何歳から抜け毛予防をすればいいの?

抜け毛予防をスタートすべき年齢は?

imasia_3289668_M

髪の量、コシ、太さは、男性の見た目年齢を大きく左右する要素の1つです。

何気なく髪を掻いた時、シャワーを浴びた後、指にからまった無数の抜け毛を目の当たりにして、ぞっとした経験はありませんか。

20代前半は育毛の広告を目にしても他人事のように感じていたのが、気付けば真剣に見入ってしまう歳に。
「そろそろ自分も抜け毛予防をはじめないと」、そんなことを感じている方もいることでしょう。

個人差があるとは言え、「何歳から抜け毛予防を始めたらいいのか」、平均的な数字が気になります。

抜け毛予防は30代前半からスタートを

薄毛が気になる人が急増するのは、30代後半〜40代前半にかけてとだ言われています。

これはおそらく、育毛クリニックを検討するレベルの深刻な抜け毛に気付く年齢のお話。
クリニックに通わなくてもいいように、予防対策を行いたいなら、30代前半からスタートするのが望ましいと言えるでしょう。

薄毛対策は、早期予防が成功のカギを握ります。
深刻な状態になる前に適切なケアを行っていけば、いつまでも若々しい髪を維持できるはず。
子どもと妻から「何歳になっても若いパパ」と愛されていたいなら、30歳を機に、抜け毛予防を始めることを強くおすすめいたします。

30代、心は若いつもりでも髪は正直

自分ではまだまだ若いつもりでも、30代になると身体は老化し始めます。抜け毛が増え、薄毛が進行し始めるのも、身体が悲鳴をあげている証拠。

20代同様の生活習慣では、抜け毛が進行する一方です。

「薄毛になるのはどうしても嫌だ、今すぐケアを始めたい」、そんな方のために、30代からはじめたい抜け毛予防・ケア習慣についてまとめました。

30代からはじめたい抜け毛予防・ケア習慣3つ

imasia_15024142_M

こちらでは、誰でもすぐに実践できる、抜け毛予防・ケア習慣の実践例を3つ紹介します。

既に抜け毛が目立つ方の症状緩和にも。

出来ることからはじめて、理想の状態に近づきましょう。

抜け毛予防・ケア習慣1 指の腹を使った正しいシャンプー

抜け毛が目立つ男性は、爪をたて、ゴシゴシ髪を洗う癖がある方が多いはず。このシャンプー方法は、頭皮にハイダメージなので避けるべきです。
指の腹を使って、頭皮をもみ洗いするのが髪に優しい正しい髪の洗い方です。

シャンプーの使い過ぎも、髪へのマイナス要素。お湯だけでも、8割方の汚れは落ちます。
残った汚れを落とすのに、たくさんの量のシャンプーはいりません。シャンプーの使い過ぎは、すすぎ残しを起こしやすく、毛穴を塞ぎ、フケやかゆみの原因に。

結果、抜け毛が増えてしまいます。

「優しく洗って、きちんとすすぐ」正しいシャンプー習慣が、抜け毛予防の第一歩と強く認識してください。

抜け毛予防・ケア習慣2 十分な睡眠・規則正しい生活リズム

毎日決まった時間に起床して、3食きちんと食事を取る、夜更かししないで夜中の12時には就寝する。
自動車通勤をしていても、毎日30分程度は有酸素運動を実践、身体を動かす習慣をつけること。

身体本来の自然なバイオリズムに従った規則正しい生活リズムを整えることで、自律神経が正常化します。

自律神経のバランスが整った状態を維持できれば、ストレスを感じにくくなり、頭皮環境正常化、髪にも身体にも良い影響が期待できます。
抜け毛を防ぐためには、心身共に健康な状態を維持する努力が不可欠と心得ましょう。

抜け毛予防・ケア習慣3 アルコールは程々に

同僚や友人との飲み会は、男性にとって大きな活力になるもの。適度なアルコールには、緊張がほぐして場の雰囲気を和やかにしたり、血行を促進し疲労回復につながったり、うれしい効用も多々あります。

問題は、つい飲み過ぎて、肝臓に負担をかけてしまうこと。新しい髪の毛を産み出すのに必要なアミノ酸がアルコールの分解に使われると、髪が栄養不足になり、細く抜けやすい毛になってしまいます。

健康的に楽しむお酒の適量は、ビールで500ml、日本酒なら1合、ワインでグラス1〜2杯。

日々適量を守りつつ、週に1日はお酒を飲まない休肝日を作ることで、肝臓の過度な負担を予防しましょう。

抜け毛予防に近道なし

育毛シャンプー、薄毛治療薬の中には、「これ1つで安心」など、やや過剰とも感じる広告をしている商品が多々あります。抜け毛予防を真剣に考えはじめた方であればある程、即効性があるような謳い文句に心動かされてしまうことでしょう。

全てが全て虚偽記載、という訳ではありませんが、抜け毛予防は髪に優しい総合アプローチをしてはじめて成功するもの。手軽にすぐに効果がでる、なんて結果を求めるのは、難しいと考えてください。

抜け毛が加速する原因は人それぞれです。

何が良い結果をもたらすか分からないからこそ、可能な限り手だてを尽くし、多方面から予防ケアを行うことが重要であると考えるようにしてください。

この記事を読んだあなたへおすすめの記事

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る