種類別ミノキシジルの用法と効果

ミノキシジルの種類を知っておこう

137129cc8b19e
ミノキシジルは発毛効果が高いといわれる医薬成分で、内服用のタブレットタイプのものと、頭皮に塗る外服タイプのものがあります。
発毛の効果は内服用のものが高いといわれており、過剰摂取などによって、人によって頭が痒くなったり、頭痛が発症したりする場合もあるため、ミノキシジルの特徴や利用方法を知り、正しく利用することが大事です。
一方、頭皮に塗る外服タイプのものは比較的気軽に利用ができることから、内服タイプのものと外服タイプのものを併用といった工夫をする方法もあります。

ミノキシジルには複数の種類がある

内服用のミノキシジルタブレットや錠剤も種類は1種類ではなく、正規品のものとジェネリック医薬品として販売されているミノキシジルタブレット、そしてミノキシジル成分が配合されたミノキシジルタブレットがあります。
効果や価格など、それぞれ異なるため、どの種類のミノキシジルタブレットがどのような効果があるのかを確認して使用するようにしましょう。

ミノキシジルの種類

minoxidil5
高血圧の医薬品としてされていたミノキシジルは、血管を拡張することによって十分に栄養が届かなくなっていた毛根に栄養を運ぶことができるようになることから、発毛効果があるといわれている医薬品です。

ミノキシジルの種類

ミノキシジルには内服用と外服用の2種類があり、内服用のものはおもに錠剤です。
内服用のものは外服用のものより効果が高いといわれていることから利用している人が多くいます。
ミノキシジルタブレットといわれる内服用のものにはいくつかの種類があり、種類によって価格が効用が異なります。

▲ロニテン(Loniten)

ロニテンとはアメリカのファイザー社が製造・販売しているミノキシジルタブレットの正規品のことです。
ロニテンは当初、高血圧の医薬品として使用されていましたが、血管を拡張し栄養分を毛根にまで行き届かせることで毛根を活性化させる効用があるといわれ、発毛剤として利用されるようになりました。

ミノキシジルの摂取量は1日で10 mgで、初めて使用する場合は2.5mgくらいの小さな容量から試していき、効果の度合いに応じて容量を増やしていきます。
ロニテンにはミノキシジルの含有量が5mgと10 mgの2種類しかなく2.5mgという容量はないため、2.5mgを摂取する場合は、5mgのタブレットをピルカッターなどを使って分割して使用するようにしましょう。
ロニテンは正規品ということで利用する上で安心感がありますが、その分価格が高く、10mgのロニテンの100錠入りのボトルでは1万円以上になります。

▲ミノキシジル錠剤

ミノキシジルが含まれた錠剤のことをミノキシジル錠剤といいます。
複数のメーカーが製造・販売しており、2.5mgと10mgの2種類があります。
ミノキシジルを初めて使用する場合は2.5mgの少量から始めるのが良く、ミノキシジル錠剤はその2.5mgの錠剤が用意されているため初めての人には使いやすくなっています。

▲ミノキシジル

ロニテンのジェネリック医薬品の中で、利用者から高い評価を得ている医薬品です。
タイのTO MED社で製造・販売されており、入手は輸入することになります。
ジェネリック医薬品のため正規品より価格が安いことが特徴です。

▲ミノキシジルタブレット

インドのCyno Pharmaceuticals社で製造されているロニテンのジェネリック医薬品で、ミノキシジル同様、利用者が多くいます。

ミノキシジルはアメリカで認可されている医薬品

外服用に比べて発毛効果が高いといわれている内服用のミノキシジルですが、2015年現在、日本では未承認となっており、日本では内服用のミノキシジルは製造・販売されていません。
日本でミノキシジルが含まれる発毛剤は、外服用の発毛剤で、大正製薬が一般用医薬品として「リアップ」を製造・販売しています。
こちらの製品の成分は1%~5%となっています。

ミノキシジルアメリカで発毛効果がある医薬品といて認可されており、そのため、内服用のミノキシジルを含むタブレットや錠剤を入手する場合は、輸入をすることになります。
ミノキシジルには正規品とのジェネリック医薬品など種類があり、効用や価格などが異なるため、輸入する場合はあらかじめ確認しましょう。
また輸入にあたっては輸入代行可能な分量などがあるため、輸入できる分量を確認の上、輸入しましょう。

ミノキシジルは効果がすでに認められている

発毛剤には内服用と外服用があり、発毛剤に含まれるミノキシジルは日本では未承認の医薬品です。
そのため効果を疑う人もいるかもしれませんが、ミノキシジルはアメリカでは日本の厚生労働省といえるFDAが男性型脱毛症の治療薬として認可されています。

日本ではまだ未承認というだけで脱毛・薄毛対策に有効と認められている医薬品なのです。
内服用のミノキシジルは、アメリカのファイザー社が製造・販売している正規品のほかに、世界中の複数の製薬会社がタブレットや錠剤を製造、販売しています。

ミノキシジルを個人輸入する際の注意

ミノキシジルは内服用と外服用の2種類があり、ミノキシジル日本では未承認の医薬品のため、内服用のミノキシジルは製造・販売はされていません。
入手する場合は輸入することになりますが、内服用のミノキシジルは正規品とジェネリック医薬品があり、価格が効用が異なるため、個人輸入する場合はあらかじめ確認しましょう。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る