ミノキシジルの効能と副作用

ミノキシジルによって血行が良くなる

ミノキシジルは効能として発毛を促進するということが知られている成分です。
本格的な発毛成分として最も初めに世の中に登場したものであり、現在でもこれを成分として含む育毛剤などが広く使用されています。髪の毛がなくなったり薄くなったりしてしまうというのは男性に特に多く見られる現象であるものの、その見た目が良くなくなってしまうことから、髪を維持していきたいという人やなくなってしまった髪を取り戻したいと思う人は多く、そういった人たちが積極的に利用を進めている状況があります。

海外においては内服による医薬品として男性型脱毛症の治療薬が開発されているものの、国内においては承認されていないことからその利用はそれほど進んでいません。しかし、個人輸入代行サービスを利用することによって販売されている国から輸入することは可能であり、そうすることによって使用することができる状況にあります。また、育毛剤として外用に用いるものついては国内でも販売されており、多くの人が髪を手に入れることを求めて使用するようになってきています。

ミノキシジルの血管拡張作用

ミノキシジルが発毛を促進するメカニズムとして根本にあるのはその血管拡張作用です。その特徴としてあげられるのが毛根部分に集積しやすいという物性であり、それによって毛根部分に流れている毛細血管の拡張を他の血管に比べてよりよく促進します。それによって血流量が増えるために酸素や栄養素がより多く運ばれるようになって周囲にある細胞の新陳代謝が活性化することになるのです。その中には毛乳頭と呼ばれる発毛に関わる期間があり、その部分での新陳代謝の活性化が起こることによってヘアサイクルがよくなるということにつながっています。

もともと脱毛が起こりやすいという人は血行が悪くなっていることが多く、その問題を解決することによって脱毛を抑制したり、発毛を促進したりすることができるとされています。

血管拡張作用があるために副作用も

しかし、ミノキシジルには血管拡張作用があるために副作用もあることは否めません。特に高濃度のものを使えばそれだけリスクを上げることになるということを使用する場合には注意しなければならないでしょう。典型的なものは低血圧と多毛症です。
血管が拡張されることによって血圧の低下がもたらされることになるためであり、めまいや頭痛などの症状があらわれることがしばしばあります。
また、ミノキシジルの効果は頭の紙の毛だけに効果があるものではなく、全ての毛に対して効果があります。
そのため、全身の毛が増えてしまう多毛症が副作用として生じやすいというのも事実となっています。一方、特に外用で用いたときに発生しやすいのがニキビであり、皮脂の分泌が促進されてしまうことにより発生しているとされています。

心臓への影響

こういった副作用に加えて、心臓への影響もあることは留意しなければなりません。狭心症などがある場合には使用によって発作を起こしてしまうなどのリスクがあるため、使用してはならないこととなっています。

この他にも因果関係が解明されていない副作用は多数あり、むくみや体重増加、四肢のしびれや性欲減退などが報告されています。実際に使用するときにはこういった副作用が生じていないかということを十分に注意しながら使用しなければなりません。効能として男性が最も気にかける病気の一つである男性型脱毛症の治療が含まれているとはいっても、強力な効果を発揮するがゆえにそれなりの副作用のリスクは抱えなければならないのが事実なのです。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る