ミノキシジル発毛とビタミンcの深い関係

ミノキシジルを使用する以外の方法も検討する必要性

26c940e328d0d
ミノキシジルは発毛効果が高いといわれている医薬品で、利用する場合には摂取量を守ったり、服用中は激しい運動を控えたりなど正しい利用をすることが大事です。
ミノキシジルの効果が高いことから、ミノキシジルを止めると毛髪の発毛や育毛も止まってしまうのが心配で、ミノキシジルを止めることができずに長期間にわたって利用してしまう人がいます。

しかし効果が高いといわれていてもミノキシジルは医薬品のため、効果が確認できた後は効果を維持できる別の方法も検討してみましょう。

毛髪に良い栄養素ビタミンC

ビタミンCをはじめ、毛髪によいといわれている栄養素がいくつかあります。
ミノキシジルである程度の発毛効果を確認することができたら、その次はその毛髪を維持する方法を考えてみましょう。
毛髪によいといわれている栄養素を取るようにしたり、毛髪によくない食生活や生活習慣を心がけてみたり、ミノキシジルを使う以外の方法を検討してみましょう。

ミノキシジルは一生使い続けなくてはいけない?

a0006_001790
高血圧の薬として製造されたミノキシジルは、発毛についても効果があるいわれて発毛剤に使用されるようになった医薬品です。
ミノキシジルを使った発毛剤は、大きくわけて内服するタイプと頭皮に塗る外服タイプのものがあり、内服タイプのミノキシジルタブレットやミノキシジル錠剤は、外服用のものに比べて直接身体の中にいれることからより効果が高いといわれています。

様々な方法で脱毛や薄毛の効果が得られない場合、ミノキシジルを使うのが有効といわれており、悩みが深い患者に対してはミノキシジルを勧める医師も少なくありません。
しかしどのように効果が高くてもミノキシジルは医薬品のため、長期間のミノキシジルの服用は避けたいものです。

ミノキシジルの効果は一生モノ

発毛や育毛は止まってしまい、元の脱毛・薄毛の状態になることを恐れて発毛効果があった後もミノキシジルを飲み続けてしまう人は少なくありません。
特に副作用が少ない人の場合はミノキシジルを飲み続けてしまいますし、ミノキシジルによる副作用に気づかないでミノキシジルを飲み続けてしまう人もいるでしょう。
しかしどんなに効果が高いといわれていてもミノキシジルは医薬品のため、長期間の服用は副作用が強くなったりするリスクがあります。

発毛の効果があった後は別のミノキシジルを使う以外の方法を検討しよう

発毛・育毛には食事や頭皮のマッサージなどいろいろな方法がありますが、それでも効果が得られない場合、ミノキシジルを使うのが有効とされています。
しかし、ミノキシジルは人によって副作用を発症する場合もあり、医薬品であることから、発毛効果があった後はミノキシジルを使う以外の方法にシフトすることを検討してみましょう。

毛髪によいといわれる栄養や睡眠をとる

頭皮には亜鉛、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンc、ビタミンE、カプサイシン、イソフラボンといった栄養素がよいといわれています。
乱れた食生活は高血圧や心臓病などの原因になることが多くありますが、毛髪にとってもよいことではりません。
ミノキシジルによって毛髪の復活を確認したら、その後はその毛髪を維持するためにこれらの栄養素を摂取するよう、食生活を見直してみましょう。
毛髪を維持する方法は健康も維持する方法でもあるため、食生活の改善は一石二鳥の方法といえます。

育毛剤の利用

復活した毛髪を維持する方法として副作用のリスクの少ない育毛剤を利用する方法があります。
育毛剤には複数の種類があり、効果も異なるため、効果を確かめて使用してみましょう。

風邪を引いて風邪薬を飲むとき、風邪が治った後も、風邪を引くのを恐れて風邪薬を飲み続けることは一般的にはしないことでしょう。
通常、風邪が治れば風邪薬を飲むのはやめるものです。
長期にわたる医薬品の服用は体にとって必ずしも良いこととはいえず、医薬品の使用は必要なときだけに限るようにした方がよいでしょう。
ミノキシジルは脱毛や薄毛対策に効果的といわれていますが、医薬品のため、効果が得られた後は、ミノキシジルを使用しないで、復活した毛髪を維持する方法を検討するのが薄毛治療の王道です。

ミノキシジルばかりに頼らない

ミノキシジルに頼るばかりではなく、ビタミンcなどの毛髪によい栄養素を摂取するなど毛髪に良いことも試すようにしてみましょう。
毛髪の健康維持には、十分な睡眠時間も大事です。
22時~2時の4時間は、育毛には欠かせない成長ホルモンが1日の中で最も多く分泌されます。

そのため、この時間に睡眠をとることは毛髪の育成には大切です。
これはミノキシジルを利用している場合も同様で、睡眠時間は重要です。
毛髪のために成長ホルモンが分泌される時間帯に睡眠をとることを心がけてみましょう。

ミノキシジル以外の脱毛対策

ミノキシジルは発毛効果の高いといわれていますが医薬品です。
そのため、ミノキシジルだけに頼らず、ミノキシジルを使用する以外の対策も検討してみましょう。
毛髪に良いよいわれる栄養素を摂取したり、睡眠を十分にとったり生活習慣を改善する脱毛・薄毛対策もあります。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る