ミノキシジルが毛細血管に及ぼす作用とは?

ミノキシジルが持つ育毛効果

e5ba3b6e7ea2
最近の育毛剤にはミノキシジルが配合されていることが多いですが、この成分は一体どのような働きをしてくれるのでしょうか。
実はミノキシジルはもともと、高血圧の患者のため、血圧を下げるために開発された薬でした。
具体的な効果は毛細血管を拡張するというもので、育毛効果は副作用として発見されました。

現在ではこの副作用に着目され、育毛剤に配合されるようになったのです。
しかしながら本来の血圧を下げる効果も育毛効果と同時に持ち合わせているため、血圧が低い人がこれを使用、服用すると、低血圧の人に見られる動悸やめまい、倦怠感といった症状が現れることがあります。

毛髪は栄養素によって生成される

当然のことですが、毛髪は栄養素によって作られることになります。
ミノキシジルによって血管が拡張されると、血液の流れが良くなり、毛髪の生成に必要となる栄養素も供給されやすい状態になることから、この成分には育毛効果が期待できるとされています。

またミノキシジルにはこの他にも、毛乳頭の働きを活性化させる効果が期待できることも分かっています。
これら2つの効果があるからこそ、ミノキシジルは今日の育毛剤の多くに配合されているのです。

髪が抜ける原因と育毛

a0002_008247

薄毛化の原因

薄毛化が進行してしまう原因は人によって異なるため、育毛の方法についても個人でお勧めでき方法が違ってきます。
よくあるケースとしては、睡眠不足が原因である場合や偏食が原因である場合などが挙げられますが、この他にも遺伝によって薄毛化が進行してしまうというケースもありますので、まずは自身の薄毛の原因がどれに当たるのかを調査してみる必要があります。
遺伝が原因であるケースについては自分でも調べることはできないと思いますので、どの原因にも属さないと判断したら医師に相談をしてみることをお勧めします。

薄毛と血液の流れ

薄毛と血液の流れは大きく関係しています。
血流が悪ければ髪の毛の生成に必要な栄養素が運ばれにくくなり、不足してしまいますので、その結果今ある髪の毛はやせ細り、この先生えてくる髪の毛に関してもハリやコシが無く、抜け落ちてしまいやすい毛が作られることにもつながります。
そのため育毛活動には血液の流れは非常に重要であり、まずはこれを改善していく必要があるのです。

適度な運動をする、脂の多い食事は避けるなどの育毛方法は全てこの血液の流れに関係している育毛法です。
ミノキシジルを用いた育毛もこのメカニズムと同様です。
ただし、ミノキシジルの場合には毛乳頭を活性化させる作用もありますので、単に偏食や睡眠不足を改善するだけでは得られない育毛効果も期待できます。

ミノキシジルの副作用

育毛において万能のようにも見えるミノキシジルですが、欠点もいくつかあります。
まずは効き目についてです。
市販されている育毛剤は塗布薬となっておりますが、頭皮に塗るだけではミノキシジルが持つ効果が充分に発揮されません。
内服薬であるミノキシジルタブレットの方が強い発毛、育毛効果を発揮することになりますが、内服薬は医師に処方してもらう必要がありますので入手がなかなか難しいです。

この他にもミノキシジルの内服薬には、服用を止めた時に一度は戻った毛髪も再び抜け落ちてしまうというデメリットもあります。
薬を継続して服用し続けなければならなくなり、その分めまいや動悸などの副作用が発生しやすくなります。
最後に副作用についてですが、低血圧の人がミノキシジルの内服薬を服用した場合、血圧が低くなり過ぎてしまい、動悸や倦怠感といった低血圧の人に起こる副作用が発生することがあります。
育毛剤の使用前にはこれらの副作用についても充分理解しなければなりません。

自分に合った育毛法を選びましょう

薬を服用したり使用したりすることは、多かれ少なかれデメリットが発生してしまうものです。
理想は薬に頼らずに自然治癒力によって治していくという方法ですが、特に遺伝によって薄毛化が進行してしまっている人はこれだけではなかなか髪は戻りません。
しかしながら薬は個人によって合う、合わないという相性の問題がありますので、自分に合った育毛法を取り入れていく必要があります。

副作用を避けるために

薬の持つ副作用を避けるためには、効力の弱い物から使用していくのがお勧めです。
まずはミノキシジルが配合された市販の育毛剤を使用してみて、育毛効果が認められなかった場合には、フィナステリドやミノキシジルタブレットなどの内服薬を服用してみるといった具合に、徐々に使用する薬を変えてみていくことをお勧めします。

育毛剤としての効果は期待できる

ミノキシジルは毛細血管を拡張して育毛効果をもたらす成分です。
しかし副作用がある点にも注意しなければなりません。

最初から内服薬を服用してしまうと、副作用が怖いので、服用の際には必ず医師と相談した上で検討をしてください。
まずは生活習慣の改善、その次に市販育毛剤の使用、最後に内服薬というように、徐々にステップアップしながら使用する薬を変えていくのがお勧めです。

AGA(男性型脱毛症)には飲むタイプの治療薬もおすすめです。
より安価で入手したい場合はジェネリック医薬品を輸入する方法がありますが、これには日本法人で日本人のスタッフが運営している代行業者がおすすめです。
法律を遵守し厚労省の指導に従って運営しているため安心してご利用いただけます。

Newバナー前ランキングなし_001
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事\

Sorry. No data so far.

ページ上部へ戻る