発毛剤によく含まれる成分特集!ミノキシジルの働きと役割

発毛剤に含まれている成分

市販されている発毛剤にはミノキシジルという成分が含まれていることが多いです。この成分は発毛に大きな効果をもたらすと言われており、医療機関でも使われています。

このミノキシジルは元々アメリカで血管を拡張させるための薬として開発されました。そして高血圧を改善するために使用されていたという歴史があります。使用していた患者の体毛が濃くなり、それがきっかけで多毛症という副作用があることが発覚しました。やがて頭皮への外用薬として応用され、現在に至ります。

毛母細胞に直接働きかける

この成分の役割は主に毛母細胞に直接働きかけることです。細胞分裂を活発にさせ、髪の成長を促進させる働きをします。当初は一部の発毛剤のみにしか使用されていませんでしたが、爆発的にヒットしたことで他のメーカーも導入し、様々な製品が出回るようになりました。日本で販売されている製品のほとんどは含有量1%です。これは副作用などを考慮した結果、この含有量が最も効率的だと判断されたと言われています。
連続使用しても目に見える効果が現れるまで最低でも半年は必要とされています。この成分には即効性があるわけではなく、徐々に頭皮環境が改善されて発毛が認められるものです。使用を開始してすぐには効果が出ないので、継続して塗布しなければいけません。

薄毛の原因

薄毛の原因とされるのは遺伝だけではなく、不規則な食生活や睡眠不足、過度なストレスが挙げられます。しかし一度脱毛のスイッチが入ってしまうと、これらを正したところで改善できる可能性は難しいです。生活を見直すと同時にミノキシジルが配合された発毛剤を使う必要があるでしょう。

すでに大きく進行してしまっている薄毛の方がより大きな効果を発揮します。薄毛の治療には現在進行形の薄毛の進行を抑えるものと、すでに進行してしまった薄毛を再生するものの2種類があります。そしてミノキシジルは後者のために使用する薬なのです。
薄毛が進行してしまう原因は強い脱毛ホルモンが生成されることにより起こります。すると毛根へ栄養を送ることができなくなり、血管も収縮していきます。やがて頭皮の血行が悪化し、髪の毛が生えなくなってしまうのです。

血管を拡張、血行を促進

ここでミノキシジルの出番です。収縮してしまった血管を拡張し、血行を促進してくれます。そして頭皮へ血行を促すので、毛根にもきちんと栄養が行き渡るようになります。すると徐々に健康的な髪が生えてきて、発毛を実感できるというわけです。

ただ人によっては頭皮の痒みや湿疹といった副作用が出る場合があるため、用量と用法は守りましょう。誤った使い方をすると逆に薄毛を促進させてしまいかねません。いくら頭皮に良い影響を与えるからといっても、過度に使い過ぎると逆効果となります。効果が強い成分なだけに、慎重に使うことが求められるのです。

本気で育毛したいのであればミノキシジル

世間では様々な発毛剤が販売されていますが、本気で育毛したいのであればミノキシジルが含まれた製品を選ぶべきです。最も発毛効果がある成分ですし、医療機関にも認められているからです。これを使っても髪の毛が生えてこなければ医療機関へ行くしかないと言い切れるほど、信頼性がたと言えます。
発毛で大切なのは使用を開始したら途中で諦めることなく、長期間使い続けることです。効果が出ないからと諦めてしまうと、せっかくの費用と時間が台無しになってしまう恐れがあります。一度始めたら最低でも3ヶ月、できれば半年以上は続けてください。頭皮の血行が改善され、薄かった部分に新しい髪の毛が生えてきたらもう一息です。徐々に頭皮全体に髪の毛が生えてきて、頭皮環境も改善していきます。薄毛を治すのは無理だと諦めてしまう前に、一度発毛剤を使ってみましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る