ミノキシジルを低血圧の人が使用するときの注意点

ミノキシジルによって血行が良くなる

発毛や育毛に対する情熱は男性を中心として熱いものがあります。男性型脱毛症と呼ばれる疾患を代表として男性は髪の毛を早い時期から失ってしまいがちだからであり、それによって美容面でのデメリットが生じてきてしまうことを嫌う人が大勢います。植毛を行ったり、かつらを着用するようにしたりすることで髪がある姿を手に入れるというのも頻繁に行われているほどにその意識は高く、簡単に髪の毛を濃くすることができたり、薄くなるのを防ぐことができたりするのであればすぐにでも始めたいという人が多いのが事実です。そういった状況において市場に登場してきたのがミノキシジルであり、海外では内服薬として登場して一世を風靡しました。

日本ではその認可がなされていない

日本ではその認可がなされていないために使用されていないことになっているものの、個人輸入によって手に入れることが可能であるために手を出す人も少なくありません。医薬品として使用することはできなくとも、海外では男性型脱毛症の治療薬として用いられているという実績があることから、それを信用して使用したいという人も多いのです。一方、外用薬としては開発が進められて国内でも市販されるようになり誰でも薬局などで手に入れることができるようになっています。こういった形で手にする人が多くなったミノキシジルですが、その使用に関しては注意しなければならないことがあります。特に低血圧を患っている人にとっては重篤となるリスクもあることから、その使用に関して十分に自分の体調管理を行いながら使用しなければなりません。

ミノキシジルと低血圧

ミノキシジルの代表的な副作用としてあげられるのが低血圧です。健常な人あってもめまいや頭痛などを引き起こすことがあり、それによって使用を中断するかと悩む人もいます。これはミノキシジルが発毛を促進するために必要な効果がケカ的に引き起こしてしまっているものであり、そのメカニズムの上で回避することがどうしても難しいものです。

ミノキシジルは基本的には血管拡張剤であり、発毛に関わる細胞の周辺でその作用が強いことによって他の器官での影響を最小限にして発毛効果を発揮しています。血管が拡張することによって血圧は下がるものであり、全身の血管においても多かれ少なかれ血管拡張が起こるために低血圧に陥りやすくなるのです。そのため、低血圧を患っている人の場合にはそれが悪化する可能性があります。
使用を始めることによって今までにもましてめまいや立ちくらみ、頭痛などが多く感じられてきた場合には危険な症状です。直ちに使用をやめるようにした方が安全でしょう。症状が悪化していくと慢性的な疲労に悩まされるようになり、手足の冷えやしびれが生じてくるようになります。血圧が低いというのは心臓のポンプ機能が足りていないという状況になるためであり、徐々に全身に十分な血液が送られていない状況になってきてしまうでしょう。

体調があまりよくないという感じにご用心

低血圧が原因となる症状はこれ以外にも多数あり、肩こりや耳鳴り、下痢や便秘といったように神経系から内蔵に至るまであらゆる器官で症状を起こしうるものです。
体調があまりよくないという感じがしたら副作用である可能性を考えて使用を中止するに越したことはありません。それによって症状が軽快してきた場合には原因がミノキシジルであった可能性が高く、その後の使用も控えたほうが良いでしょう。また、こういった副作用は使用量を増やしてしまうことによって起こりやすくなるため、髪の毛があまり増えてこないと感じて増量を行っていくとリスクが高まります。たとえ発毛効果が実感できなくてじれったい気持ちになったとしても、むやみに増量しないことが大切となるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る