男性ホルモンによるAGAをミノキシジルで抑制

動脈硬化の薬として使用されていたミノキシジル

fb59856e24d3aceabf6d8cb42f88c202_s
AGAは、若年性脱毛症や壮年性脱毛症といわれる薄毛の症状の総称です。
この現象は男性ホルモンが5-αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロンという物質に変わることで脱毛が始まり、脱毛はどんどん進行していきます。

この症状は男性には、必ずといってよいほど起こる症状で、年齢を重ねてある程度の年齢になって発症する人もいれば20代から発症してしまう人もいます。
高血圧や動脈硬化の薬として使用されていたミノキシジルは、このAGAを克服できるといわれていますが、ほかの方法と併用するとより効果的です。

薄毛の本当の原因

男性ホルモンそのものの働きによって脱毛、薄毛が起きると信じている人が多くいますが、正しくは男性ホルモンの物質のひとつが5-αリダクターゼという酵素によって変化することが原因です。
脱毛や薄毛の直接的原因というのであれば、5-αリダクターゼという酵素ということになります。
この5-αリダクターゼを抑制することが脱毛や薄毛を回避、克服する鍵となります。

脱毛、薄毛対策は複数の方法を併用するのは効果的

795fde418cb
脱毛や薄毛は男性ホルモンそのものが原因であると多くの人に信じられていますが、正しくは男性ホルモン自体が原因ではなく、男性ホルモンの物質がある酵素によって変化させられることが本当の原因です。

男性ホルモンが変化するメカニズム

5-αリダクターゼは人体の中にある酵素のひとつで、若年性脱毛症や壮年性脱毛症といわれるAGA(男性型脱毛症)の原因となる物質といわれています。
この5-αリダクターゼは、毛乳頭細胞に多く存在することがわかっており、この5-αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンと結合することによってヒドロテストステロンという物質に変化します。
このヒドロテストステロンが脱毛の引き金を引く役割をしており、さらに脱毛を進行させてしまうのです。

5-αリダクターゼという物質は単体ではヒドロテストステロンを産み出すことはないため、脱毛や薄毛の引き金とはなりません。
男性ホルモンのテストステロンという物質と結合し、ヒドロテストステロンとなることで脱毛の引き金となります。
男性ホルモンは男性であれば必ず持っている物質ですから、男性にAGAが多いというのはそのような理由です。

男性ホルモンをミノキシジルで抑制できる?

ミノキシジルは元は高血圧や動脈硬化の薬として使用されていた薬で、血管を拡張させ、血行をよくする効果があることから発毛に高い効果があるといわれています。
血行がよくなれば末端まで血液が良く行き渡るようになります。
そのため毛根にも十分な栄養が運ばれるようになり発毛を期待することができるのですが、ミノキシジルはあくまでも発毛の効果を促す効果があるといわれているだけで、5-αリダクターゼを抑制したり、5-αリダクターゼと男性ホルモンの結合を防いだりするには、別の対策が必要です。

男性ホルモンと5-αリダクターゼの結合を防ぐ物質

男性ホルモンのテストステロンと5-αリダクターゼの結合を防ぐには「M-034」という海藻から抽出される物質が有効といわれています。
M-034にはヒドロテストステロンを作らせない効果があるといわれています。

脱毛や薄毛の対策は、この方法といったように決められた方法はありません。
脱毛や薄毛の対策には育毛剤を使ったり、ミノキシジルを服用したりといった様々な方法があります。
発毛効果が高いといわれるミノキシジルを利用する場合、内服タイプのミノキシジルタブレットを1日2.5mg摂取しただけで発毛を実感できた人もいれば、1日に10mg摂取しても、発毛を希望通りに実感できない人もいます。

また、脱毛や薄毛は食事など、生活習慣が原因になっている場合もあり、生活習慣を見直し、さらに育毛剤などを使って頭皮も血行を促進することによって対応できる場合もあるため、自分にあった対策を見つけることが大事です。
なお、心臓病などの持病を持っている場合、内服タイプのミノキシジルの高濃度の摂取はさけるといった注意する点もあるため、発毛・育毛対策を医師に相談してみましょう。

ミノキシジルとプロペシアを併用する方法

男性ホルモンと結合することで脱毛の原因となるジヒドロテストステロンを産み出す5-αリダクターゼという酵素を抑制するにはプロペシア(フィナステリド)があり、高い効果があるといわれています。

しかしプロペシア(フィナステリド)は5-αリダクターゼを抑制するものですから、プロペシアだけを使用するのではなく同時に発毛効果の高いものを併用するのがより効果的といわれています。
発毛効果が高いといわれているミノキシジルとプロペシアは併用が可能なため、両方の対処法を行った脱毛。薄毛対策を検討してみましょう。

自分にあった脱毛・薄毛対策

脱毛や薄毛の対策に、決まった方法はありません。
自分にあった対策を見つけることが大事です。

高い発毛効果があるといわれるミノキシジルと男性ホルモンと5-αリダクターゼの結合を抑制するプロペシアの併用は効果的な対策といわれていますが、医薬品のため正しい利用をすることが大事です。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る