もあります。

とはいえ、親の保護下である程度の生活環境を得られていて、一番元気な時期ですから、薄毛にはなりにくい時です。

20代の初めごろは生活の乱れが引き起こす場合もあります。健康な髪は健康な体から生まれることを再認識しましょう。

子どもの薄毛はあるの?

子どもにももちろん、薄毛という症状が現れることはあります。

しかし、AGAの原因が男性ホルモンと結びついていることから、幼い子どもの薄毛にAGAはありません。

思春期を過ぎたくらいからは、理論的にはAGAの脱毛が起こり得ることにはなりますが、実際に薄毛が起こるのは最低でも20代前後が多くなります。

  • 病気ではない脱毛
    小さい子の薄毛は主な原因は生活習慣や食生活、いじめなどのストレスが考えられます。脱毛の仕方も部位も成人男性の脱毛とは違います。
    また、頭皮を正常に保つことができなかったり、アレルギーで起こることもあります。
  • 円形脱毛症
    子どものうちからかかる可能性の高いものです。これもストレスが引き金と言われていますが、なぜ発生するのか、完全には解き明かされていなません。
    治療はステロイドの服用などで育毛剤は使いません。子どもの脱毛は周囲の大人が過剰に心配することから、さらに本人へのストレスが増す可能性もあります。
    悪循環を防ぐためにも、民間療法や自己判断で薬などを利用することなく、速やかに病院へ行き、治療を行ったほうがいいでしょう。

薄毛治療は早期対応と原因の追究が大切

薄毛治療は、ただ単に育毛剤を服用すれば良いというわけではありません。

薄毛が気になり始めたら、早期の治療が一番です。

また始まった年齢によっては、育毛剤や薄毛治療薬よりも必要な対策があることもあります。

ストレスなどによるものや食生活が原因の場合もあり、やみくもに育毛剤を使うことだけでなく、その正しい原因を知り、それを正していくことも必要です。

AGA治療薬は脱毛予防や頭皮の活性化には役立ちますが、生活やストレスを改善するのは薬ではないのです。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

インターネット上で目にする多くの医薬品の個人輸入代行業者は、海外法人で海外に拠点を置き、 業務、運営しているケースが多くみられます。
日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営してるため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る