ミノキシジルと動脈硬化の関連について

薄毛の原因は男性ホルモン?

f78ec839cf5a
薄毛になる原因というと男性ホルモンが影響していることがよく知られていますが、必ずしも男性ホルモンばかりが原因というわけではありません。
因果関係が完全には判明していませんが、心筋梗塞などの心臓病を患う人の70%が薄毛になっているというデータがあり、薄毛の原因は様々です。

心臓病は動脈硬化を起こす高血圧などとも関連のある病気で、動脈硬化は血液の流れが悪くなるなどの症状を引き起こします。
そのためもともと高血圧の薬であり、血管を拡張する機能のあるミノキシジルは心臓病などの病気を患っている人の場合、使用には注意が必要です。

内服タイプのミノキシジルの注意点

ミノキシジルはタブレットや錠剤の内服タイプと頭皮に塗って使用する外服タイプのものがあります。
薄毛には内服タイプのものが効果が高いといわれていますが、ミノキシジルには血管を拡張する機能があるため、服用することによって血液の流れがよくなり血圧を下げてしまう効果があります。

そのため心臓病や動脈硬化の症状がある場合は呼吸が苦しくなることもあります。
持病がある場合は、内服タイプでなく外服タイプの利用を考えましょう。

動脈硬化症や高血圧の薬だったミノキシジル

093573
ミノキシジルには内服タイプと外服タイプのものがあり、内服タイプは薄毛に対して効果が高いといわれています。
しかしミノキシジルはもともと動脈硬化症や高血圧の薬であるため、心臓病などの持病を抱えている人の場合は、薬を高濃度で体の中に入れることになる内服タイプの利用は注意が必要です。

動脈硬化症や高血圧の薬であるミノキシジル

ミノキシジルはもともと血管を拡張し、血液の流れを良くする効果があるため、血管が細くなって血液の流れが悪くなる動脈硬化症や高血圧の人に対して降圧剤と使われていた医薬品です。

薄毛は、血管が細くなって毛根に栄養が行き届かなくなることも原因のひとつであるためミノキシジルを利用して血管が拡張し、血液がよく流れるようになれば、毛根に栄養が届くようになるため、発毛効果があるといわれています。
実際、コレステロールなどにより動脈硬化症や高血圧になり、血液の流れが滞って心臓に負担がかかり心臓病になっている人の多くが薄毛になる傾向があるというデータもあり、血液の流れをよくするということは毛髪の発毛、育毛を期待できることなのです。

ミノキシジルと心臓病や動脈硬化の関係

ミノキシジルは体中の血管を拡張し、血液の流れを良くするため、心臓にも多くの血液が流れるようになります。
そのため、心臓に負担がかかるようになります。
また、血液の流れが良くなるということは血圧が下がるということですから、心臓病を患っていたり血圧の降下に影響がある持病を持っていたりする人が内服タイプのミノキシジルを利用する場合には医師に相談の上使用するなど注意が必要です。

ミノキシジルの摂取量を調整

ミノキシジルは1日に10mgまで摂取することができますが、心臓病など血管の拡張による血圧低下の影響をうける病気を持っている人の場合、ミノキシジルを摂取する用量を調整することが大切です。
実例として、ミノキシジルは人によりますが2.5mgや5mgといった少量でも発毛を実感することができるといわれています。

外服タイプのミノキシジルも活用

体の中にミノキシジルを入れる内服タイプに比べて、外服タイプのものは頭皮に薬を塗って皮膚から吸収するためミノキシジルの摂取量が少なくてすみ、副作用が起こるリスクはほとんどないといわれています。
そのため心臓病などの病気を持っている場合は外服タイプのミノキシジルを使用することを検討してみましょう。

発毛、育毛の方法はいろいろありますが、いろいろな方法を行っても発毛、育毛が実感できない場合、ミノキシジルの使用を進める医師もいるように、内服タイプのミノキシジルは高い発毛効果があるといわれています。
しかし、動脈硬化症や高血圧の薬であったミノキシジルは、心臓病などの持病を持っている場合は体に負担がかかるため、いきなり使用せずに医師に相談の上、使用するようにしましょう。

生活習慣を見直してみよう

脱毛や薄毛は、血管が細くなり毛根に栄養が行く届かなくなることが原因のひとつです。
そのためもともとは高血圧や動脈硬化の薬であったミノキシジルによって血行を良くすることで発毛や育毛が期待できるわけですが、血行を良くする方法はミノキシジルを使う方法ばかりではありません。

血行不良は暴飲暴食など食生活や睡眠不足など生活習慣によっても起こります。
そのため食生活など生活習慣の見直しも脱毛や薄毛対策になります。
ミノキシジルばかりに頼らず、ミノキシジルを使用する以外の対策を考えることも長い目で見た効果的な薄毛対策なのです。

外服タイプのミノキシジルを活用

内服タイプのミノキシジルは薄毛や脱毛に効果があるといわれていますが血管の拡張し、血圧を下げる機能があることから、持病を持っている人の場合、医師に相談して使用しましょう。
外服タイプは副作用のリスクがほとんどないといわれているため、外服タイプの使用を検討してみましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る