ミノキシジルと多毛症の関係

男性と育毛剤

男性には特に髪の毛が薄くなってしまう人が多く、それを気にして育毛剤を使って日々ケアをしている人も少なくありません。男性型脱毛症と呼ばれる疾患に悩まされることも多々あり、髪の毛が失われてしまって姿がみすぼらしくなっていってしまうのを嘆く人も多いのが事実です。
それが原因でうつ病になってしまう人もいるほどに深刻な悩みとなることもあり、育毛や発毛を促進し、脱毛を抑制することができる医薬品の開発は渇望されてきました。

ミノキシジルの台頭

そんな中で発見されたのがミノキシジルであり、臨床試験においてもその製剤が発毛に有効に働くことが示され、多くの人の支持を受けるようになっています。その内服薬は日本では認可されていないため、アメリカなどの海外で販売されているのみなのが現状です。個人の責任で個人輸入を行うことでその内服薬やジェネリック医薬品をって使用することはできるものの、そのリスクの高さから限られた人だけが行っているのが現状です。そのような状況下でOTC医薬品として外用の生活改善薬としてミノキシジルを成分として含む外用剤が発売され、多くの人が愛用する状況になっています。

血管拡張による血流増加を促す

ミノキシジルは発毛を促進し、脱毛を抑制することができるということが判明しており、血管拡張による血流増加を促すことがそのメカニズムの基本であるとされています。特にヘアサイクルにおいて重要な役割を果たす毛乳頭細胞などの周辺において顕著に血管拡張作用を示すことから、他の部位にも優先して血流増加がおこり、それによって発毛の促進や脱毛の抑制がもたらされると考えられています。
このようにして男性にとって特に有用性が高いのがミノキシジルですが、副作用として知られているものがいくつもあります。その中でも代表的なのが多毛症であり、多くの人が経験することになりやすい副作用です。
ミノキシジルが血管拡張を起こす部位は毛乳頭細胞などの周辺に選択性が高いものの、これは髪の毛だけではなく全身の毛に該当することです。そのため、髪の毛の発毛や脱毛に関わるだけでなく、全身の毛における発毛や脱毛に関与してしまうことになるのです。

その結果として、全身の毛が増えてしまう多毛症が副作用として生じやすくなっています。特に濃度が高くなるほど髪の毛も増えやすくなるものの、全身の毛も増えてしまいやすくなることから、効果が実感できないと感じてしまって増量を続けていくとだんだんと多毛症に悩まされるようになってきてしまいがちになります。

海外で販売されている内服薬

多毛症の副作用が起こりやすいのは局所で作用させることを想定している外用剤ではなく、海外で販売されている内服薬です。これは内服することによって全身にまんべんなく成分が広がってしまうからであり、その分だけ全身での症状がでやすいということになります。
しかし、外用剤であれば安心であるというわけではありません。外用で用いて髪の毛に効果があったということは、それだけの量が体内に入っているということになり、それが血流を介して全身に巡っていくことになるのは確かだからです。

そのため、副作用のリスクや程度こそ低いものの、外用で用いている場合にも多毛症が副作用として発症することはあるので注意が必要です。こういったときにはミノキシジルの内服や外用を中断することで次第に元の状態に戻ることができるのが一般的です。全身の毛のヘアサイクルが通常通りに機能するようになることで過剰に促進されていた状態から回復するからであり、最も簡単な治し方となります。しかし、それにともなって髪の毛も薄くなってしまうリスクがあるため、どちらを取るかの選択に迫られることになることは否めないでしょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る